映画:覗かれたい女視線のエロス

「覗かれたい女視線のエロス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

覗かれたい女 視線のエロスの紹介:興味を抱いた女性の部屋に侵入することを楽しみにする青年と、彼をひそかに観察する女性との不思議な交流を描いていく。2019年メキシコ製作。

あらすじ動画

覗かれたい女視線のエロスの主な出演者

フリオ(ホセ・メレンデス)、マラ(フロレンシア・リオス)、ソフィア(ヨハンナ・ムリーヨ)

覗かれたい女視線のエロスのネタバレあらすじ

【起】– 覗かれたい女視線のエロスのあらすじ1

覗かれたい女視線のエロスのシーン1

画像引用元:YouTube / 覗かれたい女視線のエロストレーラー映像

物語の舞台はメキシコ。

クリーニング店で働く青年フリオは孤独な日々を送っていました。

フリオには仲のいい友達や同僚はおらず、上司や大家からは変人扱いされ、両親とも疎遠になっていました給料は安く、常に家賃の支払いに追われていましたが、フリオは今の環境で静かに暮らそうと考えていました。

一見、寂しい人生を送っているかに見えるフリオでしたが、彼にはある楽しみがありました。

それは、クリーニング店で見かけた魅惑的な女性の家に忍び込み、そこで一人時を過ごすことでした そんなある日、赤いドレスのクリーニングを頼んだソフィアという美しい女性の姿がフリオの目にとまります。

フリオは早速休憩時間を利用してソフィアが留守にしている間に彼女の部屋に侵入しました。

彼女の口紅跡が残る食器に口をつけたり、ベッドの上で昼ご飯を食べたりと、フリオは思い思いの時間を過ごしました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「覗かれたい女視線のエロス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×