ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(49ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

映画:銀座の恋の物語
銀座の恋の物語の紹介:1962年公開の日本映画。その前年に同名の石原裕次郎と牧村旬子によるデュエット曲が発売され、売り上げが300万枚を超えるミリオンセラーとなった。この曲はいまなおカラオケなどの定番曲として知られている。 ネタバレを読む
映画:いつか読書する日
いつか読書する日の紹介:2000年度ベルリン映画祭にて、日本人初の新人監督賞受賞という快挙を成し遂げた「独立少年合唱団」の緒方明監督作品。主演に田中裕子と岸部一徳を迎え、不器用な大人の恋を美しい映像で綴る。 ネタバレを読む
映画:電車男
電車男の紹介:2005年公開の日本映画。インターネットの電子掲示板への書き込みを基にしたラブストーリーで、名称は投稿した人物のハンドルネームに由来する。ネットで生まれた感動の物語として単行本化、映画化され話題を呼んだ。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:失楽園
失楽園の紹介:1997年公開の日本映画。渡辺淳一の同名小説を原作とする。不倫を主題としたこの作品は当時話題を呼び、映画化以外にテレビドラマ化もされ『失楽園』というタイトルが流行語にもなった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:おはん
おはんの紹介:1984年公開の日本映画。宇野千代の同名の作品を原作とする。第8回日本アカデミー賞優秀作品賞をはじめ多くの賞を受賞し、また日劇東宝(現・TOHOシネマズ日劇・スクリーン2)のオープニング上映作品となった。 ネタバレを読む
映画:ビフォア・サンセット
ビフォア・サンセットの紹介:2004年公開のアメリカ映画。1995年の映画『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』の続編にあたる。2013年にはさらに、映画の三作目にあたる『ビフォア・ミッドナイト』が公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)の紹介:1995年公開のアメリカ映画。2004年に続編の『ビフォア・サンセット』が公開され、2013年には三作目にあたる『ビフォア・ミッドナイト』が公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:黄泉がえり
黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:夜霧よ今夜も有難う
夜霧よ今夜も有難うの紹介:1967年の日本映画。アメリカ映画「カサブランカ」(1942年作 ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン・主演)を翻案して、石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演により映画化した名作。同名の主題歌もヒットした。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:いつも2人で
いつも2人での紹介:1967年制作のイギリス映画。スタンリー・ドーネンが監督を務める。12年間にわたる一組の夫婦を、時間を交差させながら描かれたもので、時代によって異なる愛車を手がかりに見ていくと分かりやすい。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:きみがぼくを見つけた日
きみがぼくを見つけた日の紹介:タイムトラベルする能力を持つ男とその妻となる女性との純愛物語。アメリカで大ベストセラーとなった「The Time Traveler's Wife」が原作。製作総指揮にはブラッド・ピットもいることで話題となった。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:プリティ・ブライド
プリティ・ブライドの紹介:1999年制作のアメリカ映画。ゲーリー・マーシャル監督。「プリティ・ウーマン」で共演したリチャード・ギアとジュリア・ロバーツが再共演した作品ではあるが、本作と「プリティ・ウーマン」との関連性はない。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×