映画:髪結いの亭主

「髪結いの亭主」のネタバレあらすじと結末

ラブストーリー

髪結いの亭主の紹介:1990年制作のフランス映画。セザール賞に7部門ノミネートされ、日本で最初に公開された『仕立て屋の恋』などの監督パトリス・ルコントの作品で、監督の名を日本に知らしめた作品。

あらすじ動画

髪結いの亭主の主な出演者

アントワーヌ(ジャン・ロシュフォール)、マチルド(アンナ・ガリエナ)、アントワーヌの父(ローラン・ベルタン)、アンブロワーズ・デュプレ〔イジドル・アゴピアン〕(モーリス・シェヴィ)、シャルドン(ジャック・マトゥ)、シェーファー夫人(アンヌ=マリー・ピザニ)

髪結いの亭主のネタバレあらすじ

【起】– 髪結いの亭主のあらすじ1

フランス北西部にある、ドーヴィル。

海岸沿いの家に住む12歳の少年・アントワーヌは、床屋の空間が大好きでした。

床屋全体に漂う、ひげそりに使う泡立てたシャボンの香り。床屋で応対してくれるシェーファー夫人の体臭。自分の髪の毛にやさしく触れてくれるその手…。

床屋でのひとときは、少年・アントワーヌの心をときめかせ、そして少しエロティックなムードが漂う空間でした。

ある日、通りがかりに店を覗いたアントワーヌは、憧れのシェーファー夫人が暑さのために床屋の白衣のボタンを少し多く開いて、胸に空気を送り入れているのを見て、究極に興奮します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「髪結いの亭主」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×