映画:家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」のネタバレあらすじと結末

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の紹介:2018年6月8日公開の日本映画。「Yahoo!知恵袋」に投稿されるや話題になった、妻の奇妙な行動の理由を探る男性の質問を基にしたラブストーリー。榮倉奈々が妻を演じ、ワニに食べられたり、戦国時代の落ち武者になったり、15パターンの“死んだふり”を熱演。安田顕演じる夫の困惑ぶりもおかしい。

あらすじ動画

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますの主な出演者

加賀美ちえ(榮倉奈々)、加賀美じゅん(安田顕)、佐野壮馬(大谷亮平)、佐野由美子(野々すみ花)、蒲原(浅野和之)、横山(品川徹)、進一(螢雪次朗)、茂木夫妻(半海一晃、峯村リエ)、医師(久ヶ沢徹)、マンション管理人(星野園美)、TV画面の出演者(松澤匠、ぼくもとさきこ、荒木誠)、ちえの母(太田美恵)、すし屋の客(朝日昇)、アイスモナカ屋(新島勝夫)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①結婚3年目の夫婦、サラリーマンの加賀美じゅんが帰宅すると、妻のちえが死んだふりをしていた。その日から連日、ちえは死んだふりを続ける。理由を聞いても答えないちえ。じゅんは次第に不安になっていく。 ②ちえが死んだふりをしていたのは、仕事で疲れたじゅんを元気づけ、癒すつもりであった。ちえの父から似たエピソードを聞かされ、じゅんはやっと気付く。

【起】- 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのあらすじ1

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのシーン1 飲食店は、1年目でおよそ25%がつぶれ、3年目で50%が駄目になります。
これは結婚にも似ていると、サラリーマンの中年男性・加賀美じゅんは思います。
結婚3年目が、ひとつの壁でした。

じゅんがそう思うのには、前の結婚がまさしくそうだったからです。
前妻は、結婚3年目でいきなり家を出て、そのままじゅんと離婚しました。
つまり、じゅんはバツイチです。

現在のじゅんは妻・ちえと再婚していますが、再婚時にじゅんが決めたことがありました。
「3年が経過したら、これからも結婚生活を続けるか、互いの意思を確認する」
いってみれば、契約を更新するかどうか、確認するというものです。


その、結婚3年目が近づいてきているある日…。

じゅんが帰宅すると、妻・ちえがリビングで大の字で倒れていました。
口から血を流しており、胸にも血がついています。
じゅんは救急車を呼ぼうとしますが、動転のあまりに117(時報を聞く番号)に電話をかけました。
じゅんの動揺を見て、笑いながらちえが起き上がり、「驚きました?」と言います。
ちえは、死んだふりをしていただけでした。

夕食はオムライスで、血だと見えたものはケチャップでした。
ちえは「心配しましたか?」とじゅんに聞き、じゅんの慌てぶりを再現して屈託なく笑います。


翌日。
じゅんは同僚の男性・佐野に、昨晩あった出来事を話しますが、「結婚3年目でそれだけ仲がいいなんて、うらやましいです」と言われました。
バツイチのじゅんは佐野に、結婚3年目で契約更新の意思を相手に問うという決めごとを打ち明け、それと関係があるのだろうかと言います。

その夜、じゅんが帰宅すると、ちえは巨大なワニに頭を噛まれて、死んだふりをしていました。
ワニは正札5万円だったものが、特価で3800円でした。値札がついています。

それ以降も、ちえの「死んだふり」は続きます。
ある時には任侠ワールドで、抗争に巻き込まれての刃傷沙汰で死亡、ある時は戦場で名誉の戦死を遂げた兵士、ある時は、矢に頭を貫かれて死んでいました。
毎日それが続くので、その都度ゴミが発生します。
ゴミ出しをしたじゅんは、血のりを他の主婦に見られて、慌てて言い訳しました。


妻・ちえが毎日死んだふりをしているので、じゅんは心配になり、佐野に相談します。
佐野は「何か言いたいことがあるのかも」と答えました。
佐野は、ちえの実家を聞き、じゅんは「静岡県三島」と答えます。
そこから派生して、ちえとの慣れ染めの話を佐野が聞きたがりました。

…じゅんとちえが出会ったのは、じゅんの出張がきっかけです。
じゅんが静岡県の三島へ出張した際に、バスに乗り遅れました。
次のバスまで時間があることで、声をかけたちえの寿司屋に、じゅんは入ります。
ちえの父・進一が経営する寿司屋で、ちえは幼少期に母親を亡くし、以後父と2人暮らしでした。
じゅんが東京から出張に来たと聞くと、ちえは雑誌を持ち出して、モンサンクレールのケーキ屋を知っているかと聞きます。
後日、ケーキ屋にじゅんがちえを案内したことで、交際が始まりました…。

