映画:泣き虫ピエロの結婚式

「泣き虫ピエロの結婚式」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

泣き虫ピエロの結婚式の紹介:2016年公開の日本映画。見習いピエロのヒロインと余命わずかな青年との恋を描く、実話がベースのせつないラブストーリー。志田未来が笑顔を絶やさずに病気の恋人を励まし続けるヒロインを好演。「獣電戦隊キョウリュウジャー」で人気を博した竜星涼が相手役を演じる。

あらすじ動画

泣き虫ピエロの結婚式の主な出演者

芹澤佳奈美(志田未来)、秋山陽介(竜星涼)、鈴鹿晴彦(高橋洋)、芹澤満男(おかやまはじめ)、芹澤佳子(岩橋道子)、秋山洸一(佐藤恒治)、秋山玲子(粟田麗)、稲葉真紀(新木優子)、勝俣忍(螢雪次朗)

泣き虫ピエロの結婚式のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①人工透析を受ける陽介は独りで生きる選択をしていたが、どんな時にも笑顔を絶やさない佳奈美と恋をし、生きたいと思うようになる。 ②症状の悪化に気づいた陽介は結婚をあきらめようとしたが、佳奈美の要望で式を挙げる。陽介は50日後に亡くなり残された佳奈美だが、結婚生活に満足していた。

【起】– 泣き虫ピエロの結婚式のあらすじ1

神奈川県秦野市。

若い女性・芹澤佳奈美はクラウンになることを夢見て、女性師匠の下について修業しています。

クラウンとは道化師のピエロに似た格好をした人のことで、仕事は「人を笑わせること」でした。

佳奈美はまだ修業を始めて3か月です。ジャグリング(お手玉みたいに放ったものを受け取る技。佳奈美はボール3つをジャグリングしている)もまだおぼつかなく、佳奈美は病院の近くにある公園で、毎日練習をしていました。

若い男性・秋山陽介が通りがかりにそれを見かけます。その時はまだ互いに面識もなく、陽介は佳奈美が声を掛けてきた少年を笑わせるのを見て、思わず笑顔になりました。

ある休みの日、佳奈美の親友の女性・稲葉真紀が仲間たちとともに、バーベキューに行きます。その日の午前、ひと仕事終えた佳奈美も合流しました。

バーベキューは友人たちが集まった、おおぜいの人が参加するものです。そこで佳奈美は、陽介と出会います。

陽介の方は佳奈美が公園で練習する女性だと気づきましたが、佳奈美は陽介を知りません。公園は高台になっており、陽介はいつも見上げて佳奈美を見ていたので、佳奈美の方からは陽介が見えませんでした。

陽介はわざと意地悪な言葉をかけ、佳奈美に芸を披露するように言います。

佳奈美はジャグリングをしましたが、手元に集中するあまりに後ろに移動し、バーベキューの台を倒してしまいました。転げた佳奈美に、とっさに陽介が駆け寄ります。

パーティが終わった後、片付けをする佳奈美は、失敗にへこんでいました。

「お前見ててあきねーわ」と言うと、陽介は佳奈美が逃げずにやったことを認め、足を痛めた佳奈美をおんぶします。

後日、真紀が佳奈美の家に遊びに来ました。季節は夏で、真紀はモモを手土産に持ってきます。佳奈美の母・佳子は冷えたスイカを真紀に出します。

佳奈美がさりげなく陽介のことを聞くと、真紀は「やめといたほうがいい。陽介は顔がいいからもてるけど、長続きしたことがない」と警告します。

いつものように公園で練習する佳奈美に、背後から陽介が声をかけてきました。

「さっきから見てるけど、全然うまくなんねえな」と言った陽介は、なんだかんだで佳奈美の練習に付き合います。

途中の休憩で水を飲む佳奈美は、陽介にも水を飲むように言いますが、陽介は口にしませんでした。水分を摂らないと熱中症になると佳奈美が注意しますが、それでも飲みません。

陽介は佳奈美になぜクラウンになりたいのか聞きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「泣き虫ピエロの結婚式」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×