映画ネタバレあらすじを4,599件掲載中です

ル・アーブルの靴みがきの紹介:長編としては、前作より5年ぶりのカウリスマキ監督作。市井の人の日々の営みや、優しさや人情を淡々としたカウリスマキ節で描いた物語。カウリスマキ最高傑作との呼び声も高い作品で、キャッチコピーは“心をみがけば、奇跡はおこる。”
本作を1作目とし、港町を舞台とした三部作になる構想がある。

ネタバレを読む

アモーレス・ペロスの紹介:2000年製作のメキシコ映画。本作品で主演のガエル・ガルシア・ベルナルと監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは一躍注目を集めた。タイトルはスペイン語で「犬のような愛」を意味する。日本公開は2002年。

ネタバレを読む

エンド・オブ・デイズの紹介:1999年公開のアメリカ映画。新ミレニアムに復活をもくろむ魔王サタンの野望に立ち向かうタフガイの姿を描くアクション・ホラー。アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ピーター・ハイアムズ監督。

ネタバレを読む

エクソシスト リターンズの紹介:2012年製作のアメリカ映画。少女に取り憑いた悪魔とキリスト教の神父との壮絶な戦いを描いた傑作ホラー『エクソシスト』。そのセンセーショナルさで一大オカルトブームを巻き起こした。今も不動の人気を誇るジャンル“エクソシスト”ものに新作が登場! 本作で悪魔憑きとなってしまうのは、幼気な少女ではなく成長した肉感ボディの女子大生。

ネタバレを読む

心霊写真部(劇場版)の紹介:2015年公開の日本映画。ニコニコ生放送のホラー映画企画で、ユーザーアンケート1位の高評価を獲得したオリジナルビデオ作品「心霊写真部」の劇場版。高校の心霊写真部に入学した女子高生が、心霊写真の謎に迫ってゆく。

ネタバレを読む

許されざる者(2013年)の紹介:2015年公開の日本映画。1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』のリメイクにあたる、日本の時代劇。一度は戦う事をやめた男が、女郎の願いを聞き入れ、再び戦いの世界に身を投じるようになる姿をつづる。

ネタバレを読む

のだめカンタービレ(最終楽章)後編の紹介:2010年公開の日本映画。二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作としたテレビドラマ版の続編という形で、前後編2部作で制作された。ドラマ版の主要キャストが続投し、ヨーロッパ5か国でロケを敢行。ピアニストの“のだめ”と指揮者“千秋”の関係が描かれる。

ネタバレを読む

のだめカンタービレ(最終楽章)前編の紹介:2009年公開の日本映画。二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作としたテレビドラマ版の続編という形で、前後編2部作で制作された。ドラマ版の主要キャストが続投し、ヨーロッパ5か国でロケを敢行。ピアニストの“のだめ”と指揮者“千秋”の関係が描かれる。

ネタバレを読む

殺人ワークショップの紹介:2014年公開の日本映画。参加者それぞれが殺したい相手を協力して殺してゆく“殺人ワークショップ”に集まった人間たちの姿を描く。『オカルト』の白石晃士監督が、映画学校ENBUゼミナールで講師を担当した俳優コースの実習として製作、話題を呼んだ作品を再編集し、“完全版”として劇場公開。

ネタバレを読む

レフト・ビハインドの紹介:2014年製作のアメリカ映画。突如数百万もの人々が忽然と消え、世界中に混乱が広がる様子を壮大なスケールで描いたパニック・アクション。迫りくる終末を描き、全世界でベストセラーとなった『レフトビハインド』の映画化。

ネタバレを読む

V/H/S ネクストレベルの紹介:2013年製作のアメリカ映画。ビデオテープを見た人間が次々と姿を消していくファウンド・フッテージ・ホラー「V/H/Sシンドローム」の続編。新進気鋭の7人の監督が製作するオムニバス・タイプのホラー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。