ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

不機嫌な果実の紹介:1997年製作の日本映画。夫とのセックスに満たされない欲望を、不倫を重ねることによって満たしていこうとする現代女性の姿を描いた官能ドラマ。監督は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」で脚本を担当した成瀬活雄で、これが監督デビュー作となる。林真理子による同名ベストセラー小説を、「失楽園」の筒井ともみが脚色。撮影を「Lie lie lie」の藤澤順一が担当している。主演は「OL忠臣蔵」の南果歩と「狼の眼」の鈴木一真。石田ゆり子・岡本健一主演によるTBSのテレビ・ドラマ版との競作も話題となった。成人指定。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヒョンスンは音楽で成功するという夢があったが、夢だけでロクな稼ぎもなく7年間一緒に暮らし恋人に愛想をつかされ出ていかれてしまう。 悶々とした暮らしを送っていたヒョンスンはある日、ある女性から艶めかしいPS(フォンセックス)電話を受け・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
恋愛シミュレーションゲームプランナーの妄想女子・莉子は、クライアントであり女心が全く分からない社長の黒川とは意見の隔たりが激しかったが、黒川の恋のお手伝いをするうちに、いつの間にか二人は惹かれ合っていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヲタクに恋は難しいの紹介:2020年製作の日本映画。オタクカップルの恋の行方を描いた人気コミックを、高畑充希&山﨑賢人の共演で映画化。26歳のOL、桃瀬成海は、転職先の会社で幼馴染の二藤宏嵩と再会。“ヲタバレ”で失恋したばかりの成海は、ゲームオタクの宏嵩から提案を受け、交際をスタートするが……。監督は「銀魂2 掟は破るためにこそある」の福田雄一。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
詐欺で服役していた美女、ヨンジュ。出所した彼女は姉の結婚式に参加するため列車に乗るが、ヒチョルという青年が婚約指輪をヨンジュの足の間に落としてしまったと話しかけてきた。またスリに間違われたくないヨンジュはなんとか誤解を解こうとするが、運がうまく味方しなくって...。2004年劇場公開の韓国ラブコメディー。主演はキム・ハヌル。ペ・ヒョンジュン監督。115分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
劇場版 わたしに××しなさい!の紹介:2018年製作の日本映画。遠山えまによる同名コミックを原作に「PとJK」の玉城ティナ×「曇天に笑う」の小関裕太のW主演で実写化。とある秘密を握られたことで雪菜から恋のミッションを受け続けることになった学園一のモテ男・時雨。その過激ミッションは次第にエスカレートし……。共演は「恋と嘘」の佐藤寛太、「ミスミソウ」の山田杏奈、「ナラタージュ」の金子大地。脚本を「真白の恋」の北川亜矢子、音楽を「インストール」のRita-iotaが担当。監督・脚本は「グッモーエビアン!」「猫なんかよんでもこない。」の山本透。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:マリー・ミー
マリー・ミーの紹介:2022年4月22日公開のアメリカ映画。スーパースターと平凡な教師の恋を描くラブストーリー。世界的歌姫カットは大観衆の前で新曲披露と挙式をライブ配信する予定だった。しかし、本番直前に婚約者の浮気が発覚。失意のまま登壇したカットは、たまたま客席にいたチャーリーに突然プロポーズする。出演は、「ハスラーズ」のジェニファー・ロペス、「ワンダー 君は太陽」のオーウェン・ウィルソン。監督は、「ウソはホントの恋のはじまり」のカット・コイロ。原作は、ボビー・クロスビーのグラフィックノベル『Marry Me』。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年に制作されたセルビア映画。監督は「マラドーナ」や「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」などのエミール・クストリッツァ。本作では主演も務めている。共演に「マトリックス」シリーズや「009スペクター」などのモニカ・ベルッチ。 変わり者のコスタは戦場の村で兵舎へ牛乳を運ぶ仕事をしている。コスタのことを好きな明るい美人な女性ミレナや村人たちといい関係を築いている。ある日、ミレナが戦場から帰ってくる自分の兄のためにと施設から花嫁となるイタリア人の美女を連れてくる。花嫁はコスタの視線も釘付けにしてミレナの嫉妬を買う。兄と花嫁、自分とコスタのW結婚式を画策しているミレナだが、花嫁を探しているイギリス人の将校が釈放されたという知らせが入る。ある日、停戦の知らせが入った村に、黒尽くめの男たちが襲撃を仕掛けてくる。ミレナと、ミレナの兄のジャガも火炎放射器で焼かれ黒焦げの死体となっている中、井戸の底に花嫁を見つけるコスタ。花嫁を連れて二人の逃亡が始まる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ラブストーリーズ コナーの涙
