「夏の嵐」のネタバレあらすじと結末の感想

夏の嵐の紹介:1954年製作のイタリアのメロドラマで、カミロ・ボイトの小説「官能」をイタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化した作品。イタリア統一戦争下のヴェネツィアを舞台に、敵国同士にありながら不倫の恋に落ちてしまう男女の悲恋を描いていく。

夏の嵐の主な出演者

リヴィア・セルピエーリ伯爵夫人(アリダ・ヴァリ)、フランツ・マーラー中尉(ファーリー・グレンジャー)、ロベルト・ウッソーニ侯爵(マッシモ・ジロッティ)、セルピエーリ伯爵(ハインツ・モーク)、クララ(マルチェッラ・マリアーニ)、ラウラ(リーナ・モレッリ)

夏の嵐のネタバレあらすじ

【起】- 夏の嵐のあらすじ1

物語の舞台となるのはヴェネツィア、1866年春、オーストリア占領の最後の数か月。イタリア政府はプロシャと同盟を結び、解放の戦いは切迫していました。そんなある夜のこと、オーストリア将校たちは劇場でオペラ「イル・トロヴァトーレ」を鑑賞していました。吟遊詩人のマンリーコが恋人とともに清らかな愛を讃える歌を歌っていると、そこにマンリーコの母が処刑される寸前であることが二人に伝えられました。これを聞いたマンリーコは剣を取り、仲間を集め「ともに戦おう、さもなくば死のう、武器を取れ!武器を取れ!」と歌い上げ、舞台の幕は閉じていきました。オーストリア将校たちは次の幕開けを楽しみにしていましたが、そのとき劇場の上部からイタリアを象徴する緑、白、赤の紙吹雪が落ち始め、上の立見席に座るイタリア人たちがオーストリア軍に抗議の意を示すために「イタリア万歳」と叫び始めました。

この混乱の中、劇場のボックス席にはイタリア人のセルピエーリ伯爵夫人リヴィアがいました。リヴィアはすでに中年の年齢となっていましたが、気品ある美しさを持った貴婦人でした。そんなリヴィアがこの混乱の中で心配していたのは、イタリア解放を目指す地下組織を率いるいとこのロベルトの安否でした。ロベルトはオーストリアの若き将校マーラーと明日決闘することとなっていたのです。リヴィアはちょうど劇場にいたマーラーに決闘をやめてほしいと直接掛け合いますが、当のマーラーは決闘するつもりなどなく、その前にロベルトを逮捕するつもりでいました。そのことを知ったリヴィアは急いでロベルトの元に行きますが、すでにロベルトは逮捕されていました。リヴィアは年の離れた老境の夫セルピエーリ伯爵にロベルトを助けるよう願いますが、親オーストリア派の夫はリヴィアの言うことに耳を傾けようとはしません。結局ロベルトは一年間の流刑に服することとなりましたが、彼自身は落ち込んだ様子はなく、近い将来英雄ガリバルディとともにイタリア統一のために戦う日を夢見ていました。

ロベルトを救えなかったことを無念に思う日々が続いていたある日の夜、リヴィアはマーラーと再会します。ロベルト逮捕の原因を作った張本人であるにもかかわらず、悪びれない様子を見せるマーラーにリヴィアは嫌悪感を示します。一方のマーラーはリヴィアに気がある様子で、家路に急ぐリヴィアを追い回し始めました。すると、その途上で二人はヴェネツィアの人々に殺されたと思しきオーストリア軍の兵士の死体を発見します。あらぬ疑いがかからぬよう見回りのオーストリア軍からリヴィアの姿を隠すマーラー。リヴィアはマーラーの思いがけない行為に感謝を示し、そこから二人はたわいもない会話を重ねていきました。マーラーの軍人とは思えないほど素朴な考え方に徐々に惹かれ、夜が明ける頃まで立ち話をするリヴィア。その後、決してマーラーと再会すまいと心に誓ったものの、若く情熱的なマーラーのことが忘れられず、リヴィアはついにマーラーのいる兵舎を訪れてしまうのでした。

