「猟奇的な彼女」のネタバレあらすじと結末の感想

猟奇的な彼女の紹介:2001年公開の韓国映画。ひょんなことから知り合った女性と付き合うことになった大学生が、凶暴かつキュートな女性に振り回される騒動を描いたラブ・コメディ。

予告動画

猟奇的な彼女の主な出演者

彼女(チョン・ジヒョン)、キョヌ(チャ・テヒョン)、キョヌの父(キム・インムン)、キョヌの母(ソン・オクスク)、彼女の父(ハン・ジンヒ)、ホテルの主人・ホテルの従業員・留置所のヤクザ・地下鉄の駅員他(キム・イルウ)

猟奇的な彼女のネタバレあらすじ

【起】- 猟奇的な彼女のあらすじ1

ある夜、大学生・キョヌは地下鉄の駅のホームで酔っ払って電車に轢かれそうになった「彼女」を助けました。そのまま列車に乗り込んだところ、彼女が酔って吐きかけたおじさんに、なぜ介抱しないのかとキョヌは責められます。キョヌは彼女と付き合っていると誤解されたのでした。
それがきっかけで、キョヌは彼女と付き合うことになりました。
彼女はシナリオ作家希望の女性です。彼女はやたら凶暴的でキョヌの手に負えないのですが、キョヌはどんどん彼女に惹かれていきます。対照的に、彼女の本心は見えません。

【承】- 猟奇的な彼女のあらすじ2

キョヌは彼女の家を訪問した時に、父と母に紹介されました。父は彼女と同じく、焼酎3杯で酔っ払う人でした。彼女の母は彼女を別の男性と見合いさせたがっていることを、キョヌは知ります。
その彼女が見合いの日、キョヌを呼び出します。キョヌは、見合いの相手の男性に、彼女と付き合う上で必要な心構えを説きました。
キョヌと彼女は離れる決心をして、お互いに宛てた手紙を書きました。そして山登りをした際に丘の松の木の根元に手紙を入れたタイムカプセルを埋めました。
キョヌと彼女は、2年後に会ってタイムカプセルを掘りだそうという約束をして別れます。

【転】- 猟奇的な彼女のあらすじ3

キョヌは再会の日までに、もっといい男になろうと努力します。
いっぽうで出会いから始まって彼女との話をネットで書きつづったところ、なんとその物語が映画化されることになりました。
そして2年後、約束の日に彼女は現れませんでした。
ひとりでタイムカプセルを開けたキョヌは、彼女が恋人を亡くしていたこと、恋人の面影をキョヌに重ねて見ていたことを知りました。
それからキョヌは、たびたび木の下を訪れますが、彼女に会うことはできませんでした。
さらに1年後のことです。
彼女が松の木の下へやってきました。そこには老人がいます。

【結】- 猟奇的な彼女のあらすじ4

彼女は、これまでここに来られなかったことを老人に打ち明けます。そしてキョヌとの出会いが運命ならば、どこかで再会できるのではないかと考えたことも告げました。
老人は彼女に「運命は努力した人に偶然という橋を架けてくれるのだ」と言いました。
急いで彼女はキョヌと連絡を取ろうとしますが、携帯電話の番号が変わってしまっており、不可能でした。
そんな折、死んだ恋人の母親から、紹介したい人がいるという話が彼女にあります。
彼女が行くと、そこにはキョヌがいました。キョヌは彼女の死んだ恋人のいとこだったのです。
彼女はキョヌと見つめ合い、そっと手を握りました。

みんなの感想

ライターの感想

見終わった後に幸せな気分になれる作品です
彼女は確かに「猟奇的」なのですが、その行動の一つ一つに彼女の内にある悲しみが垣間見えるところがどんなにひどいことをしても、放ってはおけないし、憎めないのだなぁと感じてヒョヌ(相手役の男性)の気持ちになってみていました。また、チョン・ジヒョンの演技力のなせる業なのだとも感じました。
心に残るのは、一緒に手紙を埋める為の穴を掘っているシーンです。山の上で行われているのですが、その様子が遠くから撮影しており表情は覗えないのですが、二人の動きの輪郭を見るだけで今までの二人の関係をよく表しているのがすごいと思いました。(彼女が服に包んで大きな石をいっぱい持ってきてヒョヌの前に乱暴に落としてヒョヌがびっくりしているところ)そこまでは今まで通りだったので、その後の向かいの山から彼女がヒョヌには聞こえないメッセージを送る場面がより切なく映りました。とにかく二人優しさがとかわいさと切なさに感動し、忘れられない作品となりました。

映画の感想を投稿する

映画「猟奇的な彼女」の商品はこちら