映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

“売り上げ一位の名誉にかけて頑張りましょう”。パート従業員を前にして大型スーパー/ザ・マートの店長は朝礼で声を上げた。 店長はハン・ソニを壇上に呼んで、ソニが5年間あらゆる業務を減点一つなくこなしてきたことを評価し、サービスセンターで3か月間の勤務後正社員になることを発表した。 そして壇上に上げたソニに指揮をとらせ従業員たちに「お客様に感動を。会社の繁栄が・私たちの繁栄です」とシュプレヒコールをやらせた。 しかしソニはこのあと解雇通告を受け、同僚たちと一致団結し大企業を相手に解雇撤回を求める行動を起こす。 “明日へ”は、2014年公開の韓国映画。 監督/プ・ジヨン 脚本/キム・ギョンチャン ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「フラワーショウ」は2014年公開のアイルランドで制作された映画です。監督はビビアン・デ・コルシイが担当し、実在するランド・エスケープデザイナーのメアリー・レイノルズをモデルに作られ、ガーデンデザイナーを目指す一人の無名の女性のサクセスストーリーを描いた作品です。アイルランドの大自然の中、伸び伸びと育ったメアリー、大人になったメアリーは著名なガーデンデザイナーのシャーロットのアシスタントに就職します。シャーロットの元で次々と斬新なデザインを描いていきますが、ある日、いきなりメアリーはクビにされ、しかも大切なデザインブックを取られてしまいます。メアリーは落ち込みますが、奮起し、ガーデニング大会の最高峰の「チェルシー・フラワーショウ」を目指します。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「山の郵便配達」は1999年に中国で製作された映画。原作はポン・ジェンミンによる同名短編小説を元に作られた作品です。2002年日本アカデミー賞の外国映画賞や、モントリオール世界映画祭など多くの映画賞にノミネートされ、中国映画界の最高賞の金鶏賞の主演男優賞(父親役)を受賞しています。中国の山岳地帯で郵便配達をする父、足を悪くし退職を決め、後を継ぐ息子と共に最後の配達の旅に出ます。配達の道のりは3日で120キロを歩く険しい道のり、息子は同行する父の背中を見ながら多くのことを学んでいきます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「X-ファイル・ザ・ムービー」は1998年公開の映画です。世界中で大ヒットし、日本でも未だ人気のある超常現象をテーマにした、同名ドラマ「X-ファイル」シリーズの劇場版です。監督と主演はドラマ版と同じくロブ・ボウマン(監督)、主役はデイヴィッド・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソンです。テキサス州北部の洞窟内で、穴に落ちた少年が謎の黒い液体に体を乗っ取られ死亡する事件が起きる。その謎の事件にモルダーとスカリーが挑むが、そこには巨大な陰謀が隠されていた…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:白頭山大噴火
白頭山大噴火の紹介:2021年8月27日公開の韓国映画。韓国で820万人超えの動員を記録したディザスター・アクション。朝鮮半島の南北に跨る火山・白頭山で観測史上最大の噴火が発生。75時間後、さらなる大噴火が予測され、韓国軍大尉チョは火山の鎮静化を図る秘密作戦のため、北朝鮮の工作員リを探すことに。出演は、「MASTER マスター」のイ・ビョンホン、「神と共に」シリーズのハ・ジョンウ、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソク、「名もなき野良犬の輪舞」のチョン・ヘジン、「建築学概論」のペ・スジ。監督は、「彼とわたしの漂流日記」のイ・ヘジュンと「PMC ザ・バンカー」のキム・ビョンウが努めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~
恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~の紹介:2021年8月20日公開の台湾映画。台湾の金馬奨6部門候補の他、各国の映画祭で高評価を得た異色のラブストーリー。重度の潔癖症の青年ボーチンは、外出時は防塵服に手袋とマスク着用の完全武装。周囲からは変わり者と見られていたが、ある日、同じ潔癖症の女性ジンと運命的な出会いを果たす。出演は「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」のリン・ボーホン、「黒衣の刺客」のニッキー・シエ。リャオ・ミンイーの監督デビュー作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
