映画:君の膵臓をたべたい

「君の膵臓をたべたい」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

君の膵臓をたべたいの紹介:2017年7月28日公開の日本映画。“泣ける小説”として人気を博した住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病を患う少女と、彼女の言葉を胸に後に教師となる少年の物語がつづられる。原作にはない12年後の現在を描くパートも。

あらすじ動画

君の膵臓をたべたいの主な出演者

山内桜良(浜辺美波)、志賀春樹【僕】〔学生時代〕(北村匠海)、恭子(北川景子)、志賀春樹【僕】〔現在〕(小栗旬)、恭子〔学生時代〕(大友花恋)、ガム君(矢本悠馬)、委員長(桜田通)、栗山(森下大地)、宮田一晴(上地雄輔)

君の膵臓をたべたいのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①男子高校生の春樹はある日病院で「共病文庫」という名の闘病日記を拾う。持ち主は同じクラスメイトの人気者の女子・桜良で、日記には桜良の膵臓が悪いことが書かれていた。秘密を知った春樹は桜良に付き合って「死ぬまでにやりたいこと」の実現を目指すことに。 ②正反対の2人は次第に心を通わせるが、桜良は通り魔事件に巻き込まれ死亡。桜良の勧めで教師になったものの人と上手に接することができない春樹は、退職届を出そうと迷う日々。12年後に桜良の手紙を見つけた春樹は、教師を続けると決意。 ③「君の膵臓をたべたい」=「食べる、または食べられることで、魂が相手の中で生き続けること」、具合が悪い部位の動物の部分を食べることで病気がよくなるという昔の人の言い伝えから。

【起】– 君の膵臓をたべたいのあらすじ1

君の膵臓をたべたいのシーン1

画像引用元:YouTube / 君の膵臓をたべたいトレーラー映像

2017年。春、桜の季節。

桐岡高校で国語を教える若い男性教師・志賀春樹は、必要以上に人と関わらず、寡黙な人物でした。

(注:原作では一人称で「僕」とされるのが、今作品では春樹にあたる)

春樹は教師になったものの、人と接する仕事には向いていないと思っていました。机の引き出しに「退職願」を書いて、隠し持っています。

ある日、春樹は教頭先生から、図書の整理を頼まれました。由緒ある図書館なのですが老朽化が進み、取り壊しが5月3日から始まるのです。

司書の資格を持つ春樹に、本の整理が頼まれたのでした。

春樹はこの桐岡高校のOBでした。図書館に入るのは久しぶりです。

図書室に入った途端、高校の頃の同級生・山内桜良(さくら)がいたような気がした春樹は、奥に図書委員の男子生徒・栗山を見つけました。栗山も春樹と似て、内気で寡黙な生徒です。

栗山は、現在図書室で使われている図書分類表を作ったのが春樹だと知ると、当時の話を聞きたがりました。

春樹は栗山に促されるまま、話し始めます…。

…2005年。

それは、春樹がまだ17歳の頃の話でした。今から12年前です。

「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」と言い出した女子生徒・桜良に、図書整理をしながら春樹が「カニバリズムに目覚めたの?」と聞き返しました。

桜良は昨日、テレビで「昔の人は、どこか悪いところがあると、他の動物の、その部分を食べたんだって。そしたら病気が治るんだって」と答えます。

そう言いながら桜良は、春樹に自分の蔵書『星の王子さま』を貸しました。

春樹が桜良のことを「君」と呼ぶのを気に入ったと言い、桜良も春樹のことを「君」と呼び始めます。

桜良が春樹にまとわりつくようになったのは、病院でのできごとがきっかけでした。

盲腸で手術した病院を訪れた春樹は、カバーのついた本を拾います。

なにげなくタイトルを見ると、そこには手書きで『共病(きょうびょう)文庫』と書かれていました。中身は横書きで、手書きの日記です。

日記の始まりは2003年11月29日からでした。

その日記の持ち主は膵臓が悪く、あと数年で死ぬと書かれていました。

「それ、私の」と言って本を取り上げたのは、春樹と同じクラスで、女子の中で最も人気者の桜良でした。春樹は驚きます。

その翌日から、桜良は春樹につきまとい始めました。

春樹は人づきあいの苦手な、内気な青年でした。学校の休み時間にも本を読んで過ごし、友人と呼べる間柄のクラスメイトがいません。

春樹はクラスで最も目立たない地味な存在だったので、桜良が春樹に構い始めたことは、クラスで注目されます。

その頃、春樹は図書委員で、本の分類を整理する係を任命されました。桜良は春樹について図書委員に立候補し、助手だと言って図書室にも入り浸ります。

「君に、私の残り少ない人生の手助けをさせてあげます」と言った桜良は、春樹に次の日曜の11時に駅前に集合するよう、一方的に言って去りました。

勢いにおされて、春樹は休みの日に待ち合わせ場所に行きます。

こうして、桜良にひきずられる形で、春樹は少しずつ桜良と親しくなりました。

春樹を呼び出した桜良は、デートに似たような行動を取ります。

中学時代からの親友の恭子と一緒に行きたかった、スイーツの店に桜良は春樹を連れて行きました。

桜良が春樹を連れ回すのには、理由がありました。桜良は医者と家族以外に病気のことを知らせておらず、だから桜良の病気の秘密を知る者は、春樹だけだったのです。

「私の病気を知ったのに、君は変わらなかった」と、桜良は春樹の態度が変化しなかったことを評価しました。

「いちばんつらいのは君なのに、他の誰かが代わりに泣いたりするのは、お門違いだと思うから」と春樹は答えます。

親友の恭子に知られるのを、桜良は最も恐れていました。できれば態度を変えてほしくないのですが、病気のことを知ると、恭子の態度が変わってしまうだろうと桜良は考えたのです。

知らないまま、変わらないまま接してほしいので、恭子には黙っていると桜良は言いました。

翌日、桜良と春樹のデートのことはクラス中が知っていました。登校した春樹は、周囲の視線で気付きます。

誰もが「不自然だ」と思うのに、桜良は「仲良し君」と春樹のことを呼びました。春樹はそれを聞いて、桜良と自分は仲良しなのかと思います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「君の膵臓をたべたい」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×