映画ネタバレあらすじを5,976件掲載中です

映画:ランペイジ巨獣大乱闘

ランペイジ 巨獣大乱闘の紹介:2018年5月18日公開のアメリカ映画。80年代に人気となったゲームを、ドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。遺伝子実験の失敗で巨大化し、街を破壊するゴリラ、オオカミ、ワニの暴走を止めようとする人間たちの戦いが描かれる…。

ネタバレを読む
映画:ビハインドザウォール呪縛館

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館の紹介:2018年製作のアメリカ映画。人間を飲み込む“家”を舞台に新たなる恐怖が繰り広げられるホラー。DV夫から逃れるため、古い一軒家に引っ越して来たキャシーと3人の子どもたち。心機一転、新しい生活を始めた家族だったが、引っ越して以来、家の中で不吉な出来事に襲われ出す。

ネタバレを読む
映画:絶海9000m

絶海9000mの紹介:2017年製作のポルトガル映画。些細なミスで絶海に取り残された7人が極限の心理状態に陥るサバイバル・パニックスリラー。豪華クルーザーで週末のクルーズを楽しんでいた7人の男女は、沖で泳ごうと海に飛び込む。だが、梯子を出しておらず、甲板に上がることができなくなり…。

ネタバレを読む
映画:男と女(1966年)

男と女(1966年)の紹介:1966年にフランスで製作されたロマンス映画。クロード・ルルーシュが監督、脚本、撮影を務め、フランシス・レイが音楽を担当した。伴侶を失ったつらい過去を抱えながら、惹かれ合っていく男と女の姿を描いていく。第39回アカデミー賞では、脚本賞と外国語映画賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:年上の女 (1999年)

年上の女 (1999年)の紹介:日本では未公開のイタリアン・エロスドラマ。監督・脚本はカンヌ国際映画祭に出品経験のあるアウレリオ・グリマルディ。原題は“人喰い”を意味する『Maneater』。大学生のヴァレリオは、街で出会った女性に体も心も奪われてしまう。消息が分からなくなった彼女を探すヴァレリオだったが、彼女は夜の獣のような女だった…。

ネタバレを読む
映画:かあちゃん

かあちゃんの紹介:2001年に製作された人情時代劇ドラマ。山本周五郎の同名小説を市川崑監督が岸惠子主演で映画化、貧困の中でも人を思いやる心を忘れないある家族の物語を描いていく。第25回モントリオール世界映画祭では、特別功労賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ブラッドインフェルノ

ブラッド・インフェルノの紹介:2017年製作のアルゼンチン&ニュージーランド合作映画。1985年に洪水により水没、約25年の時を経て再び出現したアルゼンチンのエピクエンを舞台にしたホラー。廃墟となった町にやってきた6人の若者たち。車が立ち往生し分かれ分かれになった彼らの前に、人の顔の皮で作った仮面をつけた怪しげな者が現れる…。

ネタバレを読む
映画:シービスケット

シービスケットの紹介:2003年制作のアメリカ映画。監督・脚本は「オーシャンズ8」などで知られるゲイリー・ロス。主演はトビー・マグワイア。ローラ・ヒレンブランドの同名小説を基に、伝説の競走馬シービスケットと男たちの物語を描く。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
映画:ブランカとギター弾き

ブランカとギター弾きの紹介:2015年のイタリア・フィリピン・日本合作のヒューマンドラマ。ストリートチルドレンの少女と盲目のギター弾きの数日間の日々を描いていく。第72回ヴェネツィア国際映画祭では、ソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ハロウィンレポート

ハロウィン・レポートの紹介:2014年製作のアメリカ映画。「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのプロデューサー、スティーヴン・シュナイダー製作によるホラー。ハロウィン時期になると各地で様々なお化け屋敷が現れるアメリカ。ザックたちは究極のお化け屋敷と噂される「青い骸骨」を探し始めるが…。

ネタバレを読む
映画:終着の場所

終着の場所の紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は映画のほかに、CMやミュージックビデオなど様々な分野で活躍中の常盤司郎。製作は2017年、作品原案曲は三代目 J Soul Brothersの『花火』。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。