火事で両親を亡くし、精神を病んだ優子は蒲田に引っ越してきて、気ままに生きながらもそこで様々な悩みを抱えた男たちと出会う。 この映画は、第96回文學界新人賞受賞作の「イッツ・オンリー・トーク」(絲山秋子著)を基にしたもので、東京蒲田を舞台に精神に躁鬱の病を持つ35歳の独身女の日常を描いている。2006サンダンス映画祭 ワールドシネマコンペティション、2006ドーヴィル映画祭、第35回ロッテルダム国際映画祭、第17回シンガポール国際映画祭、第6回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX200、第30回湯布院映画祭正式出品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「恋愛適齢期」は2003年に公開されたアメリカの映画。監督は「ホリデイ」や「マイ・インターン」のナンシー・マイヤーズ、主演はジャック・ニコルソンとダイアン・キートンです。50代と60代の熟年男女の恋愛を描いたロマンティック・コメディ作品です。音楽業界で成功している63歳のハリーは付き合う女性は30歳以下の女性ばかり、そんなハリーは恋人のマリンに彼女の別荘に招待されます。そこで、彼女の母エリカと鉢合わせになり…   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~
未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~の紹介:2021年9月10日公開の日本映画。AKB48から選抜されたメンバー8名が、巷に溢れる不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などをドラマや対談、心霊スポット体験など様々な形式で披露する怪談エンターテインメント。どんな怪談エピソードが、メンバーを震え上がらせるのか。出演はAKB48の込山榛香、倉野尾成美、小栗有以、武藤十夢、坂口渚沙、鈴木優香、行天優莉奈、大盛真歩。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「プロヴァンスの贈りもの」は2006年公開のアメリカで製作されたラブストーリー映画です。監督は「ブレードランナー」「グラディエーター」などのリドリー・スコット、主役は「グラディエーター」「インサイダー」などのラッセル・クロウが務めています。ロンドンの金融トレーダーとして忙しくマックス。ある日、ブドウを作り、ワイン醸造であった叔父のハリーが亡くなったと知らせが届きます。叔父の屋敷やブドウ園などの遺産を相続したマックスは、遺産を売却するために叔父の屋敷を訪れますが、そこで叔父と過ごした少年時代の楽しい思い出が蘇ります。マックスは叔父の思い出と共に、叔父と関わりのあった人々に出会い、遺産を売却しようとしていたマックスの心境に変化が現れます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:遊星王子2021
遊星王子2021の紹介:2021年8月27日公開の日本映画。1958年から59年に日本テレビ系列にて放映され、テレビ番組としては日本初の宇宙人ヒーローものとして人気となった特撮番組『遊星王子』を新作映画としてリブート。令和の現代に伝説のヒーローが蘇る。主演は2.5次元舞台から映画にへと活躍を広げる日向野祥。遊星王子だけでなく、人気アイドル舟木康介の二役を演じる。ヒロインには、欅坂46の元メンバー で、現在は女優・YouTuberとして活躍する織田奈那。こちらもパン屋の娘・大村君子と、クローディア姫の二役を演じる。監督は「日本以外全部沈没」「地球防衛未亡人」「三大怪獣グルメ」などでおなじみの河崎実。また『帰ってきたウルトラマン』の主演で知られる団時朗と、同作でスーツアクターを務めたきくち英一ら、特撮のレジェンドも出演。団時朗は遊星王子の父・遊星王に、きくちは、かつて遊星王子が訪れたタルタン星の王族に扮する。衣裳は伝説のサイバーパンクSF漫画『サイレントメビウス』で一世を風靡した麻宮騎亜が担当し、レトロフューチャー感満載、クールかつ懐かしいデザインとなっている。「異世界からの闖入者」が人々とふれあいながら絆を深めるという黄金パターンを盛り込みながら、笑いあり、涙あり、感動ありの老若男女が楽しめる、時代を超えたエンタメアクション特撮映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ココ・シャネル 時代と闘った女
ココ・シャネル 時代と闘った女の紹介:2021年7月23日公開のフランス映画。没後50年を迎えたココ・シャネルの生涯に迫ったドキュメンタリー。第一次世界大戦後、19世紀的な価値観を葬り、女性たちを因習から解放。女性として史上初の世界的実業家となったシャネルは、第二次世界大戦以前にモードの帝国を築き上げるが……。「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」のランベール・ウィルソンがナレーションを務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1968年、グループサウンズブームの全盛期に新人バンドの“タイツメン”は真っ白いタイツの王子様スタイルでデビューした。 グループで一番人気のミクは、実は女性だったが、そのことを隠したままタイツメンはデビュー曲の“海岸線のホテル”のレコード売り上げ枚数をのばしていくが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×