映画:美しい絵の崩壊

「美しい絵の崩壊」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

美しい絵の崩壊の紹介:大親友の女性同士が、互いの息子と恋に落ちる。愛情の裏に生まれる苦悩や戸惑いを描いた濃密なラブストーリー。 2013年のオーストラリア・フランスの合作で、イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説『グランド・マザーズ』を大幅に脚色した。監督は『ココ・アヴァンシャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』のアンヌ・フォンテーヌ。R15+指定作品で、原題は『TWO MOTHERS』。

あらすじ動画

美しい絵の崩壊の主な出演者

リル(ナオミ・ワッツ)、ロズ(ロビン・ライト)、イアン (ゼイヴィア・サミュエル)、トム(ジェームズ・フレッシュヴィル)、ハロルド(ベン・メンデルソーン)

美しい絵の崩壊のネタバレあらすじ

【起】– 美しい絵の崩壊のあらすじ1

オーストラリアの海沿いの町で、幼い頃からいつも一緒にいたリルとロズ。大親友の2人は海に囲まれたこの町が好きで、互いに結婚しても入江に並ぶように家を建て、同じ年の男の子を授かりました。リルの息子・イアンとロズの息子・トムも親友同士で家族のように暮らし、イアンが父を事故で亡くした時も彼を励ましたのはトムでした。

やがて彼らは凛々しい青年となり、サーフィンする2人を見つめるリルとロズは“美しい作品を作った”と誇らしく思うのでした。

ロズの夫・ハロルドが、シドニー大学から演劇講師のオファーをもらい、トムの将来のためにも一家で都会へ移住したいと打ち明けます。ロズはこの町を離れるのが辛く、転居するには心の準備が必要で、まずはハロルドが単身赴任することになりました。

ハロルドは不在でも、リルやロズは今まで通り過ごしました。息子たちも伴い食事を共にした日。深酒したトムを介抱したイアンはロズの家に泊りました。リビングに1人でいたロズは、現れたイアンに突然キスされると抵抗もせず受け入れてしまい、体を重ねます。イアンは2番目の母とも呼べるロズに、いつしか恋心を抱いていたのでした。

深夜目覚めたトムは、イアンの部屋から出てくるロズを目撃します。衝撃を受けたトムは部屋には戻れず、早朝リルを訪ねました。当てつけるようにトムはリルにキスすると、「いけないわ」と彼女に拒まれます。動揺するリルにトムは、ロズとイアンの関係を伝えました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「美しい絵の崩壊」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×