映画:近キョリ恋愛

「近キョリ恋愛」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

近キョリ恋愛の紹介:2014年公開の日本映画。ツンデレ教師と女子高生の恋を描いた、みきもと凜の同名コミックを山下智久主演で映画化したラブストーリー。天才だが英語だけが苦手な女子高生のゆにと、毒舌な英語教師ハルカが禁断の恋に落ちる様子を描く。

あらすじ動画

近キョリ恋愛の主な出演者

櫻井ハルカ(山下智久)、枢木ゆに(小松菜奈)、的場竜(小瀧望)、名波菊子(山本美月)、滝沢美麗(水川あさみ)、明智数馬(新井浩文)、佐藤咲(佐野和真)、吉田芽衣(古畑星夏)

近キョリ恋愛のネタバレあらすじ

【起】– 近キョリ恋愛のあらすじ1

枢木(くるるぎ)ゆには成績が常に学年1位の優秀な女子高校生ですが、英語だけは唯一苦手な教科でした。

ゆには感情が表情に出ない少女で、周りからクールと思われています。親友・ナミだけは長い付き合いで、ゆにの感情が理解できました。

ある時ゆには、超男前で女子生徒に大人気の英語教師・櫻井ハルカに、放課後の補習を言い渡されます。毎日16時に教室に来いと言われました。

ハルカはゆに用に特別教材を作っていました。ゆには構文を5回ずつノートに書き写します。用意されたCDを言われるまま聞いているうちに、少しずつ英語の点数が上がりました。

補習を快く思わないハルカのファンの芽衣がゆにを体育用具室に閉じ込めました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「近キョリ恋愛」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×