映画:愛と死をみつめて

「愛と死をみつめて」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

愛と死をみつめての紹介:1964年製作の日本映画。大島みち子、河野実の書簡集を「越後つついし親不知」の八木保太郎が脚色「鉄火場破り」の斎藤武市が監督した青春もの。撮影もコンビの萩原憲治。

あらすじ動画

愛と死をみつめての主な出演者

高野誠(浜田光夫)、小島道子(吉永小百合)、小島正次(笠智衆)、母(原恵子)、K先生(内藤武敏)、中山仙十郎(滝沢修)、吉川ハナ(北林谷栄)、佐竹トシ(ミヤコ蝶々)、中井スマ(笠置シヅ子)、大久保(杉山元)、黒木(木下雅弘)、寮の賄いのおじさん(紀原土耕)、病院の用務院(河上信夫)、オールドミス(楠侑子)、市場の売手(光沢でんすけ)、照子(加藤洋美)、二組の夫婦(大谷木洋子)、二組の夫婦(石丘伸吾)、二組の夫婦(坂巻祥子)、二組の夫婦(小柴隆)、同志社の学生(恩田恵子)、同志社の学生(岩記照栄)、同志社の学生(水森久美子)、同志社の学生(西原泰江)、アベック(平塚仁郎)、アベック(樽井純子)、アベック(宮川敏彦)、アベック(大塚トミエ)、若い看護婦(有田双美子)、中年の看護婦(鏑木はるな)、看護婦(北出桂子)、看護婦(清水千代子)、看護婦(高田栄子)、寮生(浜口竜哉)、寮生(藤野宏)、寮生(宇田川守雄)、寮生(新村猛)、寮生(井田

愛と死をみつめてのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①高野誠は小島道子と愛し合い、互いに「マコ」「ミコ」と呼び合って文通をしていた。道子は軟骨肉腫という難病に侵されていた。 ②道子は肉腫摘出の手術を受けるが、転移しており、亡くなってしまった。

【起】– 愛と死をみつめてのあらすじ1

愛と死をみつめてのシーン1

画像引用元:YouTube / 愛と死をみつめてトレーラー映像

高野誠は、小島道子からの手紙を読みます…。

(冒頭で手紙を読むシーン、以下しばらく回想シーン。冒頭のシーンはあとにつながる)

2年前。

高野誠は浪人生の時に、大阪大学付属病院に入院しました。

その病院で、当時まだ高校生だった小島道子と出会います。

誠と道子は年齢が近いこともあり、すぐに親しく打ち解けました。

ふたりが互いに恋心を抱くのも、そう時間はかかりませんでした。

誠と道子は、恋人同士になります。

誠はその後、中央大学へ合格し、東京の学生寮に住み始めました。

道子は兵庫県西脇市の高校に通っていましたが、ジャーナリストになりたいという夢のために、大学へ進学します。

関東の誠、関西の道子は遠距離恋愛で、文通で意思疎通を図っていました。

誠も道子も筆まめで、互いにやりとりを重ねます。

ふたりの仲は順調でした。

道子の大学生活は、1学期の間だけでした。

道子は大学1年の夏休みに、4回目の入院をします。

道子は、軟骨肉腫という難病を患っていました。

誠に会った時にも、その病気で入院していたのです。

誠は夏休みに大阪でアルバイトをし、その合間に道子の病室を見舞いました。

2年ぶりの再会を道子は喜びますが、2年前と大きく異なっているところがありました。

2年前、まだ高校生だった道子は、見た目に変化はありません。

今回、道子は左目に大きな眼帯をしていました。軟骨肉腫のせいです。

道子は眼帯が鬱陶しいと、誠に漏らします。

ふさぐ道子を励ますために、誠は夏休みの間、足しげく病室に通います。

病室の窓ガラスを拭いたり、野球中継のラジオを聴いたりしました。

道子は大の阪神ファンで、阪神の試合があると喜んで聴きます。

誠が道子と交際していることは、道子の両親も知っていました。

折り目正しい誠は、両親にも好意的に迎えられます。

ある時、道子は誠のことを「マコ」と呼ぶと言いました。

誠はそれを聞いて、道子を「ミコ」と呼ぶことにします。

以後、互いのことを手紙でも会話でも、ニックネームの「マコ」「ミコ」と呼び合いました。

道子は主治医のK先生に、病状を教わります。

K先生は道子の病気が難しいことや、回復の見込みが立たないことを知らせました。

道子が誠に、交際をやめようという手紙を出します。

道子は放射線治療をすでにおこないましたが、病気は治っていませんでした。

治る見込みがなく、死ぬかもしれない道子は、誠を悲しませたくないのです。

そのために別れようと手紙に書いたのですが、読んだ誠は怒りました。

(ここが映画の冒頭のシーンにつながる)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「愛と死をみつめて」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