「箱入り息子の恋」のネタバレあらすじと結末の感想

ラブストーリー

箱入り息子の恋の紹介:2013年製作の星野源、夏帆主演のラブロマンスコメディ。人づきあいを極度に避ける35歳独身男性と、目に障害を抱えた若い女性とのドタバタ恋愛劇を描いていく。監督を務めたのは漫才グループ「髭男爵」の元メンバーで、「隼」、「無防備」などの作品で国際的な評価を得た市井昌秀。

予告動画

箱入り息子の恋の主な出演者

天雫健太郎(星野源)、今井奈穂子(夏帆)、天雫寿男(平泉成)、天雫フミ(森山良子)、今井晃(大杉漣)、今井玲子(黒木瞳)

箱入り息子の恋のネタバレあらすじ

【起】- 箱入り息子の恋のあらすじ1

舞台は埼玉県ふじみ野市。この市役所の記録課で13年間勤務している天雫健太郎は、超がつくほどの几帳面な性格の35歳。酒、タバコは嗜まず、休日はひたすら格ゲーに興じ、唯一の友達は自室で買っている蛙だけ。見た目も陰気な雰囲気が漂うメガネ男で、彼女ができたことはありません。趣味が貯金という健太郎は昼食代を節約するために、お昼になると自宅に戻り昼食を食べるという毎日を繰り返していました。

父・寿男と母・フミは健太郎のそんな姿を毎日見ていくうちに、息子にごく普通の人生を歩んで欲しいと思うようになります。そんなある日、寿男とフミは健太郎に内緒で親同士の代理お見合いに出かけます。その中で、26歳の今井奈穂子というかわいらしい女性の両親と面談しますが、具体的な話には結びつかず、結局なんの収穫もないまま二人は帰宅するのでした。

一方、今井家では奈穂子がお見合いをすべき相手が決められようとしていました。奈穂子の父・晃は優良企業の社長であり、頼もしく野心的であると同時に奈穂子の生活をサポートできる人物を望んでいました。実は奈穂子は幼い頃からの病気で視力を失っており、両親の介助を受けながら生活せざるをえない状況になっていました。居間で晃によるお見合い相手の精査が行われる中、奈穂子は二階の自室で「トロイメライ」をピアノで弾いていました。奈穂子自身はお見合いに消極的でしたが、母・玲子はその気持ちに理解を示しつつも、娘をしっかり支えられる男性を早く見つけてあげたいとも思っていました。

それからまもなく、ある晴れた日に奈穂子は玲子とともに外へ出かけました。ところが、その帰り道に突然の雨に降られてしまい、玲子が車を取りに行っている間、奈穂子は道端で一人待つことになりました。すると、そこに偶然健太郎が通りかかり、ずぶ濡れになっている奈穂子を目にします。目の見えない奈穂子の視線は偶然にも健太郎に向けられており、健太郎は自分が見つめられていると勘違いしてしまいます。この奈穂子の眼差しに胸をときめかせた健太郎は、差していた傘を奈穂子に渡し、そのまま去って行くのでした。

その後、奈穂子と合流した玲子は傘に貼られていた名前のシールから、傘の持ち主が代理お見合いで出会った天雫家の息子であることに気づきました。運命的なものを感じた玲子は晃を説得し、健太郎との面談を天雫家の両親に申し入れます。寿男とフミはお見合いが決まり大喜びしますが、健太郎はまったくお見合いに興味を示しません。お見合いの相手が傘を渡した相手であると知り一瞬興味を示したものの、それでも健太郎はお見合いへの出席を拒否。その次の日から健太郎は家ではなく吉野家で牛丼を食べるようになり、両親と距離を持つようになります。しかし、その後に寿男とフミは健太郎にお見合い出席をさせることに成功します。健太郎が苦戦していた格ゲーの敵キャラを、母が見事な腕前で撃破したからでした。

【承】- 箱入り息子の恋のあらすじ2

週末になり、いよいよ健太郎と奈穂子のお見合いの日となりました。そこで初めて晃と玲子から奈穂子が盲目であることが明かされると、天雫家は予想外の事実に驚いた様子を見せます。それでも、寿男とフミは和やかなムードでお見合いを進めようとしますが、晃はそれにかまわず厳しい言葉で健太郎の経歴を批判してきました。民間企業で長く働く晃にとって、市役所勤めはぬるい職業と決めつけていたのです。その上、健太郎は13年間も記録課で、昇進もしていないことから、晃は健太郎の野心のなさを指摘し、障害を持つ奈穂子のサポートができるわけがないと厳しい言葉を浴びせてきました。

