映画:甘い人生

「甘い人生」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

甘い人生の紹介:イ・ビョンホン自らが代表作と称する、ハードボイルド・タッチのラブストーリー。韓流ブーム絶頂期の2005年に日本で公開された。

あらすじ動画

甘い人生の主な出演者

キム・ソヌ(イ・ビョンホン)、ヒス(シン・ミナ)、カン社長(キム・ヨンチョル)、ムンスク(キム・レハ)、パク社長(ファン・ジョンミン)、デグ(エリック)

甘い人生のネタバレあらすじ

【起】– 甘い人生のあらすじ1

ホテルの総マネージャーを務めるソヌは、裏社会でも一目置かれる存在です。

ホテルでもめごとがあったときの用心棒のような役目も務めています。

余計な感情を挟まずに冷静に、どんな仕事でもこなす仕事ぶりをカン社長に認められ、ホテルのスカイラウンジを任されるほどの信頼を得ています ある日ソヌはカン社長に呼ばれ、仕事をおおせつかります。

それは、カン社長の愛人であるヒスの様子を、カン社長の留守中、監視しておくという仕事でした。

ヒスはチェリストですが、カン社長のほかにも恋人がいるのではないかと社長は疑っています 「もしほかに恋人がいれば始末しろ」というのが、仕事内容です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「甘い人生」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×