映画:終着の場所

「終着の場所」のネタバレあらすじと結末

終着の場所の紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は映画のほかに、CMやミュージックビデオなど様々な分野で活躍中の常盤司郎。製作は2017年、作品原案曲は三代目 J Soul Brothersの『花火』。

あらすじ動画

終着の場所の主な出演者

俊介(町田啓太)、加奈子(玄理)、加奈子の元同僚(柳英里紗)、電話の声(古舘寛治)

終着の場所のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 終着の場所のあらすじ1

東京。大きなホテルでボーイとして働く俊介は、ある雨の夜の仕事中に、慌てて館内から飛び出して来た女性・加奈子を見かけます。土砂降りに打たれたまま立ち上がることもできず、声を上げて泣く加奈子。女性が本気で泣いている姿を初めて見た俊介は、これ以上雨がかからないよう彼女の頭の上にそっと手を当ててやることで精一杯でした。このとき俊介は、加奈子に恋をします。突然の出会いでした。
それから2人は交際を始めます。

半年後。2人は遠距離恋愛を続けていました。
今度は一緒に花火を見ようと兼ねてから約束した2人は、いよいよ花火大会の日を迎えます。俊介は東京から下りの電車に乗り、地方に住む加奈子は地元の小さな駅から、1時間に1本しかない上り電車に乗り、互いに待ち合わせ場所へ向かいました。

【承】- 終着の場所のあらすじ2

実はこの日、俊介は加奈子にプロポーズをしようと考えていました。すでに指輪も用意していた俊介は、はやる気持ちを抑えられません。何度も加奈子にメールを送り、俊介は再会を心待ちにしていました。
メールで会話を続けていると、「私、あなたに話したいことがある」と加奈子から改まった内容のものが届きます。俊介はその後加奈子に返事を送り、いくつかの駅を通り過ぎますが、彼女からの連絡は途絶えてしまいました。

不安になった俊介は、加奈子とのこれまでのやりとりを振り返り、「本当に私でいいの?」と彼女に問われた時のことを思い出します。年上の加奈子との年の差や遠距離、加奈子に結婚歴があることを彼女が気にしていると思った俊介は、そんなことは気にしないと自分の気持ちを伝えていました。この時のことをきっかけにプロポーズすることを決めた俊介でしたが、さっきのメールを読んでからは、何か他に理由があるのではないかと考え始めます。

【転】- 終着の場所のあらすじ3

俊介が乗り換えの駅に降り立った時、着信先が不明の電話が鳴ります。無言で電話が切れた直後、今度はメールが送られてきました。驚くことにメールには、加奈子が乱れた様子でベッドに横たわり、見知らぬ男性と画面に収まる写真が添付されていたのです。続いて写真の男が再び俊介に電話をかけてきては「お前のせいで加奈子に冷たくされた」と怒声をあげて訴えました。事情を呑み込めない俊介は、ショックで頭を抱え込みます。

加奈子には娼婦だった過去がありました。ある時悪質な客に捉まり、たちが悪いプレイを強要されたうえに、仕事を辞めた今もしつこく付きまとわれていたのです。男は俊介の連絡先までつかみ、脅迫まがいの連絡をしてきたのでした。

【結】- 終着の場所のあらすじ4

その頃加奈子は乗り換えた電車のボックス席で、奇遇にも娼婦時代の同僚と相席になりました。毒舌の同僚は久々に会った加奈子に、遠慮もなくずけずけと物申してきます。「あんたのそういう曖昧な態度に、みんなが迷惑するんだよね」と。何も言い返せない加奈子を見透かしたように、同僚は語り続けます。「この仕事をしていると、体しか開けなくなった私みたいな人間と、まだ心が開けるあんたみたいな2種類のタイプがいる。真っ正直で幸せが掴めると思ってる?嘘をつき通さなきゃいけない時もあるんじゃないの?」との同僚の言葉は、加奈子の心を突き抜けました。

俊介から「行けなくなった」とメールが届きます。加奈子は必死に「ちゃんと話がしたい。信じて欲しい」と送りますが、俊介からの返事は「さようなら」でした。2人で見るはずだった花火は、加奈子は車窓から、俊介は立ち止まったままの駅から眺めることになりました。
翌朝。待ち合わせた駅でしょうか。俊介がたどり着くと、反対側のホームには駅で夜を明かした加奈子がいました。2人はホーム越しに会話を始めます。「全部聞いたよ」という俊介に、「私、あなたと幸せになりたい」と本心をぶつける加奈子。戸惑う俊介が何かを言おうとした時、電車が通り過ぎ、2人を隔てました。

みんなの感想

ライターの感想

遠距離恋愛、年上の彼女(年下の彼)、隠している過去、花火大会…。たくさんの人が自分の恋愛体験を重ねられる要素が多いのではないのでしょうか。
終着の場所とは、2人の新たな始まりのことを意味するのか、それとも本当に2人の最後の場所のことなのか。俊介の出した答えが気になって仕方がありません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください