映画ネタバレあらすじを5,490件掲載中です

ボスの希望でハッピーエンドの紹介:2014年に制作されたトルコ映画で、クヴァンチ・バルウヌが監督を、イルマズ・アルドアンが脚本を務めたラブコメディ。仕事で地方の村に滞在することになった脚本家が、婚約者のいる女性に一目惚れをして、彼女に想いを伝える姿を描いている。

ネタバレを読む

歓楽通りの紹介:2002年のフランス映画で、監督は『仕立て屋の恋』や『髪結いの亭主』の巨匠パトリス・ルコント。娼婦の子供として生まれ、娼館しか知らずに育った男は、一目惚れした新入り娼婦の世話を一生涯していくと心に決める。無償の愛を注ぐ男の運命をルコント監督独特の手法にて、艶やかで切なく描き出す。

ネタバレを読む

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎の紹介:1984年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの33作目。釧路で出会った女性・風子と意気投合した寅次郎は旅を共にするうちに、風子にまっとうな結婚をしてもらいたいと思うようになる。ところが風子は寅次郎のような渡世人・トニーと恋に落ち…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎の紹介:1983年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの32作目。博の父・飈一郎の墓参りに立ち寄った寅次郎は、そこで寺の和尚に気に入られ、手伝いをすることに。和尚に美しい出戻り娘・朋子がいたことから、寅次郎は暴走を始め、寺を継ごうと考え始めるが…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 旅と女と寅次郎の紹介:1983年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの31作目。演歌界の女王・京はるみが姿をくらました。寅次郎は正体を知らないままはるみと旅をし、途中で正体を知っても知らぬふりを装い、はるみを慰める。はるみはそれに感激して…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎の紹介:1982年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの30作目。旅先で美女・螢子と、男前だが口下手な男性・三郎と出会った寅次郎は、三郎の螢子への想いを知り、なんとか2人の恋の橋渡しをしてやろうと奔走する。苦労の甲斐あり、三郎と螢子は交際を始めるが…。

ネタバレを読む

軽い男じゃないのよの紹介:2018年に制作されたフランス映画で、ヴァンサン・エルバズ主演で贈るコメディ。女性好きで遊び人の独身男性が、ポールに頭をぶつけたことから、男女の立場が逆転した世界へと行って起こる出来事を描いている。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎紙風船の紹介:1981年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの28作目。商売仲間の常三郎から、妻・光枝のことを頼まれた寅次郎は、病人を安心させるために請け負った。本当に常三郎が死んでしまい、寅次郎は光枝を迎えて真人間になろうと考えるが…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌の紹介:1980年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの26作目。商売仲間の死を知った寅次郎は、仲間の娘・すみれが定時制高校に通いたいという夢を持っていると知り、奔走する。その甲斐あって定時制に通い始めたすみれだが…。

ネタバレを読む

エンカウンター 地球外侵略者の紹介:2017年製作のアメリカ映画。ロズウェルを舞台に、ドキュメンタリー作家がエイリアンに立ち向かうSFインベージョンホラー。7歳の誕生日に母親をUFOに連れ去られたドキュメンタリー作家・クリスは、7歳、14歳、21歳の誕生日にエイリアンに誘拐されたという女性・エミリーと出会う。

ネタバレを読む

(r)adius/ラディウスの紹介:2017年製作のカナダ映画。半径50フィート(15m)以内に入った人間が死亡するという怪現象の謎に挑む男の運命を描いたSFシチュエーション・スリラー。交通事故で記憶を失くしたリアムは、助けを求めて見知らぬ街を訪れるが、そこで目にしたのは、おびただしい数の住民の死体だった…。

ネタバレを読む

イン・セキュリティ -危険な賭け-の紹介:2013年に制作されたアメリカ映画で、イーサン・エンブリーとマイケル・グラディス主演で贈るアクションコメディ。ホームセキュリティの会社を運営している2人が、防犯機器を買ってもらうため、自ら強盗となり悪事を働いて起こる騒動を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。