映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

2004年公開の日本映画。監督は「君の名は。」や「天気の子」などの新海誠。主演に吉岡秀隆、萩原聖人、ヒロイン役に南里侑香他。 戦後、日本が南北に分断されているもう一つの世界。蝦夷(北海道)を支配下に置くユニオンは津軽海峡の国境に白い塔を立てていた。空にそびえ立つ巨塔に憧れた浩紀と拓也は、飛行機を組み立て塔の向こうへ行く計画を立てる。そんなある日、同級生で二人の憧れの的である佐由理にもその計画を教え一緒に飛ぶことを約束する。しかし、そんな夏の日を境に佐由理は二人の前から姿を消してしまう。南北の開戦が噂されきな臭くなってくる中、ユニオンの塔の目的が明らかになり、二人の前から姿を消した佐由理も関係があることをがわかり、離れていた浩紀と拓也が再び一緒にユニオンの塔を目指す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
猫侍の紹介:2014年製作の日本映画。「ねこタクシー」「幼獣マメシバ」などの動物ドラマシリーズ10作目。人斬りとして恐れられた浪人のもとに、猫を斬れという依頼が舞い込んだことから始まる騒動を描いた時代劇。2013年10月からはテレビドラマ版が放映された。監督はテレビドラマ版も手がけた「アルカナ」の山口義高。かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人を「日本の悲劇」「龍が如く 劇場版」の北村一輝が、浪人の敵となる男を「悲しいボーイフレンド」「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」の寺脇康文が演じている。ほか、「RIVER」の蓮佛美沙子、「パートナーズ」の浅利陽介、「釣りバカ日誌」シリーズの小野寺昭らが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゾッキ
ゾッキの紹介:2021年4月2日公開の日本映画。『超能力研究部の3人』『音楽』などの原作で知られる漫画家・大橋裕之の初期短編集を実写映画化。それぞれに秘密を抱えた人々が織り成す人間模様を描く。俳優業以外にも多岐にわたって活動する竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同監督、舞台演出家・劇作家の倉持裕が脚本、ミュージシャンのCharaが音楽監督を務めた。『見えない目撃者』などの吉岡里帆、『コドモ警察』などの鈴木福、『君が君で君だ』などの満島真之介をはじめ、石坂浩二、松田龍平、國村隼らが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:きまじめ楽隊のぼんやり戦争
朝9時から夕方17時まできっちりと「戦争」をするとある楽団員の男を描いたシュールなヒューマンドラマ。主役を演じたのは映画初主演となる前原滉、共演は石橋蓮司、片桐はいり、嶋田久作、橋本マナミ等。第21回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞。2021年3月26日劇場公開作品。105分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:種まく旅人~華蓮(ハス)のかがやき~
種まく旅人~華蓮のかがやき~の紹介:2021年4月2日公開の日本映画。日本の第一次産業を応援する「種まく旅人」シリーズ4作目。大阪・堺市の銀行員・山田良一のもとに、古郷の金沢でれんこん農家を営む母から、父が脳梗塞で倒れたと連絡が入る。畑を引き継ぐか売却するかの二択を迫られるなか、良一は父の代わりに畑に向かう。出演は、「種まく旅人 くにうみの郷」に続きシリーズ2回目の登場となる栗山千明、「女の機嫌の直し方」の平岡祐太、「SS エスエス」の大久保麻梨子。監督は、「忍ジャニ参上!未来への戦い」の井上昌典。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班
劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班の紹介:2021年4月2日公開の日本映画。韓国ドラマ『シグナル』をリメイクしたTVドラマのその後を描くサスペンス。2021年、政府高官が交通事故死し長期未解決事件捜査班は事件性を疑う。2009年でも政務官の事故死が相次ぎ大山は疑問視。再び無線機を通し現在と過去の刑事が組み、陰謀に立ち向かう。監督は、「探偵はBARにいる」などを手がけドラマ『相棒』にも参加してきた橋本一。TV版から引き続き「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の坂口健太郎、「億男」の北村一輝、「神様のカルテ」シリーズの吉瀬美智子らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
日本・アメリカ合作映画。1945年に集結した太平洋戦後、米軍が日本へやってきて昭和天皇を戦犯として裁こうとしたがそれをいかにして回避したかが、様々な人間模様と共に描かれる。商業映画としてはじめて皇居内での撮影もされた。ピーター・ウェーバー監督、2013年劇場公開、107分 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年公開のアメリカ映画。監督は世界的なファッションデザイナーのトム・フォード。今作が監督デビュー作。出演はコリン・ファース、ジュリアン・ムーア、ニコラス・ホルト他。原作はクリストファー・イシャーウッドの小説。 恋人のジムを失ってから日々死ぬことを糧に生きているような大学教授のジョージ。ある日自分の生徒であるケニーに声をかけられ、興味を持つ。元恋人のシャーロットと酒を飲みながら語り合い、いざ死のうと悩んでいるときに偶然、バーでケニーに出会う。愚かなことをしようと二人夜の海に飛び込みジョージの家に帰ってくる。ぐっすりと眠るケニーの顔を見ながら生きる希望を持ったジョージだが、死は然るべくして訪れる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
原作は「永遠の仔」「家族狩り」の天童荒太。破天荒な性格の男子高校生が「包帯」を通じて、自らの痛みと向き合い克服していく青春ドラマ、主演は柳楽優弥。監督は堤義彦。原作が天童の普段の作風とは違い、非常に前向きなものとなった。2007年劇場公開作品。118分 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2004年公開のアメリカ映画。監督は「魔女がいっぱい」や「フォレスト・ガンプ」などのロバート・ゼメキス。原作はクリス・ヴァン・オールズバーグの絵本『急行「北極号」』。出演はトム・ハンクス他。 サンタクロースを信じられなくなってきたヒーロー・ボーイはクリスマスイブの深夜に家の前にとまったポーラー・エクスプレスに乗り込む。そこでのヒーロー・ガールやロンリー・ボーイとの出会い、体験した経験を通して、信じる事の大切さを学んでいく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年公開の日本映画。原作は水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」今作は、実写映画化の2作目。主演の鬼太郎にウエンツ瑛士、今作のヒロイン役に北乃きい。そのほかのメインキャストは前作から引き続き続投。 人気の無い夜道でかごめ歌が聞こえてくると、一人で歩いている女性が魂を奪われるという怪談が広まる。部活の帰り道、一人で歩いていた楓はかごめ歌が聞こえ、女に襲われそうになるが見回りをしていたねずみ男と鬼太郎に助けられる。翌日、部活の練習中に手を見ると銀の鱗が貼り付いているのに気付き愕然とする。鬼太郎や仲間達に助けを求め、調べていくと楓の祖先は鬼道衆と言う払い屋だとわかり、さらに今回のかごめ歌の妖怪(濡れ女)を作り出した原因が自分たち人間にあることを知り、濡れ女を救いたいと考え始める。一方濡れ女の目的は元の美しい姿に戻ることで、その背後には鬼太郎の宿敵であるぬらりひょんがいた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
豪華客船で生まれ、一生を海上の名もなきピアニストとしてずっと過ごしたピアニストを描いたヒューマンドラマ。監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ。主演はティム・ロス。第44回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ最優秀監督賞を受賞した。1998年劇場公開作品、170分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×