映画:Paradise Kiss パラダイス・キス

「Paradise Kiss パラダイス・キス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ラブストーリー

パラダイス・キスの紹介:2011年公開の日本映画。矢沢あいの同名コミックの原作ストーリーを再現しながらも、ラストシーンは映画オリジナルとなっている。キャッチコピーは「自分の可能性を信じなきゃ何も始まらない。」

あらすじ動画

Paradise Kiss パラダイス・キスの主な出演者

早坂紫(北川景子)、小泉譲二(向井理)、徳森浩行(山本裕典)、山本大助〔イザベラ〕(五十嵐隼士)、櫻田実和子(大政絢)、永瀬嵐(賀来賢人)、麻生香(加藤夏希)、まどか(かでなれおん)、如月星次(平山浩行)、小泉雪乃(高橋ひとみ)、二階堂譲一(小木茂光)、早坂保子(羽田美智子)

Paradise Kiss パラダイス・キスのネタバレあらすじ

【起】– Paradise Kiss パラダイス・キスのあらすじ1

早坂紫(ゆかり)は、都内でも有名な進学校・清栄学園高等部に通う高校3年生です。

紫は高校入学時から3年間片思いしている相手・徳森と親しく会話を交わしても、恋は進展していません。また受験勉強しても成績は伸び悩んでおり、第一志望への合格は難しいと言われていました。

母・保子からも過干渉を受ける紫は、退屈で刺激のない生活のすべてに嫌気がさしています。そんな折、紫はある青年・嵐に声をかけられました。

ナンパと勘違いした紫は嵐から逃げますが、貧血を起こして倒れます。アトリエで意識を取り戻した紫は、ナンパではないことを知りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「Paradise Kiss パラダイス・キス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×