「幸せの始まりは」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

「幸せの始まりは」は、2011年に公開されアメリカのラブコメディ映画です。監督は「ザ・エージェント」や「恋愛小説家」を制作したジェームズ・L・ブルックス監督です。主演は「キューティ・ブロンド」で人気を博したリース・ウィザースプーンで、他にも「アントマン」シリーズのポール・ラッドに、オーウェン・ウィルソン、ジャック・ニコルソンなどが出演しています。プロソフトボールの選手だったリサは、ある日チームをクビになってしまい大きなショックを受けます。気分転換にと友人からデート相手の男性を紹介されます。しかしデート相手のジョージは父親と会社を共同経営している実業家だが、投資詐欺を疑われ起訴されそうになっており、こちらも絶体絶命に立たされていました。そんな最悪な状態で出会った2人だが、いつしか惹かれあっていき…。

あらすじ動画

幸せの始まりはの主な出演者

リサ・ジョーゲソン(リース・ウィザースプーン)、ジョージ・マディソン(ポール・ラッド)、マティ・レイノルズ(オーウェン・ウィルソン)、チャールズ・マディソン(ジャック・ニコルソン)、アニー(キャスリン・ハーン)、アル(レニー・ヴェニート)

幸せの始まりはのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①プロのソフトボールチームのキャプテンとして活躍していたリサは、年齢を理由にチームを外されてしまいます。それまでずっとソフトボールに人生を掛けていたリサはショックを受けます。さらに、付き合っている彼氏マティは、メジャリーガーでお金持ちですが、女遊びが激しく悩みの種でした。そんなリサは友人から気分転換にと、ある男性を紹介されます。その紹介された男性は父親の会社で働く実業家のジョージで、身に覚えの無い投資詐欺の疑いを掛けられ起訴されそうになっており、彼もまた絶体絶命に立たされていました。②最悪の状態で2人はデートに行きますが、ジョージはリサのことを気に入ります。しかしリサは、彼氏のマーティと同棲を始めてしまいます。同棲を始めたものの自分の事ばっかり語るマーティとは違い、自分の話をきちんと聞いてくれるジョージに惹かれ始めていきます。マーティとジョージの間で揺れ動くリサ…。そして、リサの誕生日パーティの日、ジョージはリサに気持ちを伝え、リサはジョージを選び、2人は結ばれます。

【起】– 幸せの始まりはのあらすじ1

幸せの始まりはのシーン1

画像引用元:YouTube / 幸せの始まりはトレーラー映像

リサは小さい頃から運動神経が良くスポーツ万能で、大きくなってからは女子ソフトボール界に入り、名門チームのキャプテンとしてオリンピックでも金メダルを獲得するなど華々しい活躍をしていました。しかし31歳を迎えた時、年齢を理由に所属していたチームから代表を外されてしまい、ショックを受けます。

そんな中、リサの友人は彼女に知り合いのビジネスマンのジョージをデート相手にと紹介します。

しかし、一方のジョージも大変な目に遭っていました。父親が経営する会社で働いていましたが、会社が投資信託の疑いを掛けられてしまいます。

全く身に覚えのないジョージですが責任を取らされ起訴されることになってしまいます。しかも、父親は会社からの弁護士費用を出すことを拒否し、自分の私財を売り払って弁護士費用と歳出しなければならず、人生のどん底にいました。

ジョージは気分転換に、紹介されたリサに連絡を取り2人はデートをすることになります。2人は最悪の状態でのデートとなります。

会社のことで情緒不安定なジョージは変なテンションになり一人でベラベラ話し出し、リサは一言もしゃべらずに静かに食事をしようと提案し、沈黙の中ディナーをします。しかし、静かに食事をとったことでジョージは落ち着きを取り戻すことができ、リサのことを気に入ってしまいます。

一方のリサはマティというメジャーリーガーと出会い、付き合うことになります。マティは能天気で超プレイボーイで話も合いませんが、それなりに楽しくやっていました。

リサはマーティにチームをクビになったことを打ち明けます。かなり落ち込んでいるリサにマーティは、一緒に住まないかと同棲を提案します。突然のことに驚くリサですが、マティの真剣さに同棲に賛成します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「幸せの始まりは」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×