「愛人/ラマン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

映画「愛人/ラマン」の感想

ライターの感想

多分に文学的な作品です。公開当時、日本ではベッドシーンが多かったことで色眼鏡がなされていました。 この作品のよさは別のところにあります。少女が好奇心や興味目当てで中国人青年に近づき、それが次第に本物の愛へ変わっていくこと。 長男や次男、母の態度やその変化など。いま見たほうがむしろ、映画の価値が理解できるかもしれません。 ジェーン・マーチの華奢な体つき、ワンピース姿のなんともいえない色気、とにかく一見の価値があります。
    1 2 3 4 5

    「愛人/ラマン」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×