映画:君の名前で僕を呼んで

「君の名前で僕を呼んで」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

君の名前で僕を呼んでの紹介:17歳の少年と24歳の青年の儚くも生涯忘れられぬ恋を、イタリアの美しい景色と情感豊かなピアノの旋律とともに綴った珠玉のラブストーリー。 2017年のイタリア・フランス・ブラジル・アメリカの合作。米のアンドレ・アシマンの同名小説を、長編5作目となる伊のルカ・グァダニーノ監督が映像化。90以上の映画賞に輝き、脚色を担当した巨匠ジェームズ・アイヴォリーは米アカデミー賞脚色賞を受賞した。

あらすじ動画

君の名前で僕を呼んでの主な出演者

エリオ(ティモシー・シャラメ)、オリヴァー(アーミー・ハマー)、サミュエル(マイケル・スタールバーグ)、アネラ(アミラ・カサール)、マルシア(エステール・ガレル)、キアラ(ヴィクトワール・デュボワ)

君の名前で僕を呼んでのネタバレあらすじ

【起】– 君の名前で僕を呼んでのあらすじ1

1983年夏、北イタリアのどこかで。

17歳のエリオは、大学教授の父サミュエルと母のアネラと共に、夏休みの間は避暑地の別荘で過ごします。毎年別荘にはサミュエルの助手のインターン生が1人招かれ、夏の間を共にするのが恒例となっていました。今年やって来たのは、アメリカ人の24歳のオリヴァー。背が高く端正な顔立ちの彼を見たエリオは、“自信家っぽい”と好感を持てませんでした。オリヴァーは、扉1枚隔てたエリオの部屋の隣で暮らすことになりました。

陽気なオリヴァーはすぐに周囲に溶け込み、そのルックスの良さからもエリオの女友達のキアラに気に入られます。そのうえオリヴァーは、サミュエルが滞在者に毎回試しに出す問題を、いとも簡単に答えてしまう知的さも兼ね合わせていました。一方で家族との食事を平気で断るオリヴァーを、横柄な奴だとエリオは不満に感じます。

オリヴァーとは対照的に、エリオは編曲や読書が趣味で内気な少年です。そんなエリオをオリヴァーは、度々外へ連れ出します。せっかく太陽が降り注ぐ屋外にいても、楽譜を書いたりギターを弾くようなエリオに対し、マイペースなオリヴァーは自分のペースを崩すことなく、程よい距離感で接していました。快活なオリヴァーと過ごしているうちに、エリオは次第に彼に好意を抱き始めます。

ある夜ダンスパーティーが開かれ、フロアではオリヴァーがキアラと体を寄せ合い踊っていました。エリオは物悲しそうにオリヴァーを眺め、対抗するように自身も女友達のマルシアと踊った後、彼女と抜け出し薄着になって池で泳ぎます。2人は明日の夜もこの場所で会うことを約束しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「君の名前で僕を呼んで」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×