この物言いに激怒した寿男とフミがお見合いの席から去ろうとしたとき、健太郎が突然言葉を発し、目の前に座る奈穂子にお見合いについてどう考えているかを尋ねました。その問いに対して、気の合う人と一緒にいられることが第一で、その次に障害とどうつき合っていくか考えていきたいと答える奈穂子。すると、健太郎は自らの過去を話し始めました。自分は欠点ばかりの人間な上に、極度のあがり症で人と目を合わせられないことを明かす健太郎。続けて、面と向かって人に馬鹿にされた過去を語り、目が見える人は人を値踏みするが、奈穂子はそんなことはしないと健太郎は断言します。その後、天雫家、今井家の両家は沈黙に包まれました。

お見合いでは終始落ち着いた様子を見せていた健太郎でしたが、自室に戻ると突然暴れ出し、感情を爆発させました。その様子を蛙はただじっと眺めているのでした。

週が明けて、いつものように健太郎がお昼に吉野家に行こうとすると、市役所の前で玲子が待っていました。奈穂子が会いたがっているというのです。案内されるままに公園に行くと、奈穂子が待っていました。たわいもない会話をしていると、奈穂子が吉野家の牛丼に興味を持ち始め、これから一緒に行きたいと健太郎を誘ってきました。しかし、一緒に行くには奈穂子を介助するために手を繋がなければならず、生真面目な健太郎はわざわざ遠くで待つ玲子の元に戻り、食事に行く許可と手を繋ぐ許可を申請します。玲子は健太郎の実直さに微笑みながら快諾し、二人は早速吉野家に行くことに。健太郎は道中も食事中も細心の注意を払って奈穂子に寄り添い、そのおかげで奈穂子はとても楽しい昼食を過ごせたことに喜びを感じていました。食事後、また会いたいという奈穂子に、健太郎が僕なんかでいいんですか?と問いかけると、奈穂子は満面の笑みで「はい」と返事をしました。その後、健太郎は奈穂子とのデートを振り返り、仕事中もニタニタと笑ってしまうのでした。

その後も、健太郎のお昼休憩を利用したデートは続き、健太郎は奈穂子を恋い慕う思いを強くし、さらに、奈穂子の父・晃に認められるために、昇進試験の勉強にも精を出すようになります。そんなある日の昼、二人は小高い丘を訪れました。そこで、健太郎はたどたどしい口調ながらも、奈穂子に愛の告白をしました。それに対して、奈穂子は言葉にしてくれて嬉しいと返事をしました。目の見えない奈穂子は健太郎がどんな表情で自分と接しているかわからず、少しだけ不安な気持ちを抱えていたのです。そして、お互いの気持ちをわかり合った二人はキスをするのでした。

その日の終業後、部署の中でヤリマンと陰口を叩かれている加奈子から健太郎は突然夕食に誘われます。言われるままに二人で回転寿司に行くと、加奈子は奈穂子のことについて健太郎を質問攻めにしてきました。加奈子は昼の二人のキスを目撃していたのです。健太郎はこれまでに至った経緯を丁寧に説明しますが、加奈子は途中から酔っ払い酒乱と化してしまうのでした。

【転】- 箱入り息子の恋のあらすじ3

一方、奈穂子は母と一緒に健太郎と初めて出会ったときのことを振り返っていました。玲子もすっかり健太郎のことを気に入っており、健太郎に出会うきっかけを与えてくれたあの日の雨に二人は感謝していました。そして、奈穂子が玲子にこれまでの感謝を伝えると、玲子は奈穂子に正直に生きて欲しいと伝えるのでした。

ある日の休日、健太郎と奈穂子はデートに出かけることとなりました。コンタクトをつけ、いつもより洒落た格好で出かけて行く健太郎を、寿男とフミは温かい目で見守っていました。二人はジャズライブを楽しんだ後、公園を散策します。そこで、健太郎が得意のカエルの鳴き真似をし、続けて小さなカエルの鳴き真似を披露すると、奈穂子は口を大きく開けて笑いました。しかし、次にどこに行くかという話題になると、奈穂子は表情を固くしながら健太郎のことをもっと知りたいと求めてきました。健太郎はその言葉の真意を察し、ラブホテルへと奈穂子を連れて行きます。

ホテルのベッドで裸になった二人は互いの感触を確かめ合うように愛し合い始めました。しかし、健太郎にとっては初めての経験であるため、最後までうまく進めることができずにことは終わってしまいます。健太郎がそのことを謝ると、奈穂子は優しくその背中を抱き締めるのでした。

その後、玲子が待つ公園へと奈穂子を送り届けると、そこに奈穂子の父・晃が現れました。自分に内緒で男と交際していた上に、相手が健太郎と知って晃は激怒し、もう奈穂子に近寄らないよう健太郎にきつく言いつけます。健太郎は土下座して奈穂子との交際を認めてもらおうとしますが、晃はそんな健太郎に家族を支えることはできないと大声を浴びせました。この晃の心無い言葉に玲子は激怒し、日頃我慢していた感情を爆発させ始めました。口論を始めた晃と玲子は興奮するあまり奈穂子にぶつかり、奈穂子は道路に投げ出されてしまいました。ちょうどそのとき、道路には車が近づいており、奈穂子の危険に気づいた健太郎は奈穂子を救うため夢中で道路に飛び出しました。その結果、奈穂子には大きな怪我はなかったものの、その代わり健太郎が車に轢かれてしまいます。道路には健太郎の大量の血が流れ、玲子と晃は混乱し、奈穂子は状況を把握できずにいました。そこにちょうど強い雨が降り出し、健太郎の体に降り注いでいきました。

