「BALLAD 名もなき恋のうた」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

映画「BALLAD 名もなき恋のうた」の感想

  • 天鳥そらさんの感想

    アニメクレヨンしんちゃんが実写化!という話に驚いたものの、アニメの作品でも涙した作品だったので納得しました。戦国時代と現代との価値観はずいぶん違います。想い合う二人が一緒になってほしいと思っても、自分の大切な人が無事に生きていてほしいと思っても、どんなに願っても叶わないことがある。戦乱の世の中でなおかつ小国の合戦です。クレヨンしんちゃんだからといって、ギャグで終わらせずリアルな部分を描いたからこそ多くの人を揺さぶった作品でしょう。実写化するにあたって、10歳の少年としてしまったのが惜しいような気がします。

  • 蚊帳の外さんの感想

    クレヨンしんちゃん戦国大合戦を原作とする時代劇SF作品。おバカなしんのすけはコミュニケーションが苦手な少年となり、コミカルだったシーンも(わかりやすい所では、大軍の敵兵の中を自動車で乗り込むシーン)かっこよくなり、ラストは一つ…でも大きく成長した少年の姿で〆る。なんとなく「世にも奇妙な物語」の様な印象が拭いきれないけれど、小学校でたまにある「全校生徒で体育館で行う映画鑑賞」としても使えそうな出来栄え。あのラストの少年の表情に全てが集約されている。
    ただし…仕方ないのかも知れないが、やたら「原作はクレヨンしんちゃん〜」を推していたので色眼鏡で見られがちで、「作品内容<話題作り」な印象が強い。決してB級ではないのに興行が芳しくなかったのはそこにあるのかも知れない。

1 2 3 4 5

「BALLAD 名もなき恋のうた」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×