「恋愛適齢期」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

「恋愛適齢期」は2003年に公開されたアメリカの映画。監督は「ホリデイ」や「マイ・インターン」のナンシー・マイヤーズ、主演はジャック・ニコルソンとダイアン・キートンです。50代と60代の熟年男女の恋愛を描いたロマンティック・コメディ作品です。音楽業界で成功している63歳のハリーは付き合う女性は30歳以下の女性ばかり、そんなハリーは恋人のマリンに彼女の別荘に招待されます。そこで、彼女の母エリカと鉢合わせになり…  

あらすじ動画

恋愛適齢期の主な出演者

ハリー・サンボーン(ジャック・ニコルソン)、エリカ・ジェーン・バリー(ダイアン・キートン)、ジュリアン先生(キアヌ・リーヴス)、マリン(アマンダ・ピート)、ゾーイ(フランシス・マクドーマンド)

恋愛適齢期のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

有名な音楽会社を経営している63歳のハリーは独身貴族で、付き合う女性は30歳以下という、若い娘に目がないプレイボーイです。今のガールフレンドのマリンに休暇を2人っきりで別荘に過ごそうと、彼女の母親の別荘に誘われます。別荘でマリンの母エリカとばったり出くわします。エリカは有名な劇作家でハリーと同世代の女性です。エリカはハリーと娘マリンが交際していると聞き、ショックを受け、ハリーに良い印象を持ちませんでした。その日の夜、ハリーが心臓発作を起こし近くの病院に運ばれ、そこでエリカはハリーの主治医のジュリアン先生と出会います。ジュリアン先生は若くてハンサムで、エリカとは20歳も年下ですが、彼はエリカに好意を持ちます。ハリーは、容体が安定するまで病院の近所のエリカの別荘で過ごすことになり、エリカとの奇妙な同居生活が始まります。最初はハリーにイライラしていたエリカですが、だんだんとハリーと打ち解けていき、お互いを意識するようになります。しかし、エリカはジュリアン先生からの猛アタックされ、年齢の違う2人の男性の間で揺れ動きます。

【起】– 恋愛適齢期のあらすじ1

恋愛適齢期のシーン1

画像引用元:YouTube / 恋愛適齢期トレーラー映像

有名レコード会社や、いくつもの会社を経営する63歳の実業者ハリー・サンボーン。彼は独身貴族で、若い女性に目が無く、付き合う女性はみんな30歳以下です。今の彼女も若く美しいマリンという女性で、まだプラトニックな関係ですが2人はラブラブです。

ハリーとマリンは彼女の母が所有する別荘で、2人っきりで休暇を過ごすため、別荘に向かっていました。別荘に着き、2人でイチャイチャしていると、プールで泳ごうとマリンが言いだし、彼女は水着に着替えにいきます。その間、ハリーはシャンパンを冷やすためキッチンに向かうと、そこでマリンの母エリカとその妹のゾーイに出くわします。

2人は怪しいハリーを見て、通報しようとしますが、そこにマリンがやって来て事情を説明します。エリカは有名な劇作家で、執筆をするためにゾーイと別荘にやって来たのでした。ハリーが娘の彼氏だと聞き、驚きます。自分と同年代なのに若い娘にしか目にないハリーに、エリカは複雑な気持ちになります。

夕食時、皆でディナーをしますが、女性を年齢でしか見てないハリーにエリカはイライラし、つい攻撃的に、しかもゾーイが勝手にエリカが独身で彼氏もいないことをペラペラとしゃべり、余計にイライラ、気まずい雰囲気になります。ディナーの後、エリカはゾーイにハリーの愚痴をこぼし、「エリカとの関係も早く終わるように」と願います。

その時、寝室にいたマリンが悲鳴を上げ、エリカを呼びます。慌ててエリカとゾーイが駆け付けると、ハリーが心臓発作をおこし倒れていました。急いで救急車を呼び、その間にエリカはハリーに人工呼吸をし、ハリーを救います。

ハリーは近所の病院に運ばれ、助かります。ハリーの主治医の先生は若く好青年でイケメンのジュリアン先生でした。ジュリアン先生は、エリカの作品の大ファンで彼女に好意を持ちます。

次の日、ハリーはフラフラですが、どうしても退院したいと言い出し、ジュリアン先生は仕方なく「看護師が様子を見に行けるように、病院の近くに滞在すること」を条件に退院を許可します。しかし、ハリーの家は遠く離れた所、嫌な予感がするエリカ。彼女の予感通り、ハリーはエリカの別荘に滞在することになります。しかも、マリンは仕事のためニューヨークに帰ってしまい、エリカがハリーの面倒を見る羽目になり、最悪な状況です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「恋愛適齢期」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×