映画ネタバレあらすじを4,601件掲載中です

誰が為に鐘は鳴るの紹介:1943年のアメリカ製作による戦争映画。アーネスト・ヘミングウェイによるスペイン内戦を描いた小説を映画化した作品で、ゲーリー・クーパー、イングリッド・バーグマンがファシストに抵抗するゲリラ組織員を演じた。勇敢なゲリラ組織の女性を演じたカティナ・パクシヌーは第16回アカデミー賞で助演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む

エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事の紹介:1993年にアメリカで製作されたロマンス歴史映画。マーティン・スコセッシがイーディス・ウォートンによる同名小説を映画化した作品で、ダニエル・デイ=ルイス、ミシェル・ファイファー、ウィノナ・ライダーら実力派俳優たちが主演を務めた。1870年代のニューヨーク社交界を舞台に、愛し合う男女の情熱と苦悩を描く。第66回アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。

ネタバレを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)の紹介:2017年公開のアメリカ映画。芸術家の父を持つ3人の兄妹の姿を描いている。ノア・バームバックが監督・脚本を務め、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを争った作品。アダム・サンドラー、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソンらが出演したコメディドラマ。

ネタバレを読む

ウィー・ニード・トゥ・トークの紹介:2016年製作のスペイン映画。彼からプロポーズされて、別居中の夫に離婚を切り出せない女性が、家族や周囲の人を巻き込んでいく様を描いている。嘘が嘘を呼んで後に引けない状況の中で、大切なことに気づく人の姿を映し出す。

ネタバレを読む

今日、キミに会えたらの紹介:2011年制作のアメリカ映画。不法滞在の経歴から、遠距離恋愛となったカップルの姿を描いている。サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。アントン・イェルチン、フェリシティ・ジョーンズ、ジェニファー・ローレンスらが出演したラブストーリー。今作はキャノンの一眼レフで全編撮影され、台詞や演技はすべて即興で行われた。

ネタバレを読む

マリアンヌの紹介:2016年製作のイギリス・アメリカ合作のラブサスペンス。監督はロバート・ゼメキス、主演はブラッド・ピット、マリオン・コティヤールが務めた。第二次世界大戦中に諜報活動を通じて恋に落ちた男女の苦悩を描いていく。

ネタバレを読む

あの子を探しての紹介:1999年の中国製作映画で、貧しい村に生きる子どもたちを描いた人間ドラマ。シー・シアンションによる「空に太陽がある」を映画化した作品で、監督はチャン・イーモウが務めた。代用教員の少女が行方不明の生徒を探す旅を描く。実際の中国の寒村に暮らす子どもたちを起用した演出が高く評価され、チャン・イーモウはヴェネツィア国際映画祭で自身2度目の金獅子賞を獲得した。

ネタバレを読む

ヘイヴンハーストの紹介:2016年製作のアメリカ映画。「ソウ」シリーズのプロデューサー、マーク・バーグが手掛けたホラー。不気味な老女がオーナーを務めるマンハッタンの豪華アパートに入居した若い女性・ジャッキー。そんな中、住人が次々と消息を絶ち、ジャッキーはその謎を追い始めるが…。

ネタバレを読む

火花の紹介:若手芸人の徳永と、彼が師匠と慕う先輩芸人の神谷。笑いに魅了されながらも現実に葛藤し、もがき続けた2人の10年間の日々をあたたかに綴った青春物語。
芥川賞を受賞したお笑い芸人又吉直樹の同名純文学作品を、同じ事務所の先輩かつ映画監督でもある板尾創路が満を持して映画化。2017年11月の公開作。

ネタバレを読む

ファイナル・デッドサイン 死の刻印の紹介:2013年製作のウクライナ映画。悪魔の“聖痕”を受けたティーンエイジたちが連続異常死に巻き込まれていくホラー。いつも同級生にからかわれていた高校生・ザッカーは、転校生・アーサーと親しくなる。ある日、ふたりの同級生が異様な刻印を付けられた状態で謎の死を遂げ…。

ネタバレを読む

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~の紹介:2011年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第31弾。1986年の作品のリメイク。公開直後に東日本大震災が発生したため、興行収入は前作品を大きく下回った。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。