映画:隣の女(1981年)

「隣の女(1981年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラブストーリー

隣の女の紹介:1981年のフランス映画。巨匠フランソワ・トリュフォーの晩年の作品で、激しい愛と葛藤の物語。家族と平和に暮らしていたベルナールの隣の家に、かつての恋人だったマチルドが夫と共に越してくる。背徳感を感じながらも、互いの伴侶に隠れて求め合うベルナールとマチルドだったが、次第に正気を失っていく…。

あらすじ動画

隣の女(1981年)の主な出演者

ベルナール・クードレー(ジェラール・ドパルデュー)、マチルド・ボーシャール(ファニー・アルダン)、フィリップ・ボーシャール(アンリ・ガルサン)、アルレット・クードレー(ミシェール・ボームガルトネル)、ジューブ夫人(ヴェロニク・シルヴェル)、ロラン(ロジェ・ヴァン・オール)

隣の女(1981年)のネタバレあらすじ

【起】– 隣の女(1981年)のあらすじ1

フランス・郊外の閑静な街。

油槽船の研究所に勤める32歳のベルナール・クードレーは、28歳の妻アルレット、愛息トマと3人で穏やかに暮らしていました。つい庭で愛し合ってしまうほど夫婦仲はよく、順風満帆な家庭を築いています。

ある日のこと。ベルナールの家の隣の空き家に、航空管制官として働く初老のフィリップ・ボーシャールが越してきます。転居前の下見の際に、1度だけクードレー夫妻と顔を合わせていたフィリップは、彼らに自慢の妻を紹介しました。フィリップよりもだいぶ若く美しい妻マチルドは、ベルナールの顔を見て一瞬膠着すると、何か秘密を抱えたような表情で微笑みを浮かべました。

隣同士2軒のそれぞれの窓からは、互いの家の様子がよく見えます。アルレットが外出するのを目視したマチルドは、ベルナールに電話をしました。実は8年ほど前、2人は恋人同士だったのです。予期せぬ再会に喜んだマチルドは、電話をしてほしいと彼に乞いました。それに対しベルナールは嫌悪感を示し、すげなく電話を切ります。元恋人とのまさかの体面に、ベルナールは心穏やかではいられません。ところがボシャール夫妻に好感を抱いたアルレットは、何も知らないがゆえに夫妻を夕食に招く約束を交わしていました。

翌日の夕方、ベルナールはよく行くテニスコートにいました。マチルドに顔を合わせたくないベルナールは家に電話を入れると、“残業中”だと嘘をつきます。その会話を聞いていたコートの経営者のジューブ夫人が、ベルナールの心境を見計らって話を聞いてくれました。ジューブ夫人もまた、若い頃に恋人が他の女性と結婚したと知り、飛び降り自殺を図って失敗した経験がありました。その影響で、現在も右脚が不自由です。そんな体験をしたジューブ夫人だからこそ、一筋縄では行かないといった状況のベルナールを思いやって話しかけたのです。結局ベルナールは夕食会をすっぽかし、深夜に帰宅しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「隣の女(1981年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×