映画ネタバレあらすじを6,960件掲載中です

映画:ドルフラングレン処刑鮫

ドルフ・ラングレン 処刑鮫の紹介:2015年に公開されたアクション映画です。サメを題材とした映画で、タイトルからも分かる通り、「人間核弾頭」と称されるドルフ・ラングレン氏が出演していますが、実際は主演ではありません。主演を演じているのはサラ・マラクル・レイン氏です。女性保安官が主人公でありながら、なぜかタイトルにはドルフ・ラングレンとついているのが特徴的です。にもかかわらず、ドルフ・ラングレン氏はあまり出てきません。

ネタバレを読む
映画:阿弥陀堂だより

阿弥陀堂だよりの紹介:小泉堯史監督&寺尾聡主演のヒューマンドラマ。ある事情を抱えた中年夫婦が信州への移住をきっかけに、少しずつ生きる力を取り戻していく。第26回日本アカデミー賞では、最優秀助演女優賞(北林谷栄)、新人俳優賞(小西真奈美)を受賞した。2002年日本製作。

ネタバレを読む
映画:アメリカンビッグフット

アメリカン・ビッグフットの紹介:2017年に公開されたアメリカ映画で、ビッグフットを題材にしたパニックアクションものとなります。ビッグフットに次々と襲われていくという話で、それに立ち向かう警察官や公園管理官を描いています。主演は何と「グレムリン」の主人公を演じたザック・ギャリガン氏です。メインとなるキャスト勢も多く、ストーリーそのものは非常にシンプルな構成になっているので、とにかく馬鹿馬鹿しい映画を楽しみたい人にはオススメと言えるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:トラベラー

トラベラーの紹介:1974年に制作されたイラン映画で、日本では約20年後に満を持して公開された。巨匠アッバス・キアロスタミ監督の長編処女作で、今作以降の作品同様に出演者は素人を起用している。落ちこぼれで親にも見放されている少年ガッセムは、サッカーに夢中。イラン代表の一戦をどうしても観戦したい彼は、テヘランのスタジアムへ向かう計画を立てる。様々な悪事を働いて金をかき集めるガッセムだったが…。

ネタバレを読む
映画:アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年の紹介:虐待されグールと化した少女と両目を焼かれた少年の出会いと再生を描いた、2018年制作のオーストラリアのホラー・ファンタジー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。ブラジルのファンタスポア国際ファンタスティック映画祭では最優秀脚本賞を受賞、日本では”未体験ゾーンの映画たち2019”で上映された。

ネタバレを読む
映画:ネクロメンティア

ネクロメンティアの紹介:部屋の中で1人、妻の死体に優しく話しかける男。男は、死んだ妻をこの世に「取り戻す」ため、ある取引をするのだが。それは、死者に取り付かれた者たちの、怨念の物語だったことが明かされていく・・・という内容で、序盤・中盤・終盤と、主人公が入れ替わる珍しい構成になっています。映像ソフトの初回リリース時のタイトルは「SAW レイザー」で、その後に原題の「ネクロメンティア」に改題されました。

ネタバレを読む
映画:アブダクションプロジェクト遭遇

アブダクション・プロジェクト ~遭遇~の紹介:UFOの目撃談など、世界各国で起きている超常現象についてアツく語るラジオ番組で、DJを務めている主人公。彼のもとに、怪しい「黒い服の男たち」に追われている女性が逃げ込んできて・・・という物語で、「エイリアン・アブダクション=宇宙人による誘拐」だけでなく、様々な超常現象の要素を取り入れた作品になっています。

ネタバレを読む
映画:スリークリミナルズ

スリー・クリミナルズの紹介:人生の転機を迎えて旅に出たいという叔父の希望を叶えるため、キャンピング・カーを購入した甥っ子兄弟。そんな「なんでもない」はずの行動が、2人を犯罪の渦中へ巻き込むことになったのでした・・・!というクライム・サスペンスで、犯罪モノですが出てくる悪人もほとんどが「憎めないキャラ」の、オフビートな感覚のドラマになっています。

ネタバレを読む
映画:ゴーストチームワン

ゴースト・チーム・ワンの紹介:低予算ながら大ヒットした「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以来、数多く製作されるようになった「POVホラー」の形式を用いて、それを徹底的にチャカしまくったパロディ・ホラーです。POVホラーの定番である、ドキッとさせるシーンはちゃんと作り込まれていて、ゾンビ・パロディ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」のPOVホラー版とも言える作品になっています。

ネタバレを読む
映画:KEY(キー)死体の中の遺留品

KEY(キー)/死体の中の遺留品の紹介:妻を惨殺され、その犯人が見つからず、事件が迷宮入りしてしまったという過去を持つ検死官。ある日、彼が検死した死体から、謎めいた古びた「鍵」が発見される。それ以来、彼はその鍵の虜になってしまう・・・というサスペンス・ドラマで、「謎めいた鍵」に魅入られてしまった人々の悲劇を描いた作品です。

ネタバレを読む
映画:カランコエの花

カランコエの花の紹介:2016年制作の短編映画。レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭グランプリをはじめとする様々な映画賞に輝いた。主演は話題の今田美桜。監督は『尊く厳かな死』の中川駿。高校のある1クラスにて突然「LGBT」の授業が行われた。他のクラスでは授業が無かったと知った生徒たちは、同級生の中に当事者がいるのではないかと騒然となり…。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の紹介:2016年に公開された「仮面ライダーゴースト」の劇場版です。仮面ライダー生誕45周年記念の作品であり、「仮面ライダーゴースト」としては初の単独映画となります。次回作となる「仮面ライダーエグゼイド」も先行登場しています。さらに深海大悟役は沢村一樹氏、アルゴス役は木村了氏、ベートーベンやバッハなどは氣志團が演じているなど、キャスティングも豪華なものになっています。

ネタバレを読む
映画:太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-の紹介:竹野内豊主演で2011年に公開された作品で、太平洋戦争におけるサイパン島での大場栄大尉率いる日本軍の戦いを、日本軍、アメリカ軍双方の視点から描いた作品です。実際にアメリカ海兵隊員としてサイパンに赴いた経験を持つドン・ジョーンズの実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』が原作となっており、日米のスタッフによって映画化が実現した作品でもあります。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダードライブサプライズフューチャー

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャーの紹介:2015年に公開された「仮面ライダードライブ」の単独劇場版です。テレビシリーズの第40話と41話の間のストーリーであり、本編と連動した内容になっています。仮面ライダーダークドライブや仮面ライダー超デッドヒートドライブ、仮面ライダードライブ タイプスペシャルといった新ライダーや新フォームも登場します。さらには次回作の「仮面ライダーゴースト」も本作に先行登場しています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。