映画:天使の恋

「天使の恋」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【転】– 天使の恋のあらすじ3

天使の恋のシーン3

画像引用元:YouTube / 天使の恋トレーラー映像

理央の飾らない愛情表現に少しずつ惹かれていく光輝でしたが、日本史の講義中に人物の名前が出てこなくなってしまいます。

余命へのカウントダウンは確実にせまっていました。

病気の進行を悟った光輝でしたが理央には何も伝えず、ただ抱きしめるのでした。

光輝はそれ以来、理央を避けるようになり、理央の一途な想いに人知れず涙を流します。

学校では不登校になっていた奈緒子が久しぶりに学校にやって来て、理央たちの前に現れます。

奈緒子の手には刃物が握られており、理央に逆恨みをした奈緒子は彼女に向かって刃物を振りかざします。

近くにいた友子をかばう形でケガをしてしまった理央の様子を見て、屋上へ逃げ出す奈緒子。

理央は奈緒子を追って屋上へと駆け付け、奈緒子はそこで母親の恋人を殺してきたこと、その男がどうしようもない男で、自らもレイプを受けていたことを話すのでした。

屋上から身を投げようとする奈緒子を必死に説得する理央でしたが、奈緒子は理央に感謝の言葉を告げ、屋上から落ちていくのでした。

理央は友子に、かつてのいじめは自分が奈緒子に頼んで故意にいじめるように仕向けていたことを話し、謝罪します。

それを聞いた友子はショックを隠し切れず、今まで友だちだと思って築いてきた関係を壊されたことで涙を流し、その場を去っていきます。

理央は光輝のもとを訪れますが、光輝が住んでいたはずの家には誰もいませんでした。

翌日、登校した理央は友子に声をかけますが、友子には避けられてしまいます。

しかし理央は貧血でその場に倒れてしまい、気づいた友子が病院まで付き添っていきます。

友子は奈緒子が刃物を持ってやってきたときに自分をかばってくれた理央のことを思い、今度は自分が理央を助けたいと話すのでした。

友子たちは理央のために、姿をくらました光輝の行方を捜索します。

そして光輝の従妹である潮田香里を説得させ、理央から光輝への想いを聞いた香里は、光輝の居場所を理央に教えます。

海辺の街へ光輝に会いに行った理央は、過去にレイプされたことや堕胎したことで自分の生き方が変わってしまったことを話します。

光輝は引っ越した理由をあくまで研究のためと語り、そのまま2人は別れるのでした。

理央は駅に向かうバスの中から、見送っている光輝の姿を見ますが、光輝はその場に倒れているのでした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「天使の恋」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×