映画:美女と野獣 (2017年)

「美女と野獣 (2017年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

美女と野獣 (2017年)の紹介:2017年製作のアメリカのミュージカルファンタジー作品で、1991年製作の同名のディズニーアニメ映画を実写化したラブロマンス。監督を務めたのは「ドリームガールズ」や「シカゴ」で知られるビル・コンドンで、進歩的な考えを持つヒロインをエマ・ワトソンが演じた。フランスの田舎町に住む娘が古城に住む野獣と出会い、やがて愛を深めていく。

あらすじ動画

美女と野獣 (2017年)の主な出演者

ベル(エマ・ワトソン)、野獣(ダン・スティーヴンス)、ガストン(ルーク・エヴァンズ)、モーリス(ケヴィン・クライン)、ル・フウ(ジョシュ・ギャッド)、ルミエール(ユアン・マクレガー)、コグスワース (イアン・マッケラン)、ポット夫人(エマ・トンプソン)、チップ(ネイサン・マック)、マダム・ド・ガルドローブ(オードラ・マクドナルド)、マエストロ・カデンツァ(スタンリー・トゥッチ)、プリュメット(ググ・バサ=ロー)、アガット(ハティ・モラハン)

美女と野獣 (2017年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

舞台はフランスの近世。ある城に美しいものを愛する若く傲慢な王子が住んでいた。王子は夜な夜な豪華絢爛なパーティを城で開き、人々は美しいピアノとアリアの旋律に乗りながら華麗なダンスを踊っていた。そんなある日、激しい嵐の中一人の醜い老婆が城を訪れ、王子に慈悲を求めこう言った。「寒さをしのがせてくださったら、一輪のバラを差し上げましょう」。しかし、王子は老婆に慈悲を示すどころか、招待客とともに老婆を笑い、その願いを断ってしまう。すると、老婆はたちまち姿を変え、まばゆい光に包まれた美しい魔女へと姿を変える。招待客が老婆の変貌に恐怖し逃げる中、魔女は王子と召使いたちと城に恐ろしい呪いをかける。王子は角が生え厚い体毛に覆われた恐ろしい野獣に、召使いたちは皆家財道具に姿を変えられ、美しかった城の装飾は黒色の恐ろしいものへと変えられ、城は年中雪に閉ざされるようになってしまう。魔女は城を去る前に、野獣に魔法がかけられた品々を置いていく。それは、見たいと望むものの現在の姿を映し出す魔法の鏡、行きたいと望む場所へと連れて行く魔法の本、そして一輪の赤いバラの三つだ。この赤いバラが散ってしまえば、呪いを解くことは永遠にかなわなくなってしまう。呪いを解く方法は傲慢な王子が誰かを愛し真実の愛を知ることだが、深い雪に閉ざされた城を訪れる女性は一向に現れず、バラの花びらは少しずつ散って行くのだった。

【起】– 美女と野獣 (2017年)のあらすじ1

王子が野獣に姿を変えられてから時が経ち、バラの花びらも残り数枚となったときのこと。城からそれほど遠くない田舎の村にベルという名の美しい娘が住んでいました。無類の本好きで外の世界に興味を持つベルは、保守的な村の中では変わり者扱いをされていました。同年代の娘たちはそろそろ結婚を考えているというのに、ベルはオルゴール職人の父モーリスと愛馬のフィリップと暮らす日々を続けていました。そんなベルにしつこく言い寄るのは、美男子ではあるものの極度の自惚れ屋のガストン。村の女たちはガストンにぞっこんでしたが、ベルは粗野で乱暴者のガストンにうんざりしていました。

そんなある日、父モーリスが愛馬のフィリップとともに行商に出かけることとなりました。ベルはお土産に大好きなバラの花をねだり笑顔で父を送り出しますが、翌日家に帰ってきたのはフィリップだけでした。父を心配するベルはすぐにフィリップにまたがり父を追いますが、たどり着いたのは6月だというのに雪と氷に覆われた古城でした。恐る恐る真っ黒な場内に入ったベルは、牢に閉じ込められた父の姿を見つけました。すると、暗闇の中から城の主と思しき人物が現れましたが、その正体は恐ろしい姿をした野獣でした。その姿に一瞬驚いてしまうベル。野獣の話によれば、父モーリスは城のバラを盗もうとしたといいます。モーリスはベルのお土産のためにバラを摘もうとしたのです。事の経緯を知ったベルは父の身代わりに牢に入ることを決め、自由の身になったモーリスは村の人々に助けを呼ぶために急いで城を後にするのでした。

野獣はそんな父娘の姿に呆れすぐに姿を消してしまいましたが、囚われの身となったベルの前には家財道具となった召使いたちが現れ、すぐにベルを牢から解放し客室へと案内しました。言葉を話す道具たちにひどく驚いたものの、彼らの心からのもてなしにベルは徐々に笑顔を取り戻していきました。金の燭台のルミエール、置き時計のコグスワース、ティーポットのポット夫人とその息子でティーカップのチップ、羽ほうきのプリュメット、洋服タンスのマダム・ド・ガルドローブ、その夫でハープシコードのカデンツァ…ベルを手厚くもてなす一方で、彼らはベルこそが呪いを解く運命の女性と考えていました。

燭台のルミエールは早速ベルと夕食をともにするよう野獣を説得しますが、野獣の乱暴な誘いにベルは拒否感を示し、飢えた方がマシとまで言い切ってしまいます。ポット夫人に「ご主人様を見た目で判断しないで」となだめられるものの、ベルはどうしても野獣の乱暴な態度に耐えられずにいました。結局、ベルは一人で夕食を食べることになりましたが、そこでもルミエールらはベルに最高のもてなしをしようとテーブルで豪華絢爛な踊りと歌を披露します。ベルはハイテンションな召使いたちのもてなしに再び笑顔を見せるのでした。

夕食後、召使いたちから近づかないように言われている塔にベルは好奇心から行ってしまいます。その塔はベルの部屋がある塔よりもさらに闇に包まれ古ぼけていましたが、ベルはそこでガラスケースに入れられた一輪の赤いバラを見つけます。その美しさにベルが見とれていると、そこに野獣が現れ無断で塔に立ち入ったベルに激しい怒りをぶつけてきました。あまりにも乱暴すぎる野獣の態度に堪え兼ね、ベルはフィリップに乗って城を出て行ってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「美女と野獣 (2017年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×