【承】- 夏の嵐のあらすじ2

ロベルトを救うための口実と自分に言い聞かせながらも、マーラーと再会したリヴィアは感激の表情を浮かべます。そして、マーラーもまた「天国も地獄も忘れよう」と語り、リヴィアに熱い口づけをするのでした。それ以来、リヴィアはマーラーをフランツと名前で呼び、二人はアパルトマンで逢引きをする関係になりました。

そんなある日、いつものように情事を終えた後、リヴィアは自分の髪の毛を入れたペンダントをフランツに贈りました。リヴィアは愛情を込めて贈ったつもりでいましたが、フランツは豪華な装飾のついたペンダントに目を奪われている様子でした。

しかし、リヴィアの不倫の恋はある日突然終わりを告げます。フランツが逢引き場所のアパルトマンに現れなくなったのです。リヴィアはフランツの住む兵舎を訪ねますが、そこにもフランツの姿はありませんでした。同室の将校は別の女のところにいると推測しますが、リヴィアはその言葉を信じようとはしません。しかし、フランツの机の上にはかつてペンダントの中に入れたリヴィアの髪の毛が放置されていました。

リヴィアはフランツとの別れを突然受け入れねばならなくなり、さらに家に戻ると夫が大急ぎでヴェネツィアを離れるための準備を進めていました。プロシャの侵攻が予想されており、それを避けるためにアルデノに移動するというのです。残された時間でなんとかフランツの消息を探るものの、フランツの所属する部隊はすでにヴェネツィアを離れており、リヴィアは失意の中帰宅することに。すると、リヴィアは召使いのラウラから見知らぬ男性が屋敷に訪ねてきたことを知ります。急いでその男性が待つ館へとリヴィアは急ぎますが、その様子を不審に思った夫がリヴィアの後をつけ事情を尋ねてきました。リヴィアは正直に恋人がいることを告白しますが、いざ館の扉を開けるとそこにはいとこのロベルトがいました。ロベルトは義勇軍を結成しイタリア解放の戦いに身を投じており、リヴィアにそのための義捐金を預かってほしいと頼んできました。リヴィアはその義捐金を預かりアルデノに向かい、やがてフランツとの再会を諦めるようになってしまうのでした。

【転】- 夏の嵐のあらすじ3

そんなある日の夜、アルデノの屋敷で寝ていると、リヴィアは外が番犬の吠える声で騒がしくなっていることに気づきました。侵入者がいると夫や召使いたちが騒ぎ立てる中、リヴィアの寝室にフランツが現れました。フランツはリヴィアにかつてのように甘い愛の言葉を囁いてきましたが、リヴィアはその言葉を拒み「ヴェネツィアとは違うの」と繰り返すばかり。しかし、愛するフランツとの再会の感動に負け、結局リヴィアはフランツに「お願い、いて」と求め、口づけを交わしてしまうのでした。

その後、リヴィアは一晩中自分の膝の上で眠るフランツを見つめていました。フランツが目覚めると、リヴィアは離れたくないという思いからフランツを穀物倉に匿うことを思いつきます。穀物倉に入れられたフランツは戦争に行かねばならない理由を語りますが、リヴィアはフランツの語る戦争の恐ろしさに顔を歪めるだけでした。

それからすぐに屋敷の近くで火災が発生し、夫や召使いたちは火災の様子を確認するために穀物倉へと向かって行きました。フランツの身を案じるリヴィアでしたが、すでに召使いのラウラがフランツを穀物倉から屋敷へと移していた後でした。危機を乗り越えたものの、リヴィアはフランツと一緒にいたいと思う気持ちをより強くし、フランツに偽の診断書を医者に書かせ除隊するよう懇願しました。このリヴィアの提案にフランツは一人の兵士として拒否感を示しつつも、それには2000フロリンという大金が必要であることをリヴィアに告げます。リヴィアは迷った末、ロベルトから預かった義捐金3000フロリンをフランツに渡してしまいます。金を受け取ったフランツはリヴィアに愛の言葉を囁きましたが、その視線は大金にしか向けられていませんでした。

