映画:眺めのいい部屋

「眺めのいい部屋」のネタバレあらすじと結末

【承】– 眺めのいい部屋のあらすじ2

フィレンツェの街を一人で観光していたルーシーは、偶然にもエマソン親子に出会います。

広場で地元の青年たちが喧嘩を始め、血を見て気絶したルーシーをジョージが抱きとめて介抱します。

ルーシーが持っていた絵葉書に血が付いていたため、ジョージはその絵葉書を河に放り投げます。

その激しい川の流れのように、二人の間にもなにか特別な意識が通い始めます。

ルーシーとシャーロットは、ビーブ牧師、エマソン親子など同宿の客達と馬車でピクニックに出かけます。

シャーロットは、ずっと同年代の女流作家ラヴィッシュと色恋の話をして盛り上がっています。

退屈なルーシーがその場を離れ丘に行くと、そこにはジョージが立っていました。

ジョージは何も言わずルーシーに駆け寄ると、そのままキスをします。とその時、シャーロットが二人の間に割って入ります。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「眺めのいい部屋」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×