「私の頭の中の消しゴム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

【承】– 私の頭の中の消しゴムのあらすじ2

私の頭の中の消しゴムのシーン2

画像引用元:YouTube / 私の頭の中の消しゴムトレーラー映像

 ある日、父から恋人ができたのかと言われ、建築家と答えると今度会おうと父。そのことをチョルスに伝えますが、彼は渋ります。結婚に前向きではありません。

それでも結婚したいスジンは、彼を食事に呼び出し、自分の家族をあとで呼び出して引き合わせました。父はチョルスを見て驚きます。

家はあるのか、両親はと質問する父に対し、チョルスは今日限りでお嬢さんとは会わない…と言いかけた時、離席した妹の叫び声が聞こえました。

離席していたスジンが、外の雨の中倒れていたのです。助け出すチョルスの姿を見て、父も交際を認めます。

そして2人は結婚しました。チョルスは建築士として大きな契約も取り、生活は順風満帆そのものです。

そんなある日、スジンは友達と4人でカフェにいます。彼女は友達に、家に帰る道がたまにわからなくなることはあるかと聞きますが、まだ若いのでそんなことはないと一蹴されてしまいます。スジンはたまにわからなくなるのだと話しました。

この日も不安になりながら家に帰ると、キッチンが真っ白に変わっていました。うろたえるスジンに、もう鍋を焦がさないようにIHコンロに変えたとチョルス。2人は抱き合います。

後日、スジンは病院に行き、来週MRIとCTをとることにしました。不安はありますが、2人は新しい家を建てる土地を訪れ、期待に胸膨らませました。

2人はお寺のチョルスの師匠の元へ行きます。師匠はスジンに、チョルスの母に会ったかとたずねます。いいえと答えると、まだ許していないのかと師匠は言いました。

家に帰り、こっそりチョルスの引き出しを開けると、そこには彼の母の写真と、住所を書いた仮差し押さえ決定に対する異議申し立て書類を見つけたのでした。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「私の頭の中の消しゴム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×