映画:軽蔑

「軽蔑」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

軽蔑の紹介:欲望の赴くままに生きる男と、ジェットコースターみたいなその生き様をまるごと愛した女。刹那的で破滅的で退廃的な恋物語。文豪・中上健次の名作を、高良健吾と鈴木杏が現代に蘇らせた。

あらすじ動画

軽蔑の主な出演者

カズ(高良健吾)、真知子(鈴木杏)、山畑(大森南朋)、マダム(緑魔子)、カズの父親(小林薫)、カズの母親(根岸季衣)、カズの叔父(田口トモロヲ)

軽蔑のネタバレあらすじ

【起】– 軽蔑のあらすじ1

新宿歌舞伎町の踊り子真知子と、地方の旧家の一人息子として生まれながら、遊び人暮らしをしていたカズ。

出会い、そして熱烈に魅かれあったふたりは、都会暮らしを精算して、カズの故郷に帰って新しい生活を始めます。

しかし、放蕩息子だったカズに対する親族や周囲の視線はきびしく、踊り子上がりの真知子との仲は認めてもらえません真知子のために、カズは真面目に働きだしますが、町中の人間からぶしつけな好奇の視線が浴びせられ、二人はそれぞれ生き難さに直面していきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「軽蔑」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×