「恋におちたシェイクスピア」のネタバレあらすじと結末の感想

ラブストーリー

恋におちたシェイクスピアの紹介:1998年制作のアメリカ映画。『ロミオとジュリエット』の初演を背景として、若い頃のウィリアム・シェイクスピアと、彼を信奉する上流階級の娘・ヴァイオラとの恋を描いた作品。

予告動画

恋におちたシェイクスピアの主な出演者

ヴァイオラ・デ・レセップス(グウィネス・パルトロー)、ウィリアム・シェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)、フィリップ・ヘンズロー(ジェフリー・ラッシュ)、ウェセックス卿(コリン・ファース)、ヒュー・フェニマン(トム・ウィルキンソン)、ネッド・アレン(ベン・アフレック)

恋におちたシェイクスピアのネタバレあらすじ

【起】- 恋におちたシェイクスピアのあらすじ1

1593年エリザベス朝のロンドンでは、街にペストが蔓延し劇場の閉鎖が相次ぎます。
ローズ座では舞台作家・シェイクスピアの作ったコメディが人気を博しましたが、当のシェイクスピアはスランプに陥っていました。
それでも書き始めた新作コメディ『ロミオと海賊の娘エセル』の舞台のオーディションに、トマス・ケントと名乗る青年が来ます。
実はトマスは、裕福な商人の娘・ヴァイオラでした。当時の演劇界では女性が舞台に立つことは風紀上許されず、芝居好きのヴァイオラは男装して潜りこんだのです。
貴族との縁戚を結びたがる両親に、ヴァイオラは貧乏貴族・ウェセックス卿との結婚を決められ、結婚後はアメリカに移住予定でした。

【承】- 恋におちたシェイクスピアのあらすじ2

シェイクスピアはトマスの演技が気に入ってロミオ役にと思って追いかけますが、商人の館の前で見失います。
その夜、舞踏会でヴァイオラと知り合ったシェイクスピアは、それがケントと知らずひとめぼれし、2人は運命の恋に落ちました。
着想が湧いたシェイクスピアは、その日から恋愛作品を書き始めます。ヴァイオラはシェイクスピアに正体を明かさず、ケントとして舞台の稽古に出ました。
そんな折、親が決めた結婚のため、もう会えないというヴァイオラの手紙をケントから受け取ったシェイクスピアは、納得できず館へ行きます。
そこでトマスがヴァイオラの仮の姿と知ったシェイクスピアは、ヴァイオラと結ばれました。

【転】- 恋におちたシェイクスピアのあらすじ3

シェイクスピアの創作意欲はかき立てられ、『ロミオと海賊の娘エセル』は『ロミオとジュリエット』に変更となり、内容も悲恋物語になります。
ヴァイオラはその後もトマスとして稽古に来ましたが、ある日とうとう皆に女性であることがばれてヴァイオラは姿を消し、シェイクスピアがロミオ役をすることにしました。
ヴァイオラはいやいや結婚式を挙げますが、式の後に舞台を見に来ます。そしてちょうど変声期を迎えた少年の代わりにジュリエット役を演じ、シェイクスピアとヴァイオラの熱のこもった芝居は大成功をおさめました。
しかし舞台に女性が立ったということで、終演直後に王室の祝典局長が乗り込み、劇場閉鎖を言い渡します。

【結】- 恋におちたシェイクスピアのあらすじ4

しかし客席に、お忍びで芝居好きのエリザベス女王が来ていました。
エリザベスはヴァイオラに、あえて「トマス・ケント」と呼びかけることでその場をとりなし、劇場は処分を受けることなくすみます。
しかしさすがのエリザベス女王も結婚を無効にすることはできず、ヴァイオラはウェセックス卿とアメリカに渡ることになりました。ヴァイオラとシェイクスピアは、涙ながらに別れます。
その後、シェイクスピアはアメリカに渡ったであろうヴァイオラを思いながら、新作の執筆を開始しました。
新天地に渡ったものの船は難破し、ただひとり生き残ったヒロインが奮闘する新たなコメディ『十二夜』を…。

みんなの感想

ライターの感想

グイネス・パルトロウが演劇好きの青年のケントと主演のヴァイオラの2役を演じ,とても魅力的な演技を披露してくれました。この演技でグイネスはアカデミー賞主演女優賞やゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞し,その演技は多くの賞賛を得ております。
しかし,この映画の主演は当初ウィノナ・ライダーの予定でした。グイネスが「セブン」共演でブラピとの交際が噂となり,マスコミから身を隠すために親友ウィノナ宅に逃げこんだ際に脚本を見つけます。この役が気に入り自ら監督に猛アピールし,ウィノナから奪い取った形での出演となりました。
ウィノナは「若草物語」では次女ジョー・マーチを演じ,お金がなく髪の毛を切って売ってしまうシーンがありましたが,ショートヘアのウィノナのボーイッシュな姿はとても印象深かったです。ウィノナの演じるケント,ヴァイオラを想像しながらグイネスの演技と比べてみるのも面白いです。

映画の感想を投稿する

映画「恋におちたシェイクスピア」の商品はこちら