「夜空はいつでも最高密度の青色だ」のネタバレあらすじと結末の感想

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの紹介:孤独と虚しさを胸に抱えるヒロインと、社会に適応ができず漠然とした不安に苛まれる青年。現実にもがき不器用な生き方ながらも、雑多な都会で歩み寄っていく若者の姿を描いた珠玉の恋愛映画。
2017年の公開作で、監督・脚本は『舟を編む』の石井裕也。原作は大ヒットした最果タヒの同名詩集。第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画で1位に輝くなど、様々な映画賞を獲得している。

予告動画

夜空はいつでも最高密度の青色だの主な出演者

美香 (石橋静河)、慎二(池松壮亮)、智之(松田龍平)、美香の母(市川実日子)、アンドレス(ポール・マグサリン)、牧田(三浦貴大)、玲(佐藤玲)、岩下(田中哲司)

夜空はいつでも最高密度の青色だのネタバレあらすじ

【起】- 夜空はいつでも最高密度の青色だのあらすじ1

東京で看護師として働き、日々人の死に触れている美香。仕事を終えて女子寮に戻って化粧して出かけるのは、渋谷のガールズバー。夜はここで働いているのです。恋愛を信じられず孤独を感じている美香は、客には愛想笑いをし、同僚の輪の中にも入らず浮いた存在でした。

建設現場で日雇いの肉体労働をする慎二は、同じく日雇い労働者で冷めた性格の智之、体力も金もない中年の岩下、フィリピンから出稼ぎで来た正社員のアンドレスと、現場で何となくつるんでいます。慎二は社会や人にうまく馴染めず、つい喋りすぎる癖があり「お前はヘンテコだ」といつも智之に制されていました。得体の知れない不安が拭い切れない慎二は、嫌な予感を常に感じています。

ある夜、美香は看護師の同僚と合コンに行き、席を外した際に男性陣が、美香と“やれるか、やれないか”だけが目的だと話しているのを聞いてしまいます。虚しくなった美香が目を逸らした先には、騒がしい居酒屋で1人、左目を抑えて本を読む慎二がいました。

岩下の希望で、慎二と智之の3人はガールズバーに出かけます。その店で接客を担当したのが美香で、彼女は慎二の存在に気付き、彼の目について気になりました。こういう場に不慣れな慎二はつい喋り過ぎてしまい、美香の連絡先を知りたい智之に止められて時間は流れました。
その帰り、電車が止まったため渋谷を歩いていた慎二を仕事明けの美香が見つけました。「なんでこんなに何回も会うんだろうね。どうでもいい奇跡だね」と美香が言いますが、慎二はうまく会話ができません。慎二が「俺は変だから」と自虐的に呟くと、「私と一緒だ」と美香。空に浮かぶ青い月を見た慎二が嫌な予感を感じ取ると、美香は「わかる」と共感し、別れも告げず自転車で去りました。

【承】- 夜空はいつでも最高密度の青色だのあらすじ2

美香に惚れた智之はその後も彼女と会い、連絡を取っていました。智之は嬉しそうにそれを慎二らに報告しますが、その日、仕事現場で脳梗塞を起こし亡くなってしまいます。首にあった傷が血管を圧迫していたのが原因でした。
身寄りのない智之の葬儀は、慎二が仕切りました。参列した美香は、予期せぬ形で慎二と再会しました。美香は動揺を隠そうとひたすらに言葉を発しますが、落胆の慎二は言葉など出てきません。並んで帰る2人に、ストリートミュージシャンの曲が虚しく響きます。「俺に出来ることがあれば言ってくれ」とようやく口を開いた慎二に、「死ねばいいのに」と、美香はつい跳ね返してしまうのでした。

過酷な労働下で、今度は慎二が腕を負傷します。怪我を隠そうとする慎二に、死に敏感になっているアンドレスは病院へ向かわせました。治療を受けた慎二は、その病院で働く美香と遭遇し、彼女が看護師という事実を知ります。慎二は自分のことも知ってもらうかのように、左目がほぼ見えないことを美香に告白しました。そんな慎二に美香は冷たい反応…。それでも慎二が、また会えないか?と問うと、ぶっきらぼうながら「メールなら教えてもよい」と美香が答えました。

実家に帰省した美香は、よく恋人が変わる妹を「恋してる女は醜い」と一蹴します。美香は家族にも素直になれません。幼いころに亡くした母は病死と聞かされてきましたが、本当は母は自殺し、子供は捨てられたなら、そう言われた方が楽になるのだと、美香は父を問い詰めます。はっきりとしない父は仕事にも就かずパチンコばかりで、美香は実家に仕送りを続けていました。
同じ頃慎二は、毎月の請求書を眺めては、金額や世界の様々な現状を呟いていました。そして慎二の脳裏に過ったのは“会いたい”という思い。慎二はそれを美香に届けました。

