映画:溺れるナイフ

「溺れるナイフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

溺れるナイフの紹介:2016年11月公開の日本映画。青春漫画の傑作と言われるジョージ朝倉による同名作を、小松菜奈&菅田将暉主演で映画化した青春ラブストーリー。田舎町へ引っ越してきた人気モデルと、容姿端麗な青年との出会いと運命の恋の行方がつづられる。

あらすじ動画

溺れるナイフの主な出演者

望月夏芽(小松菜奈)、長谷川航一朗〔コウ〕(菅田将暉)、大友勝利(重岡大毅)、松永カナ(上白石萌音)、望月芽衣子(市川実和子)、望月鉄男(ミッキー・カーチス)、広能晶吾(志磨遼平)、望月直樹(斉藤陽一郎)、蓮目匠(嶺豪一)、望月竜太(伊藤歩夢)、長谷川航司郎(堀内正美)

溺れるナイフのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東京でモデルとして活躍する夏芽は、父の都合で浮雲町へ。そこでコウという金髪の不思議なオーラを持つ少年と出会う。互いに惹かれ自然に付き合い始めるが、火祭りでストーカーの蓮目に夏芽はレイプされそうになった。レイプは未遂に終わるが助けられなかったコウとの距離が開く。 ②夏芽は大友と付き合うように。広能に映画へ誘われた夏芽は出演を決める。火祭りで蓮目が再び夏芽を襲う。コウは浮雲町で夏芽を見守ることに、夏芽は女優として開花した。

【起】– 溺れるナイフのあらすじ1

溺れるナイフのシーン1

画像引用元:YouTube / 溺れるナイフトレーラー映像

東京でモデル雑誌『プラム』のモデルをしていた15歳の少女・望月夏芽(もちづき なつめ)は、家庭の都合で父の故郷の田舎町・浮雲町に引っ越します。

(注:浮雲町は架空の町。地元の方言は広島弁と関西弁がまじっている)

夏芽の家庭は、父・直樹と母・芽衣子、弟・竜太の4人暮らしです。

父の実家は旅館『あづまや』を経営していましたが、高齢の祖父・鉄男だけになってしまいました。家業の『あづまや』を継ぐために、夏芽の父は家族を連れて浮雲町へ引っ越したのです。

地元の人たちとの宴会を抜け出した夏芽は、海辺を散策しました。海辺の近くには赤い鳥居があり、そこは「神様のいる場所」として立ち入り禁止になっています。

ところがその岩間の海に、髪を金髪に染めた少年がいました。

少年は浮雲町を仕切っている大地主・長谷川家の息子・長谷川航一郎といいます。みんなからは通称・コウちゃん(または「コウ」)と呼ばれており、変わったオーラを放っていました。

翌日、転校先の学校へ登校した夏芽は、クラスメイトに注目されます。夏芽はモデルとして非常に有名で、クラスメイトはみんな知っているほどでした。

田舎町の浮雲町でも、夏芽は美少女として目立ちます。

同じクラスにはコウの姿がありました。

夏芽はコウとその親友の少年・大友勝利、松永カナと親しくなります。

コウは立ち入り禁止の鳥居のある海によく入っていました。コウは「この町のもんはみんな俺のもんじゃ。好きにしてええんじゃ」と言います。

それは傲慢から発したものではありませんでした。町一番の権力者の息子であり、またコウ自身もそれだけの魅力を持っていました。コウが言うと決して不遜な一言ではなくなるのです。

浮雲町にいる夏芽は、半ば芸能活動を引退したような身でした。ところがある日、夏芽のところへ電話がかかってきます。

権威あるカメラマン・広能晶吾が夏芽の写真集を撮りたいそうです。

広能と会った夏芽は、「君はカメラの前でないと呼吸できないんだね」と言われて、モデルをすることにしました。

夏芽が写真集を出したのは、地元で誰よりも目立つコウへの対抗心もあります。しかし本当は対抗心ではなかったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「溺れるナイフ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