映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

復讐するは我にありの紹介:1979年製作の日本映画。九州、浜松、東京で五人を殺し、詐欺と女性関係を繰り返した主人公の生いたちから死刑執行までを辿る。昭和五十年下期の直木賞を受賞した佐木隆三の同名の原作の映画化で、脚本は「ギャンブル一家 チト度が過ぎる」の馬場当、監督は「にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活」の今村昌平、撮影は「野性の証明」の姫田真佐久がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ディケイド 腐敗する者たちの紹介:2015年製作のアメリカ映画。遊園地の管理人として暮らす孤独な男。ある日、彼の一軒家に少女2人が盗みに入る。だが地下室を物色中に男性が帰宅、1人が脚立から足を踏み外して死亡。もう1人も家から飛び出し車にはねられて死んでしまう。男は迷った末、少女の遺体を隠すことに決める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
新女囚さそり701号の紹介:1976年製作の日本映画。篠原とおるの人気劇画を映画化した“さそりシリーズ”の二年半ぶりの復活で、政治家の陰謀で姉を殺され、輪姦されて、女子刑務所に投じられた松島ナミが、怨念を抱いて次々に仇に復讐していく姿を描く。脚本は「子連れ殺人拳」の鴨井達比古、監督は「爆発!750CC(ナナハン)族」の小平裕、撮影は「トラック野郎 望郷一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
キネマの神様の紹介:2021年製作の日本映画。山田洋次監督が原田マハの小説を映画化した人間ドラマ。ひたすらに映画を愛し続けた男を主人公に、時代を超えた愛と友情、そして家族のありようを描きだす。沢田研二と菅田将暉が二人一役で主人公を演じるほか、宮本信子、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子らが共演。当初、志村けんが主演を務める予定だったが、新型コロナウイルス感染症による急逝を受け、かつて同じ事務所に所属し親交の深かった沢田を代役に迎えた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
特捜部Q 知りすぎたマルコの紹介:2021年製作のデンマーク映画。「ヒトラーの忘れもの」のマーチン・サントフリート監督が、北欧ミステリー小説を映画化。未解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察・特捜部Qの警部補カールは、ある男の失踪事件を調査していたが、ある日、男のパスポートを所有する少年マルコを拘束する。出演は「真夜中のゆりかご」のウルリッヒ・トムセン、「デンマークの息子」のザキ・ユーセフ。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される『未体験ゾーンの映画たち2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ゴッドファーザー 最終章:マイケル・コルレオーネの最期の紹介:2020年製作のアメリカ映画。1990ねんに制作された映画『ゴッドファーザー PART ⅠⅠⅠ』の公開30年に際し、フィルムと音声を修復し、新たなオープニングとエンディング及び音楽を付け加えて再構成し、タイトルを当初の構想に基づく『Mario Puzo's The Godfather Coda: The Death of Michael Corleone』としたニューバージョンを12月4日にアメリカの一部劇場で公開した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
女囚さそり 701号怨み節の紹介:1973年製作の日本映画。“さそり”シリーズ四作目。元過激派学生運動家に一度は犯罪者的意識で心を許したさそりが、その男に裏切られた怨念に燃え、刑務所を脱走して復讐を果すまでを描く。脚本は「前科おんな 殺し節」の松田寛夫と神波史男、監督は脚本も執筆している「戦国ロック 疾風の女たち」の長谷部安春、撮影は「実録・私設銀座警察」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:月の満ち欠け
月の満ち欠けの紹介:2022年12月2日公開の日本映画。第157回直木賞を受賞した佐藤正午による同名の純愛小説を実写映画化。「鎌倉殿の13人」の大泉洋が主人公を演じ、『花束みたいな恋をした』の有村架純、Snow Manの目黒蓮、「ガリレオ」シリーズに出演する柴咲コウらが共演する。『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一がメガホンをとり、『そして、バトンは渡された』の橋本裕志が脚本を担当した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
女囚さそり けもの部屋の紹介:1973年製作の日本映画。“さそり”シリーズ第三作目。刑務所を脱走した女囚“さそり”が“けもの部屋=都会”に潜伏し、逃亡生活を送る姿を通じて、権力に対しての怨念を描く。原作は篠原とおるの劇画「さそり」。脚本は「女囚さそり 第41雑居房」の松田寛夫、監督も同作の伊藤俊也、撮影は「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の清水政郎がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マイスモールランドの紹介:2022年5月6日公開のアメリカ映画。差別や迫害から故郷を逃れ日本で育ったクルド人少女を描き、第72回ベルリン国際映画祭アムネスティ国際映画賞・特別表彰を授与された人間ドラマ。クルド人サーリャは同世代の日本人と同様にごく普通の高校生活を送っていたが、ある日突然在留資格を失い……。監督は、早稲田大学在学中に制作した「circle」が東京学生映画祭準グランプリに輝き、是枝裕和監督率いる映像制作者集団『分福』に所属する川和田恵真。サーリャを5カ国のマルチルーツを持つモデルの嵐莉菜が演じ、難民として認められた例がこれまでないに等しくいつ強制退去させられるかわからない在日クルド人の葛藤を映し出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
グレムリン2 新種誕生の紹介:1990年製作のアメリカ映画。不思議な動物モグワイから派生する凶暴なグレムリンが巻き起こす騒動を描くホラー・コメディのシリーズ第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグとキャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、製作はマイケル・フィネル、監督は「メイフィールドの怪人たち」のジョー・ダンテ、脚本はチャールズ・S・ハース、撮影はジョン・ホラ、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はザック・ギャリガン、フィビー・ケイツほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
女囚さそり 第41雑居房の紹介:1972年製作の日本映画。“さそり”シリーズ第二作。“さそり”と呼ばれる女囚ナミのたたかれても屈せず、じっと冷静に待ちながら、刑務所長を象徴とする権力への復讐を描く。原作は“ビッグ・コミック”連載中の篠原とおる原作・画の同名劇画の映画化。脚本は「人斬り与太 狂犬三兄弟」の神波史男と松田寛夫、監督は脚本も執筆している「女囚701号 さそり」の伊藤俊也、撮影は「ポルノの帝王」の清水政郎がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
46億年の恋の紹介:2006年製作の日本映画。鬼才・三池崇史監督が、松田龍平、安藤政信ら若手実力派を主演に迎えて放つ異色ロマンス。正木亜都『少年Aえれじぃ』を原作とする。刑務所で起きた殺人事件を軸に、若き囚人たちの純愛を妖しく描き出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
リターン・オブ・ザ・キラートマトの紹介:1988年製作のアメリカ映画。1978年に公開されて大ヒットした『アタック・オブ・ザ・キラートマト』の続編。殺人トマトと人類の壮絶な死闘が展開された前作から25年後、まさかの、あの殺人トマトが帰って来た。大のカルト人気を誇る『アタック・オブ・ザ・キラートマト』の続編。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×