「美しい絵の崩壊」のネタバレあらすじと結末の感想

美しい絵の崩壊の紹介:大親友の女性同士が、互いの息子と恋に落ちる。愛情の裏に生まれる苦悩や戸惑いを描いた濃密なラブストーリー。
2013年のオーストラリア・フランスの合作で、イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説『グランド・マザーズ』を大幅に脚色した。監督は『ココ・アヴァンシャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』のアンヌ・フォンテーヌ。R15+指定作品で、原題は『TWO MOTHERS』。

予告動画

美しい絵の崩壊の主な出演者

リル(ナオミ・ワッツ)、ロズ(ロビン・ライト)、イアン (ゼイヴィア・サミュエル)、トム(ジェームズ・フレッシュヴィル)、ハロルド(ベン・メンデルソーン)

美しい絵の崩壊のネタバレあらすじ

【起】- 美しい絵の崩壊のあらすじ1

オーストラリアの海沿いの町で、幼い頃からいつも一緒にいたリルとロズ。大親友の2人は海に囲まれたこの町が好きで、互いに結婚しても入江に並ぶように家を建て、同じ年の男の子を授かりました。リルの息子・イアンとロズの息子・トムも親友同士で家族のように暮らし、イアンが父を事故で亡くした時も彼を励ましたのはトムでした。
やがて彼らは凛々しい青年となり、サーフィンする2人を見つめるリルとロズは“美しい作品を作った”と誇らしく思うのでした。

ロズの夫・ハロルドが、シドニー大学から演劇講師のオファーをもらい、トムの将来のためにも一家で都会へ移住したいと打ち明けます。ロズはこの町を離れるのが辛く、転居するには心の準備が必要で、まずはハロルドが単身赴任することになりました。
ハロルドは不在でも、リルやロズは今まで通り過ごしました。息子たちも伴い食事を共にした日。深酒したトムを介抱したイアンはロズの家に泊りました。リビングに1人でいたロズは、現れたイアンに突然キスされると抵抗もせず受け入れてしまい、体を重ねます。イアンは2番目の母とも呼べるロズに、いつしか恋心を抱いていたのでした。
深夜目覚めたトムは、イアンの部屋から出てくるロズを目撃します。衝撃を受けたトムは部屋には戻れず、早朝リルを訪ねました。当てつけるようにトムはリルにキスすると、「いけないわ」と彼女に拒まれます。動揺するリルにトムは、ロズとイアンの関係を伝えました。

【承】- 美しい絵の崩壊のあらすじ2

トムの言葉を聞いたリルは、一日中狼狽します。そんな彼女を余所に、家に帰りたくないというトムが再びリルのもとに来たため、リルは彼の気持ちを汲んで泊めることにしました。就寝中トムがリルのベッドに来ますが、リルは背を向けたまま寝ます。しかし目覚めと共に、リルもトムとの一線を越えてしまいました。帰宅したトムは居場所をロズに問われ、「リルの家で母さんたちと同じことをしてた」と言い退けます。思わずトムの頬を叩いたロズですが、激しくうろたえました。
リルとロズは互いの行動を正直に認め合いますが、このまま続けてはダメだと念押しました。リルはイアンにもその旨を伝えますが「ロズを愛している」と堂々と宣言されてしまいます。たまらずイアンがロズに会いに行くと、ロズに“もう終わり”と突き放されます。それでもイアンが求めると、ロズは彼の愛に応えてしまうのでした。一方、リルとトムも同様に関係を続けていました。

ハロルドが2週間ぶりに一時帰宅し、トムに恋人ができたのだと気付きました。ハロルドは家族での転居を説得しようとしますが、母子共にこの町を離れられない理由があるとロズは言い切り、移住を断りました。ハロルドは独り家を出ます。

【転】- 美しい絵の崩壊のあらすじ3

2年後。イアンはリルの会社で働き始め、トムは地元の演出家に師事していました。友情も変わらなければ、リルやロズとの恋人関係も続いています。
ハロルドから舞台演出の機会をもらったトムは、1ヶ月ほどシドニーに滞在することになります。ハロルドは若い妻と再婚し、新たな子供を授かっていました。残されたリルは不安な気持ちで落ち着かず、そんな彼女をロズやイアンが励まします。ところがリルの予感は的中し、トムは主演女優のメアリーと浮気しました。

程なくしてトムが戻って来ます。彼の21才の誕生パーティが開かれ、ハロルドはサプライズでシドニーからメアリーも連れて来ました。メアリーと対面したリルは、彼女がどんな存在なのかすぐに察します。パーティ後、トムがメアリーをホテルに送ると言うので、リルは嫌味を言うものの強く引き止めませんでした。結局トムはその夜ホテルから戻って来ず、「身を引く時が来た」とリルは泣き明かします。慰めるロズはリルと2人で現実に立ち向かうために、自分もイアンとの別れを決意しました。しかしロズの答えを受け入れられないイアンは、彼女を許すことができませんでした。

トムとメアリーの結婚式の日。二次会でハナという女の子と踊るイアンを見たロズは、内心嫉妬します。本当はロズが気になって仕方がないイアンは、彼女に見せつけるようにハナと部屋へ消えました。しかしやるせなくなったイアンは、明け方縋るようにロズの家を訪れます。心を鬼にしたロズは、彼を家に入れませんでした。
やけになったイアンは荒天のなか波乗りし、大けがをします。イアンに思いを寄せていたハナは献身的にリハビリに付き添い、2人は交際を始めます。それでもイアンの心にいるのはロズでした。気持ちに嘘がつけないイアンはハナと別れるつもりでしたが、ハナの妊娠が判明します。

【結】- 美しい絵の崩壊のあらすじ4

イアンとハナは女の子を授かり、トム夫妻も女の子に恵まれ、祖母になったリルとロズと共に、新たな形での家族ぐるみでの交流が続いていました。
イアンもトムもこの町に残りましたが、トムやメアリーは公演で各地を転々とする日々を送っており、久々にみなで集まった日。リルは夕食を共にせず1人で家に帰りました。飲み過ぎたトムは、酔い覚ましに散歩してくると嘘をつき家を出て、向かったのはリルの家でした。実はトムの結婚後すぐに、2人の関係が復活していたのです。不穏に思ったイアンが実家に向かうと、リルとトムが愛し合っているのを目撃しました。2人の隠れた関係に激高したイアンは、ハナやメアリーの前で真実を激白します。その結果ロズとイアンの関係も知れてしまい、ハナとメアリーは子供を連れて家を出て行きました。

その後もリルとロズの友情は崩れることもなく続いています。リルの隣にはトムが、ロズの隣にはイアンがいました。

みんなの感想

ライターの感想

非常に濃厚な内容で、いろいろなことを考えさせられました。
邦題からすると、両家が大崩壊…と予想してしまいますが、意外にもさほど崩れないのです。あんな関係になっても、リルとロズの友情が壊れないのは、背徳感を共有しているからなのか、真の友情なのか…。4人が合意しているのだから、人を傷つけるくらいならば、それぞれの関係を続けるのが一番幸せなのではないか…と感じてしまいました。万が一身近な人が彼女たちのような恋をしていたら、身震いしちゃいますが(苦笑)
それでも登場人物の不安や嫉妬などの心情が、台詞以外の仕草や表情で細かく伝わる演出は素晴らしかったです。4人は今後どうなるのかと想像させられる終わり方も、やはりフランス人監督だなぁと感じました。
たまにはこれくらいこってりしたラブストーリーもいいものですね。たまには、ですが。

映画の感想を投稿する

映画「美しい絵の崩壊」の商品はこちら