病院に搬送された健太郎は命に別状はないものの、たいへんな大怪我を負っていました。今回の事態に深く心を痛めたフミは、奈穂子に健太郎に近寄らないよう厳しい言葉をかけ、奈穂子はその言葉に泣く泣く従うことを決めます。その後、健太郎は意識を取り戻しますが、そのときにはすでに奈穂子は電話番号を変え、健太郎が連絡を取ることは不可能となってしまっていました。奈穂子との別れを静かに受け入れた健太郎は、また元の生活に戻ってしまいます。一方、フミはいまだに健太郎の交通事故のショックが忘れられず、菜穂子との交際に反対していました。そんなフミに、寿男は自分たちが子離れする必要性を説くのでした。

【結】- 箱入り息子の恋のあらすじ4

ある日の昼、健太郎は加奈子と休憩を取り、奈穂子と別れたことを報告しました。しかし、加奈子は奈穂子本人から別れを告げられていないことを指摘し、さらに一人で悲劇ぶっているときつい言葉を健太郎に浴びせます。それからまもなく、健太郎は思いがけない形で奈穂子と再会します。お昼休憩中に、街を一人で歩く奈穂子を目撃したのです。こっそり後を追っていくと、奈穂子は健太郎とかつて一緒に来た吉野家に入っていきました。健太郎も店に入ると、奈穂子は誰の補助も受けずおぼつかない手つきで牛丼を食べていました。何口か牛丼を食べると、奈穂子は静かに涙を流し始めました。遠くの席からそれを眺めていた健太郎も奈穂子との思い出が頭をよぎり、泣き出してしまいます。そして、心を決め「奈穂子さん!」と叫びましたが、そのときにはすでに奈穂子は店を出た後でした。急いでその後を追いかける健太郎。しかし、奈穂子はその後晃の車に乗ってしまい、健太郎は話しかけるタイミングを逃してしまうのでした。

その後、職場に戻ったものの、奈穂子のことが頭から離れない健太郎は突然大声で叫び出してしまいます。そして、課長に早退したい旨を伝え、奈穂子の住む家へと走り始めました。汗と砂埃にまみれながら走っているうちに日は沈んでしまい、奈穂子の家に着いた頃には夜となっていました。家の二階からは奈穂子が弾く「トロイメライ」の美しい旋律が流れており、健太郎は二階を目指して今井家への侵入を開始します。しかし、バルコニーの柱にまで登ったところまではよかったものの、健太郎はそこから先に進めなくなってしまいます。ここで、健太郎はかつて奈穂子に披露したカエルと小さなカエルの鳴き声を真似し始めました。一階にいる晃と玲子は本物のカエルの鳴き声と勘違いしていましたが、奈穂子は健太郎の声だと気づき、やがてバルコニーに登ろうとしている健太郎の存在に気づきます。健太郎は奈穂子の助けを借りて二階に上がることに成功し、二人は下にいる両親に気づかれないように小さな笑い声で再会を喜び合うのでした。

その後、二人は裸になり夢中で何度もキスをし、互いの愛を実感し合っていました。すると、前回とは打って変わってセックスが順調に進み、二人は思わず笑い声を漏らしてしまいました。すると、この笑い声に気づいた晃と玲子が部屋に入ってきました。裸の奈穂子と健太郎を見て晃は激怒し、何度も健太郎を殴りつけます。しかし、血だらけになっても健太郎は奈穂子を諦めるつもりはなく、晃の隙をついて奈穂子に接近しようと試みます。ところが、あまりにも勢いよく動いてしまったために健太郎は二階から落下してしまいました。晃と玲子が急いで下を見下ろすと、意識を失った全裸の健太郎が倒れていました。健太郎は再び病院のお世話になるのでした。

健太郎が入院している間、天雫家では寿男とフミが格ゲーを夢中でプレイし、子離れへの一歩を踏み出していました。そして、健太郎は入院中に点字の手紙を奈穂子に送っていました。健太郎からの心のこもった手紙を満面の笑顔で読む奈穂子の横顔を映しながら、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

不器用な男の恋愛をコミカルなタッチで描いた作品で、劇中は何度も爆笑させられるシーンが挿入されています。また、劇中にはラブシーンが二度登場しますが、夏帆の演技からは主人公をもっと理解したいという思いが強く感じられ、とても意味深いラブシーンに仕上がっていると思いました。

映画の感想を投稿する

映画「箱入り息子の恋」の商品はこちら