【承】- 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのあらすじ2

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのシーン2 その後も相変わらず、じゅんが帰宅すると、ちえは死んだふりをしています。
矢を受けて死んだ落ち武者姿のちえを見たじゅんは、「自分も合わせてみればいいのではないか」と考えました。
ためしに「お館様~」と声をあげてみますが、この調子で毎日付き合っていると、身が持たないなと思います。

宇宙人に実験されている、キャトルミューティレーション風、棺桶の中で胸に十字架の杭を打たれ、死んでいるドラキュラ風、「ラブ フォーエヴァー ロミオ フロム ジュリエット」と書かれた墓の前で死んでいる、ウェディングドレス風…ちえの死ぬふりも、どんどん凝ってきました。

毎日趣向を凝らした死に方をしている妻を見るにつれ、じゅんは心配になります。
同時に、家に帰るのが怖くなりました。
同僚の佐野が助け舟を出してくれます。妻・ちえを食事に誘い、佐野夫妻と夕食をとることになりました。

佐野の妻・由美子は、ちえと意気投合します。
2年間の中距離恋愛の末、ちえとじゅんは結婚していました。
由美子に聞かれて答えるちえの姿を見ながら、じゅんは当時のことを思い返します。

…モンサンクレールの店を案内したじゅんは、ちえに「会いたかったから」と言われ、ときめきます。
しかし直後、少し目を離した隙に、ちえはじゅんの目の前からいなくなりました。
じゅんが必死で探すと、ちえは公園で子どもと遊んでいました。
ちえはじゅんに「私は、探せば必ず見つかりますから」と答えます…。


ちえはまだ、死ぬふりを続けます。
じゅんは、ちえにストレスがたまっているのではないかと考えました。
エジプト音楽が流れ、棺に収まったスフィンクス姿のちえに、パート募集のチラシを渡します。
ちえは「じゅんがリストラに遭った」と早合点しますが、じゅんがすぐに否定しました。気分転換にパートへ出ればどうかと言います。
ちえは「人生は3つの坂でできている。上り坂、下り坂、まさか」と言い、パートの仕事をすると答えました。

ちえは、老人店主・横山のいるクリーニング屋で、受付のパートを始めました。
それでも毎日死んだふりも続けています。
強盗に襲われて、縄紐で首を絞められたちえの姿を見たじゅんは、「死んだふりは、もう飽きたよ」と正直に言いました。


その頃、ちえは佐野の妻・由美子とバッティングセンターへ行きます。
由美子はちえに、悩みを話しました。
佐野と由美子は結婚して5年が経過しますが、子どもができないのです。
不妊治療に通うつらさを、由美子はちえに訴えます。

【転】- 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのあらすじ3

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのシーン3 じゅんは前日、言い過ぎたかと思い、花束とケーキを買って帰りました。
その日、ちえは幽霊の姿で墓の横に立っています。
「死んだふりじゃない」と、じゅんは気付きました。


じゅんの休みの日まで、ちえはウルトラマンの格好を始めます。
じゅんは大いに悩みますが、佐野は「結婚とはそういうもの(相手の考えていることなど、分からない)」と言いました。

ねこの着ぐるみをきたちえに、じゅんは思い切って質問します。
「なんでこんなことするの? 言いたいことがあるなら言ってよ」とじゅんは聞きますが、ちえはきちんと答えず、「月が綺麗ですね」とごまかします。
ちえはその後、じゅんにお願いをしました。それは、佐野夫妻を家に招待するというものです。


ちえとじゅんの誘いを受けて、佐野夫妻が遊びに来ました。
由美子はワニのぬいぐるみを見て興奮し、ワニトリビアを話し始めます。
佐野が突然、ちえに対して打ち明けます。
ちえが不可解な行動を取るので、じゅんが悩んでいることや、「家ではゆっくりしたい、そういう男の気持ち、分かってよ」と訴えます。

しかし…反応したのは佐野の妻・由美子でした。
不妊治療でぎくしゃくしているため、由美子はそれを佐野が自分への当てこすりかと思います。
場は水を打ったように静まり返り、佐野夫妻は謝罪しました。
ちえは、腕相撲で自分に勝ったら、ワニのぬいぐるみを渡すと由美子に言い、空手をやっていた由美子は勝利をもぎとり、ワニを手に入れます。


電飾に身を包み、「2050年から来た、62歳のちえ」という設定で迎えるちえに、じゅんは未来がどうなっているか質問しました。
ちえは細かな設定を詰めていなかったらしく、珍しく言葉に詰まります。
じゅんが問うた「ぼくのこと、どう思ってる?」という問いに、ちえは「月が、綺麗ですね」としか答えません。


