「幸せのレシピ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

2007年製作のアメリカ映画。2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク作品でもある。マンハッタンのレストランで料理長を務める完璧主義者のケイトは、突然亡くなった姉の娘ゾーイと一緒に暮らすことになる。その頃、新たな副料理長としてお気楽なニックが入ってくるが、性格が正反対のふたりは馬が合わず厨房で喧嘩ばかりすることに…。

あらすじ動画

幸せのレシピの主な出演者

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ケイト・アームストロング)、アーロン・エッカート(ニック・パーマー)、アビゲイル・ブレスリン(ゾーイ)、パトリシア・クラークソン(ポーラ )、ボブ・バラバン(セラピスト)、アリヤ・バレイキス(クリスティーン)

幸せのレシピのネタバレあらすじ

【起】– 幸せのレシピのあらすじ1

幸せのレシピのシーン1

画像引用元:YouTube / 幸せのレシピトレーラー映像

マンハッタンの高級レストラン「ブリーカー22」で料理長を務める完璧主義者のケイトは、作る料理はどれも絶品だったが、神経質すぎてお客と口論になることがしばしばあった。

また、ケイトが働く厨房は、いつも緊張感で空気が張り詰めている。

その神経質な性格ゆえオーナーであるポーラの命令でセラピーに通っていたしかし、ケイトは自分にかけているものに気づかず、なぜ自分がセラピーに通わなければならないのかわからないでいた。

ある日、ケイトのもとに姉のクリスティーンから電話がかかってくる。

その日、クリスティーンは娘のゾーイと一緒にケイトの家を訪れるはずだったが、向かう途中に車で事故に遭ってしまう その事故によって不幸にもクリスティーンは亡くなり、父のいないゾーイはひとりぼっちになってしまった。

ケイトは、そんなゾーイのために一緒に暮らすための準備を整える。

ケイトは病院からすぐに仕事に復帰して平然を装うが、料理に集中することができない悲しみに暮れて食糧庫で涙を流すケイトに、ポーラは1週間休みを取るようにと命令する。

レストランの厨房は元々の人手不足に加え、シェフの一人であるリアが臨月で産休を取る予定になっており、新たなシェフが入ることが決定していた。

ケイトが休み明け久しぶりにレストランに出勤すると、自分がいた頃とは大きく変わって明るい雰囲気が漂う厨房に様変わりしていた厨房には、ポーラが他店から引き抜いたニックが副料理長として腕を振るい、彼はラジカセで流したオペラの曲を歌っていた。

ニックの軽薄さが気に入らないケイトはポーラに文句を言うが、ニックは料理の腕もよく、人当たりの良い性格で厨房のシェフから頼りにされていた。

さらに、ニックはケイトと働きたくてこのレストランを選んだようだったケイトはそんなニックを認めざるを得なかった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「幸せのレシピ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×