映画ネタバレあらすじを4,626件掲載中です

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズの紹介:2008年公開のアメリカ・アニメ映画。『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3/シスの復讐』の間の物語で『スター・ウォーズ』シリーズの映画では初めてクローン大戦を描いた作品。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第5弾(制作順は2番目にあたる)。必死の逆襲をかける帝国軍と、それに対抗するルーク、ハン・ソロ、レイア姫ら反乱軍の攻防を描く。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の紹介:1977年制作のアメリカ映画。SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの実写版第1作。世界的なSFブームを巻き起こす契機となった作品。後にエピソード1~3までが制作され今作品は4となる。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第3弾(制作順は6番目にあたる)。主人公アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに陥り、ダース・ベイダーになるまでを描く。

ネタバレを読む

ザ・インタープリターの紹介:2005年公開のアメリカ映画。アカデミー賞に輝く名優、ニコール・キッドマン&ショーン・ペンの共演サスペンス。国家機密の陰謀を知ってしまった女性と、彼女を警護する捜査官の奔走を描く。「インタープリター」は通訳の意。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第2弾(制作順は5番目にあたる)。アナキンとアミダラの禁断の恋や、ドロイドとクローンとの大戦が描かれる。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの紹介:1999年公開のアメリカ映画。映画史に残る『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカーズの少年時代を中心に描いたエピソード。副題は「見えざる脅威」を意味する。

ネタバレを読む

ネゴシエーターの紹介:1997年公開のアメリカ映画。人質の安全確保と救出を目指して犯人と渡り合う、ネゴシエーター(交渉人)専門の刑事の活躍を描いたポリス・アクション。サンフランシスコ名物のケーブルカーを使った、中盤のカー・チェイスが大迫力。

ネタバレを読む

クライマーズ・ハイの紹介:2008年公開の日本映画。『半落ち』の作家・横山秀夫の同名小説を、堤真一ら実力派俳優共演で映画化。1985年の日航機墜落事故取材に奔走する新聞記者たちの姿を、パワフルな演出で追う社会派ドラマ。

ネタバレを読む

タワーリング・インフェルノの紹介:1974年制作のアメリカ映画。サンフランシスコの地上138階の超高層ビルの火災を描いたパニック映画。1970年代中盤期のパニック映画ブームの中でも、最高傑作として名高い。タイトルは「そびえ立つ地獄」の意。

ネタバレを読む

ストリート・オブ・ファイヤーの紹介:1984年公開のアメリカ映画。ストリートギャングに拉致された元恋人を救うために、奔走する青年の姿を描くアクション映画。アクションなのに人が誰も死なない珍しい作品。

ネタバレを読む

HERO(2015年 木村拓哉・主演)の紹介:2015年7月18日公開の日本映画。人気テレビドラマ『HERO』の劇場版第2弾。常識にとらわれず自身の価値観で犯罪捜査を行う検事・久利生公平が、今回は大使館を相手に、治外法権の壁に立ち向かう。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。