佐野夫妻が離婚することになりました。じゅんには佐野が、ちえには由美子が報告します。
由美子は離婚の理由を「疲れた」と答えました。
佐野の方は、不妊治療の件で、ひっかかったことを話します。
産婦人科で検査をしたところ、由美子の側には問題がなく、佐野の精子が問題(元気がない)だと判明したのです。その瞬間、妻の由美子がほっとした顔をしたのを見て、佐野は落胆したと言いました。

佐野はじゅんに、なぜ前妻と離婚したのか質問します。
じゅんは「浮気したわけでも、喧嘩したわけでもない。帰宅したらいなかった。2週間後、戻ってきて『別れたい』と言われた。自分ももう無理だった」と答えました。
おそらくは、小さな不満が積み重なってのできごとなのだろうと指摘したじゅんは、「なんとなくで突然、妻がいなくなるんだ」と呟きます。

【結】- 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのあらすじ4

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますのシーン2 ちえの父親が倒れました。
じゅんとちえは、静岡へ向かいます。
父は大事には至っておらず、思ったよりも元気でした。
それを見てほっとしたちえは、じゅんに「私より先に、死なないでくださいね」と言うと、こっそりと泣きます。

ちえが父の入院の手続きをしに行ったあいだ、義父・新一はじゅんに、「ちえは母親が死んでから、泣いたところを見ない」と言います。

…幼少期に母を亡くしたちえは、葬儀で泣いて以来、泣くことがなかったそうです。
妻を亡くし、男手ひとつで娘を育てなければならない父は、毎日奮闘しますが、人生に疲れていました。親子心中も考えます。
すると、翌日からちえが、妙な行動を取り始めました。押し入れに隠れていたのです。
その日から毎日、かくれんぼの日々が続きました。
父は「疲れているのに腹が立つ」と最初こそ怒りますが、そのうちに「おかしい、くだらない」と思うようになります。
その時、ちえが「お父さん、探せば私は必ず見つかるよ」と言いました。
その言葉を聞いた瞬間、父は理解します。
ちえがかくれんぼをしていたのは、娘なりに父親を元気づけようと考えていたのだ…そう、父は気付いたのでした…。

そのエピソードを聞いたじゅんは、ちえが「死んだふり」をしている理由に、思い当たります。

ちえの実家に泊まったじゅんは、ちえの部屋の教科書を見ました。
そこにある夏目漱石のページを見ると「月が綺麗ですね」という言葉が見つかります。

…英語教師時代、ある生徒が「I love you」の一文を「我君ヲ愛ス」と訳したのを聞き、それに対して漱石が「日本人はそんなことは言わない。月が綺麗ですね、とでもしておきなさい」と言ったとされています…。

つまりいままでちえが「月が綺麗ですね」と言っていたのは、「I love you」と同義だと、じゅんはやっと気付きました。
そういえば、じゅんがプロポーズをした時の、ちえの返事も「月が綺麗ですね」だったと、遅ればせながらじゅんは気付きます。


プロポーズの場所へちえと一緒に行ったじゅんは、「死んでもいい」という言葉を捧げます。

…二葉亭四迷がロシア文学を訳した時に、情熱的なアプローチに対して女性が返したセリフを、「死んでもいいわ」と訳しました…。

これによりちえは、じゅんがやっと気付いたと悟ります。
じゅんはちえの耳もとで、ちえがなぜ死んだふりをしていたかについての分析を、話して聞かせます…。
(注:ここは劇中では無音になり、じゅんの考察は聞こえない)

(エンド途中)パートから戻ったちえ。じゅんが死んだふりをしている。
ところがちえは現実的な対応。飼ったばかりのシャツを汚したと怒られ、じゅんの死んだふりはスルーされた。


(ちえが「死んだふり」をしていた理由。最後の父親のエピソードから推察できる。
仕事で疲れているじゅんに対し、元気づけようと考えての行動)

みんなの感想

ライターの感想

まあまあ。でも…別にこれ、映画化する必要ないんじゃないかな。
気負って見なくてはならない映画ではない。むしろ脱力系。ほのぼの。
理由が判明するまでが、長いなあ。
夏目漱石の言葉も、一定の人が知っているエピソードなだけに、決め手に欠ける。
こんな凝ったことしなくちゃならないのかな、夫婦って。
「面白い!」とノれる人と、そうでない人とに評価が分かれそう。
  • あさんの感想

    うちの嫁さんも、仕事から帰ってきたら大概こたつの中や布団に丸まって隠れてる
    それをくすぐって起こすのが、毎日の日課

  • たまちんさんの感想

    「月が綺麗ですね」の意味を理解しないで映画が進んでいくことに驚いた。
    それなりの年齢でこの言葉の意味を知らないのは、日本人としてあまりに教養不足だと思う。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」の商品はこちら