映画ネタバレあらすじを4,619件掲載中です

ハードキャンディ(2006年)の紹介:2006年公開のアメリカ映画。日本で起きたオヤジ狩り事件にヒントを得た、衝撃的なサスペンス。謎めいた少女とはるか年上の男の危うい駆け引きが、密室的な空間でスリリングに展開する。『ハードキャンディ』(Hard Candy)とは、「勃起した男性器」を意味するスラング(俗語)。

ネタバレを読む

モーターサイクル・ダイアリーズの紹介:伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの旅行記「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」を基にした青春映画。旅を通してゲバラが自らの歩むべき道を見出していく姿を描く。日本公開は2004年。

ネタバレを読む

V/H/S シンドロームの紹介:2012年製作のアメリカ映画。新進気鋭の監督たちが結集したオムニバスホラー。ある屋敷に不法侵入した若者たちが、そこに置かれていたVHSテープを再生していくというファウンドフッテージのスタイルのもと、恐怖と怪奇のエピソードが次々と映し出されていく。

ネタバレを読む

パージの紹介:2013年製作、2015年日本公開のアメリカ映画。1年に一晩だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる法律“パージ法”が存在する世界を舞台にしたエクストリーム・スリラー。殺人のターゲットの男を匿ってしまった家族の運命を描く。

ネタバレを読む

タイガー・ハウスの紹介:2015年公開のアメリカ映画。『メイズランナー』に出ていたカヤ・スコデラーリオ主演のサスペンスアクション。ケリーはマークの誕生日を祝うため、彼の家へと忍び込んだが、その時、階下から不審な物音と叫び声が聞こえる。様子を見に行ったマークも帰って来ない。その夜、この家に忍び込んだのはケリーだけでは無かった…。

ネタバレを読む

ゾンビーバーの紹介:2014年製作のアメリカ映画。クレイジー映画マニアの間で話題になり、2015年夏には日本で公開された。『ハングオーバー』シリーズの製作者クリス・ベンダーとJ・C・スピンクが手掛けた新感覚ゾンビムービー。湖の近くに住むビーバーが突如ゾンビ化、キャンプに来ていた若者たちに襲い掛かる。

ネタバレを読む

あずみ2(Death or Love)の紹介:2005年公開の日本映画。小山ゆう・原作の同名コミックスを、人気アイドル、上戸彩の主演で映画化した第2弾。徳川幕府最強の女剣士あずみが、死んだ初恋の仲間と瓜二つの青年と出会い、自らの宿命に葛藤する姿を描く。

ネタバレを読む

殺人の追憶の紹介:韓国で実際に起きた未解決事件”華城連続殺人事件”をベースにした戯曲「私に会いにきてよ」の映画化作品で、2003年に公開された韓国のサスペンス映画です。韓国の農村地帯を舞台に、叩き上げの田舎刑事と都会育ちの若手刑事が反撥しながらも懸命に事件を追う人間ドラマとしても見ごたえのある作品です。監督・脚本は「グエムル -漢江の怪物-」「スノーピアサー」のポン・ジュノ。

ネタバレを読む

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~の紹介:ソウルのゴッドファーザーと呼ばれる、ジェームス・ブラウンの伝記映画です。無二の友人ボビー・バードとの出会い、別れ、そして再会、母親との確執などを中心に描かれています。

ネタバレを読む

ナショナル・トレジャーの紹介:2004年製作のアメリカ映画。全米で大ヒットを記録したニコラス・ケイジ主演のアクション・アドベンチャー。太古の秘宝の謎を解き明かそうとする男女の命がけの冒険がノンストップで展開する。2007年には続編にあたる『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』も製作された。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。