小さなレストランを経営するコナーは、ある出来事がきっかけとなり妻エリナーとの関係がぎこちなくなってきていた。そんな時エリナーはコナーの前から忽然と姿を消してしまう。 なぜエリナーが自分の前から去ってしまったのか、彼女と元通りの生活を取り戻したいコナーは彼女に付きまとうようになり・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ピアニスト(2001年)の紹介:2001年製作のフランス映画。2001年のフランスのドラマ映画。監督はミヒャエル・ハネケ、出演はイザベル・ユペールとブノワ・マジメルなど。性的に抑圧されて育ったために屈折した性の欲望を肥大化させてしまったピアノ教師の中年女性と年下の美青年の間で繰り広げられるすれ違いの恋をめぐるドラマを生々しく赤裸々なタッチで描いている。原作はエルフリーデ・イェリネクの小説『Die Klavierspielerin(ピアニスト)』。2001年5月に開催された2001年のカンヌ国際映画祭にて審査委員グランプリ、男優賞、女優賞の3つを受賞した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
豊田悠による日本の漫画を原作にドラマ化され大ブームになった作品の映画化、原作は累計販売部数200万部を突破している。童貞のまま30歳を迎えたサラリーマン、安達は「触れた人の心や読める」という魔法を手に入れてしまった。同期のイケメン、黒沢に触れると心に響いてきたのはなんと足立への切ない恋心であった...。両思いになったが、安達が長崎へ転勤が決まってしまう...。主演はドラマ版と同じく赤楚衛二と町田啓太。風間太樹監督、104分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ロリータ(1997年)の紹介:1999年公開のアメリカ映画。中年の仏文学者が12歳の娘を愛するあまり義理の父となり、ふたりで放浪する様を描いたインモラルな愛のドラマ。原作はロリータ・コンプレックスという言葉を生んだウラディーミル・ナボコフの同名小説。62年にスタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ、スー・リオン主演による映画化に続く、2度めの映画化。米国では1年半の間公開が見送られていたが、98年秋に小規模公開された。監督は「危険な情事」「幸福の条件」のエイドリアン・ライン。脚本は『ザ・ニューヨーカー』や『ヴァニティ・フェア』誌で活躍するジャーナリストで、これが初の映画脚本となるスティーヴン・シフ。製作は「スターゲイト」のマリオ・カサールとジョエル・B・マイケルズ。撮影はハワード・アサートン。音楽は「Uターン」のエンニオ・モリコーネ。美術はジョン・ハットマン。編集はジュリー・モンローとデイヴィッド・ブレナー。衣裳は「プラクティカル・マジック」のジュディアナ・マコフスキー。出演は「仮面の男」のジェレミー・アイアンズ、これが映画デビューとなり、本作のあと「フェイス/オフ」に出演したドミニク・スウェイン(撮影時は15歳)、「疑惑の幻影」のメラニー・グリフィス、「エディー 勝利の天使」のフランク・ランジェラほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
引っ込み思案の性格のせいで友達がいなかった春野美月は、高校入学を機に積極的に友達を作ろうとするが空回りして上手く行かない。そんな時バイト先のカフェにバスケ部のイケメン四天王と呼ばれる4人組がやって来て美月の人生が動き出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
愛人/ラマンの紹介:1992年製作のフランス&イギリス合作映画。15歳の少女と中国人青年の愛人関係を描く、マルグリット・デュラス原作の自伝的ベストセラー小説の映画化。監督は「子熊物語」のジャン・ジャック・アノー、製作は同作のクロード・ベリ、脚本はアノーとやはり「子熊物語」のジェラール・ブラッシュの共同、撮影はロベール・フレス、音楽は「カミーユ・クローデル」のガブリエル・ヤーレが担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×