映画ネタバレあらすじを6,259件掲載中です

映画:ぼくの名前はズッキーニ

ぼくの名前はズッキーニの紹介:2016年のスイス・フランスの合作で、日本公開は2018年。ジル・パリスの小説をストップモーションアニメで映画化。監督のクロード・バラスは今作が長編デビューながら、世界中の映画祭を席巻する感動作を生み出した。孤児院で暮らすことになった9歳のズッキーニが悪戦苦闘しながらも成長していく姿を、涙あり笑いありで描き出す。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たちの紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の第9弾です。「ドラゴンボールシリーズ」の映画で初めて続編として作られた作品です。前作の「とびっきりの最強対最強」の続きで、クウラがメタルクウラとしてパワーアップを果たして登場します。なお本作ではデンデが神として描かれていますが、実は映画公開時点では原作でもデンデは神として選ばれてはいませんでした。ちなみに主人公孫悟空の最大のライバルであるベジータは、本作が初の映画出演となります。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第8弾です。公開当時は原作でフリーザ戦が終了したばかりで、アニメにおいてはまだナメック星で激闘を繰り広げていました。本作には当時における最強の敵、フリーザの兄クウラが登場します。このクウラは映画オリジナルのキャラクターで、原作には一切登場しません。ですがクウラは人気の高いキャラクターであるため、ゲームなどにはよく登場しています。さらに本作以外の映画でも活躍しています。

ネタバレを読む
映画:プーと大人になった僕

プーと大人になった僕の紹介:2018年公開。世界的に有名なディズニーの作品「くまのプーさん」」を実写映画化して話題となった作品。監督はマーク・フォスター。主人公クリストファー・ロビン役に、「スター・ウォーズ」「美女と野獣」などで知られているユアン・マクレガーを起用し、クリストファー・ロビンが、妻子を持ち仕事に追われる大人として登場。プーやその仲間たちと再会する物語が描かれる。

ネタバレを読む
映画:パシフィックリムアップライジング

パシフィック・リム/アップライジングの紹介:2018年公開。ギレルモ・デル・トロ監督作品である「パシフィック・リム」の続編である。主人公を、前作の登場人物の息子という設定で、前作から10年後の出来事を描いている。主演に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたジョン・ボイエガを起用し、日本人キャストとして、前作から引き続き菊地凛子が、今作から新たに新田真剣佑が出演している。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやるの紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の第16弾です。原作終了後に公開された映画で、魔人ブウとの戦いが終わった後の話だとされています。勇者タピオンというキャラが登場するなど、従来の「ドラゴンボール」とは少し違う設定とストーリーが魅力的です。それに加えて巨大ボスとの決戦が市街地で行われるなど、「ドラゴンボールシリーズ」の中でも珍しい戦闘が描かれています。さらに本作ではオープニングもなく、劇中でクレジットが表記されるという演出になっています。

ネタバレを読む
映画:映画けいおん!

映画けいおん!の紹介:2011年公開。社会現象まで巻き起こしたテレビアニメシリーズの映画化作品。京都アニメーション制作。山田尚子監督作品。テレビアニメ第2期の中の番外編エピソード「計画!」の後日談にあたるストーリーとなり、桜高軽音部のお馴染みの5人がロンドンへ旅行へ行く模様を描く。また、日本以外にも香港、オーストラリア、スコットランド等でも封切りされ、話題を呼んだ。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータの紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第15弾です。11弾以来となる孫悟空が主役の作品です。12弾、13弾、14弾はそれぞれ孫悟飯と孫悟天が主役を務めています。久しぶりに孫悟空が主役となる映画であるため、タイトルにも名前が入っています。本作では悟空とベジータのフュージョンによって生まれたゴジータが初めて登場します。ちなみに本作でフュージョン姿が出たため、原作ではポタラによる合体ベジットを出したそうです。

ネタバレを読む
映画:いぬやしき(2018年実写)

いぬやしき(2018年実写)の紹介:2018年4月20日公開の日本映画。テレビアニメ化もされた奥浩哉の人気コミックを木梨憲武主演で実写映画化したSFアクション。ある日、何者かによって人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマンと高校生が、それぞれの思いを胸に対決する。主人公と対峙する高校生・獅子神役で佐藤健が自身初の悪役に挑戦。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。

ネタバレを読む
映画:ビデオドローム

ビデオドロームの紹介:「ザ・フライ」「ヒストリー・オブ・バイオレンス」などのデヴィッド・クローネンバーグ監督が手がけた、不条理かつ「内臓感覚」あふれるホラー映画。「ケーブル局ならでは」の過激な映像を探していたケーブルTV局の社長が、偶然発見した謎のビデオ「ビデオドローム」に、呪われたように魅入られていく様を描く。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ2016

オキナワノコワイハナシ2016の紹介:2004年スタートの沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ。2012年以降は特番化され夏の風物詩となり、本作はその2016年夏放送分。連続殺人を追う刑事の奇怪な体験を描く江口カン監督の「デンパ」、霊能力がある事で仲違いした女子高生らを描いたKAZ監督の「サーダカー」、50年代の沖縄で実際に行われた教育制度により悲運に見舞われた姉妹を描いた名嘉真崇介監督の「方言札」の3作品。

ネタバレを読む
映画:ロボジー

ロボジーの紹介:2012年公開。「ウォーターボーイズ」や「ハッピーフライト」などで知られている矢口史靖監督によるコメディ作品。ミュージシャンであるミッキー・カーチスが以前から温めていた「五十嵐伸次郎」名義での出演を果たした作品である。主演に濱田岳、吉高由里子、五十嵐伸次郎。矢口史靖監督作品の特徴であるコメディ要素が存分に詰まった娯楽作品であり、老若男女問わず、幅広い層に人気の作品である。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第11弾で、初の長編作品となります。本作で初めて伝説の超サイヤ人ブロリーが登場します。映画だけのオリジナルキャラクターでありながら、「ドラゴンボールファン」から多大な人気を誇っているのがブロリーです。ブロリーは「もう一人の孫悟空」というコンセプトで作られたキャラクターで、孫悟空とは深い因縁があります。そうした設定もブロリーが人気を得た理由でしょう。

ネタバレを読む
映画:スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2019年公開。サム・ライミ監督「スパイダーマン」シリーズ、マーク・ウェブ監督「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、ジョン・ワッツ監督のMCU版シリーズと、これまで数多くの実写映画化シリーズが制作されてきたスパイダーマンの初めての劇場用長編アニメーション作品となる作品であり、これまでの作品とは異なり、原作では2代目スパイダーマンとして知られているマイルズ・モラレスを主人公に据え、その他にもお馴染みピーター・パーカーや、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヒロインであり、原作ではスパイダーマンの能力を持って登場するスパイダー・グウェンことグウェン・ステイシー、スパイダー・ハムなど、様々なスパイダーマンが集結する作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。