【転】- 夜空はいつでも最高密度の青色だのあらすじ3

メールをもらった美香は、新宿で慎二と会いました。慎二は何も喋らず、場を持たせようと美香が必死で話しかけます。そんな美香はさらに辛口になり、2人に気まずい時間が流れました。死ぬという言葉を連呼する美香に、軽々しく使うなと慎二が叱責します。美香は母の死が心に引っかかっていると打ち明け、その後も一方的に話し続けました。しかしそれは、美香が智之の死にうろたえているという証拠だと慎二は知ります。美香は涙を隠して、1人帰ってしまいました。

帰宅した美香に、元恋人・牧田から“まだ愛してる”とのメールが届き、嫌悪感を持ちながらも久々に彼に会います。牧田は美香を捨てた男でした。美香はずっと喋り続けますが、牧田は美香がリラックスしている時によく話すのだと、全く彼女の気持ちを理解していませんでした。
一方の慎二には、高校の同級生・玲から“愛してた”と連絡が来て驚きます。彼女とは会話もしたことがなかったのです。玲に会って話を聞いた慎二ですが、彼女は高校時代に優秀だった慎二が、現在は年収200万円程度の肉体労働をしていることを残念がるだけでした。
相手に違和感を感じた美香と慎二は、牧田や玲と会っている間も互いに連絡を取り合い、翌日会う約束をしました。

翌朝慎二の出勤時に、腐敗臭がすると近所の住人が騒いでいました。慎二は慌てて隣の部屋のドアを壊して侵入すると、住人の老人が熱中症により亡くなっていました。老人の部屋のゴミを捨てたり本を借りたりと、日ごろから故人と交流していた慎二は、再び身近な人の死に触れ落ち込みます。

【結】- 夜空はいつでも最高密度の青色だのあらすじ4

慎二はやり場のない気持ちを岩下に嘆きました。岩下は慎二を慰めようと、最近恋をしている若いコンビニ店員とデートするのだと教えてくれます。腰が悪いのに「早く会いたい」と走ってデートに行った岩下を見た慎二も、美香の部屋まで全速力で向かいました。

部屋の外まで来た慎二に、女子寮だから男は入れないと美香は嘘をつきます。翌朝美香がカーテンを開けると、外にはまだ慎二の姿があり、驚いて部屋にあげました。ガールズバーで働く理由を勇気を出して聞き出す慎二に、美香は「お金が必要」と冷たく断言しますが、慎二と出会ってから美香はとっくに店を辞めていました。仕事に向かう途中2人は飛行船を見かけ、とてつもなくいいことが起きるかもしれないと慎二は予感するのでした。
慎二の心に希望が見え始めますが、コンビニ店員にフラれた岩下は仕事を辞め、騙されて日本へ連れて来られたアンドレスは、国へ帰ることを決意しました。

美香は慎二を連れて帰省します。自分は母に捨てられたのだと告白する美香に慎二は、「嫌なことは俺が全部半部にしてやる」と宣言しました。駄目な人間だよと返す美香に「俺と一緒だ」と慎二は答えるのでした。
2人は高速バスで新宿に戻りました。なかなか素直になれない美香は未だにへりくつをこね続けます。そんな美香に慎二は、人間が凡庸になってもそれを承知で美香のことが好きだと、図らずも告白しました。すると、売れないと思っていたあのストリートミュージシャンのデビューを知らせる宣伝カーが2人の前を通り過ぎます。未来は分からないものだと、2人は実感するのでした。
慎二の部屋で頭を撫でられた美香は、「ありがとう」と柄にもなく涙を流しました。2人は夜明けまで壁にもたれたまま過ごし、小さな観葉植物に花が咲いたことを喜び合いました。

みんなの感想

ライターの感想

詩の行間にあたるものが、シーンとシーンのつなぎ目などで表現されていたように感じました。都会の雑然さの反面、その表現はとても幻想的でした。
ものすごく不幸ではなく、人生に絶望しているわけでもない。でも心にモヤモヤがあって、何処にもぶつけられずにいる。その思いが痛いほど伝わってきました。もう少し物語をぎゅっと纏めてもいい気もしましたが、様々なシーンがあったからこそ、主人公たちの焦燥感が伝わるのかもしれません。
主役の2人が中年だったならば、悲しさで溢れてしまいそうですが、若者の物語だったことで、きっと2人は自分たちの力で人生を切り拓いていくと期待ができ、清々しさが残りました。2人の最高密度の青色の夜空に、これからは星が瞬くことでしょう。

映画の感想を投稿する

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の商品はこちら