映画:生きてるだけで、愛。

「生きてるだけで、愛。」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

生きてるだけで、愛。の紹介:2018年公開作で、本谷有希子の同名小説を、今作で長編映画デビューを果たした関根光才が映画化した。鬱による過眠症の寧子は寝てばかりで、家事もせず引きこもり状態。同棲中の津奈木もまた無気力に仕事をこなし、寧子にどんなに激しく感情をぶつけられても、何となく受け流していた。ある時津奈木の元恋人が現れ、寧子を部屋から追い出すために、彼女に仕事を紹介するのだったが…。

あらすじ動画

生きてるだけで、愛。の主な出演者

寧子(趣里)、津奈木(菅田将暉)、村田(田中哲司)、真紀(西田尚美)、磯山(松重豊)、美里(石橋静河)、莉奈(織田梨沙)、安堂(仲里依紗)

生きてるだけで、愛。のネタバレあらすじ

【起】– 生きてるだけで、愛。のあらすじ1

育った環境の影響でメンタルが不安定な寧子は、学生時代から全身を剃毛するなど奇行に走ることが多く、社会人になっても無職のまま暮らしています。ある夜飲み会に参加した寧子は、ゴシップ週刊誌のライター津奈木と知り合います。泥酔している寧子を津奈木が送ることになりましたが、“時々針が振り切れる”と寧子が自称するように、彼女は自販機に頭をぶつけて出血しました。寧子は血を気にすることもなく、突然夜の道を走りだし、驚いた津奈木が必死に追いかけます。この出会いをきっかけに2人は交際を始めました。

それから3年。

寧子と津奈木の同棲は続いているものの、寧子はうつの影響で過眠症となり、1日中寝ています。仕事はおろか家事も全くせず、食事は仕事帰りの津奈木が買ってくる弁当です。部屋から出ることのない寧子が、唯一世界との繋がりを感じるのは、姉との電話やメールだけでした。

何かに苛立っている寧子はいつも不機嫌で、理不尽に津奈木に当たっています。それに反し、傷つくことも傷つけることからも避けて生きている津奈木は、ただ「ごめん」と謝るだけで、怒ることもありません。そんな津奈木もまた、物書きを目指して出版社に入社したものの、ゴシップ誌の部署に配属させられ、葛藤しています。人と触れ合うことが苦手な津奈木は取材にも向かず、誰かが持って来たネタを記事にするという仕事にやりがいを感じることもできず、日々を淡々と過ごしていました。

姉から早く仕事をするよう忠告された寧子は、コンビニの面接を受けると勢いで豪語していまいます。しかし結局、面接の時間までに起きることが出来ず、すっぽかしました。悔しくなった寧子は、せめてでも夕飯を作ろうと立ち上がります。

津奈木のリクエストでハンバーグを作ろうとした寧子は、久々にスーパーへ出掛けますが、ひき肉はすでに完売…。寧子は店でもおろおろとし、ハンバーグは諦めて味噌汁だけでも作ろうとしましたが、それさえもうまく出来ずに苛立ち、買った食材を袋ごと電子レンジにかけました。古いアパートはよくブレーカーが落ちるため、スイッチを入れた途端に部屋は真っ暗に。幼い頃、停電の度に裸で踊る母を見ていたせいで、暗闇が苦手になった寧子は、1人ではブレーカーを直すこともできずに狼狽しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「生きてるだけで、愛。」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×