その大金を持って屋敷を出ようとするフランツにリヴィアは再度フランツへの愛を語りますが、フランツはそんなリヴィアに「僕を愛すべきでない、誰だって」とだけ告げ、姿を消してしまうのでした。リヴィアはフランツと固い愛で結ばれたことに喜びを感じていましたが、一方でイタリア人の仲間を裏切ったことに深い後ろめたさを感じてしまうのでした。

フランツがリヴィアの前から姿を消してからまもなく、イタリア軍の解放運動が本格化し、オーストリア軍は徐々に追い詰められるようになっていました。そんなある日、リヴィアの元にフランツからの一通の手紙が届きました。「愛するリヴィア、僕は君に救われた」という文章から始まるその手紙には、フランツは除隊しヴェロナにいること、そして、ヴェロナは危険であるから来てはいけないということが書かれていました。

【結】- 夏の嵐のあらすじ4

しかし、イタリア軍によるヴェロナ解放は日に日に近づきつつあり、フランツの身を心配するあまり、リヴィアはすべてを捨ててヴェロナへと向かってしまいます。ヴェロナへの長旅の中、馬車の中でフランツの手紙を何度も読み返すリヴィア。そして、ついにリヴィアはヴェロナに到着し、フランツの住む部屋へと向かいました。部屋の扉を開けると、豪華な品々が所狭しと置かれた部屋にガウン姿のフランツがいました。フランツとの再会に感激し抱擁を求めるリヴィアでしたが、フランツは冷たい態度を取るばかり。フランツは酒に溺れ、自らを酔っ払った脱走兵と卑下していました。フランツの変わり様にリヴィアが愕然としていると、部屋の奥から若く美しくクララという名の娼婦が現れました。すると、フランツはリヴィアが着けていたヴェールを乱暴に取り上げ、二人のヴェネツィアでの愛の日々を笑い話にし、リヴィアを金持ちのパトロン呼ばわりしてきました。さらにクララと比較してリヴィアの外見まで笑い、かと思えば、フランツは涙ながらに祖国の大敗を嘆き始めました。ひとしきり語り終えると、フランツはリヴィアにロマンスの終焉を告げました。そして、フランツはいとこのロベルトよりも敵の将校との恋を優先したリヴィアを笑い者にし、リヴィアはこの辱めに絶叫し部屋を出て行くのでした。

部屋を出たリヴィアは夜のヴェロナの街をよろめきながら歩き、やがてオーストリア軍の司令部にたどり着きました。そこで司令官と面会したリヴィアはフランツからの手紙を渡し、フランツが診断書を偽造して除隊したことを密告しました。老境の司令官はリヴィアに密告は恥ずべきことと語り、フランツへの復讐を思い留まるよう諭しますが、リヴィアの決意は固く、司令官としての義務を果たしてほしいと伝えるのでした。

リヴィアが司令官の部屋から出ると、ただちに大勢の兵士たちがフランツを捕らえるために司令部を出て行きました。その後、リヴィアはあてもなくヴェロナの夜道を歩いていましたが、しばらくして自らの行いの恐ろしさに気づきフランツの名を叫び始め、走り始めました。しかし、すでに時は遅く、フランツは捕らえられ、ただちに銃殺刑に処されることになってしまいます。一斉に何発もの銃弾を受け、その場に倒れこむフランツ。その死体はすぐに回収され、兵士たちも速やかに撤収していくのでした。

みんなの感想

ライターの感想

悲恋というテーマを観る者の感情に強く訴えてくる名作です。ヒロインのプライドまで捨てて男を愛する様は情熱的であると同時にとても痛々しく、まさにタイトルの通り暑い夏に吹きすさぶ暴風雨のようです。一方で、ヒロインを裏切る男の真意は最後まではっきりとはわからないような描き方をしており、それだけにラストシーンがより悲劇的な結末に仕上がっていると思います。

映画の感想を投稿する

映画「夏の嵐」の商品はこちら