映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

「ゲーム・ナイト」はアメリカで製作された2018年公開のサスペンス・コメディ映画です。監督は人気ドラマ「BONES」のランス・スイーツ博士役で知られているジョン・フランシスと、ジョナサン・ゴールドスタイン、主演はジェイソン・ベイトマンとレイチェル・マクアダムスが務めました。ゲーム愛好家の夫婦マックスとアニーは、友人たちと毎週ゲームの日を開催していました。ある日、マックスとアニーたちは、マックスの兄ブルックスが開催する殺人推理ゲームに参加しますが、予想不能なハチャメチャな展開に発展していく…。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:その日、カレーライスができるまで
その日、カレーライスができるまでの紹介:2021年9月3日公開の日本映画。監督としても活動する齊藤工が企画・プロデュース、リリー・フランキーがワンシチュエーションでほぼ一人芝居をする人間ドラマ。三日後に迫った妻の誕生日に食べる特製カレーを仕込む男。愛聴するラジオ番組に向けて、三日目のカレーについてメールを綴る。監督は、齊藤工が企画・プロデュース・出演した「MANRIKI」を手がけた清水康彦。齊藤工の初監督短編「半分ノ世界」以降数々の作品で組む金沢知樹が劇団スーパー・エキセントリック・シアターの野添義弘還暦記念公演に向け書き下ろした戯曲を原案にしている。『HOME FIGHT』(16分)も放映あり。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スザンヌ、16歳
スザンヌ、16歳の紹介:2021年8月21日公開のフランス映画。2020年カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション」に選定されて話題を呼んだ、20歳の新人女性監督スザンヌ・ランドンの脚本・監督・主演映画。パリ・モンマルトルを舞台に高校生が年の離れた大人の男性に恋をする、ひと夏の物語。スザンヌ監督は15歳の時に本作の脚本を執筆。誰にも打ち明けられず、自身の内側に抱えていた思春期の憂うつや恋愛への憧れを昇華させた。この脚本を元に19歳で映画制作に着手し、主演として複雑で不安定な少女の内面を体現、また監督として、その繊細さを瑞々しくスクリーンに映し出した。この若き才能のもと、「BPMビート・パー・ミニット」でナタンを演じたアルノー・ヴァロワや、「17歳」「おもかげ」のフレデリック・ピエロほか、コメディ・フランセーズの役者など実力派俳優たちが結集。また音楽をヴィクトワール賞(フランス版グラミー)の最優秀アルバム賞を獲得した実力派シンガー・ソングライター、ヴァンサン・ドレルムが担当した。ダンスを介した男女のやり取り、現代演劇の挿入のほか、映画、文学、舞台、音楽といったあらゆるカルチャーの名作へのオマージュを盛り込みながら、新世代のやわらかくも鋭い感性で綴られた本作。時代を超え、年齢や性別を超えて誰の心にも通じる普遍性と斬新さをあわせ持つ、まったく新しい映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1965年3月。マーティン・ルーサー・キングJr.牧師の指導の下、黒人の有権者登録妨害への抗議デモがアラバマ州セルマで起こった。 約600名ものデモ隊に対し州知事は、州警察や民兵隊や騎馬警察を使い、催涙弾を撒き一方的な暴力で鎮圧した。 しかしこの映像が全米のテレビで放映されると大きな反響を呼び、結果大統領も腰を上げざるを得ない状況となって行く。   2014年のアメリカの歴史ドラマ映画。ポール・ウェブによる脚本をエイヴァ・デュヴァーネイが改稿・監督。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:沈黙のレジスタンス ~ユダヤ孤児を救った芸術家~
沈黙のレジスタンス ~ユダヤ孤児を救った芸術家~の紹介:2021年8月27日公開のアメリカ&イギリス&ドイツ合作映画。パントマイムの神様と呼ばれ、のちのエンターテインメントに多大な影響を残したマルセル・マルソーの、若き日のレジスタンス運動の真実を描く感動作。『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグがマルセルを演じるほか、『TENET テネット』のクレマンス・ポエジー、『ワルキューレ』のマティアス・シュヴァイクホファーらが出演。監督はベネズエラ出身のジョナタン・ヤクボウィッツ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「アンティークの祝祭」は2020年公開のフランス映画です。監督は「やさしい嘘」や「パパの木」のジュリー・ベルトゥチェリの作品。フランスきっての名女優カトリーヌ・ドヌーブと娘のキアラ・マストロヤンニの母娘が共演したことでも話題になりました。フランスの片田舎に、大量のアンティークのコレクションに囲まれて1人で住むクレール。ある夏の日、クレールは「今日が自分の最期の日」だと悟ります。そこで、長年集めてきた様々な思い出のあるアンティークの品々を全てカレッジセールで売り出すことにします。すると、そこに友人の連絡を受けたクレールの娘のマリーが20年ぶりに母親の前に現れます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:テーラー 人生の仕立て屋
テーラー 人生の仕立て屋の紹介:2021年9月3日公開のギリシャ&ドイツ&ベルギー合作映画。紳士服の仕立て一筋の寡黙な男が依頼を受け、ウェディングドレス作りに挑戦する物語を描く。監督、脚本を務めたのは女性監督、ソニア・リザ・ケンターマン。主演は2011年ギリシャ映画アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞したディミトリス・イメロス。また、アゼルバイジャン共和国出身で、ギリシャの大ヒットテレビシリーズ「10i entoli」などに出演するタミラ・クリエヴァが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版 テニスの王子様
リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版 テニスの王子様の紹介:2021年9月3日公開の日本アニメーション映画。「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」をつなぐ空白の3か月間に起きたエピソードを描く本作。シリーズ初となる3DCGアニメーションの劇場版で、原作者である許斐剛自らが製作総指揮を務める。声の出演は主人公の越前リョーマ役で皆川純子、越前南次郎役で松山鷹志、竜崎桜乃役で高橋美佳子。また、杉田智和、武内駿輔、竹内良太らがシリーズ初出演を果たす。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:鳩の撃退法
鳩の撃退法の紹介:2021年8月27日公開の日本映画。直木賞作家である佐藤正午の同名ベストセラー小説を映画化。主人公の小説家が富山の小さな街で経験した“ある出来事”を基に書く、制作途中の新作小説を巡る物語が展開する。『太陽は動かない』などの藤原竜也を主演に据え、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らが共演。監督は、ドラマ「赤めだか」でギャラクシー賞ほかドラマ界における数々の賞を受賞したタカハタ秀太。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「チア・アップ!」は2020年公開のアメリカのコメディ映画です。監督はザラ・ヘイズ、主演は「ゴット・ファーザー」シリーズや「恋愛適齢期」などのダイアン・キートン。高齢者向けのシニアタウンに引っ越してきたマーサ。昔のチアリーダーに憧れていた彼女は、なんと近所のおばあちゃんたちを集め、平均70歳以上の女性たちでチアリーディングクラブを立ち上げます。パワフルなおばあちゃんたちが魅せる感動のチアリーディング。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:夢判断、そして恐怖体験へ
夢判断、そして恐怖体験への紹介:2021年8月27日公開の日本映画。幸福の科学グループ創始者で総裁の大川隆法が企画する長編映画の第4弾。人びとが実際に体験した不思議な夢や心霊現象、そこに隠された驚くべき真相をリーディングによって解明する、リアルすぎる心霊恐怖体験映画。監督はドキュメンタリー「心に寄り添う。」シリーズの第2弾「光り合う生命。」と第3弾「奇跡との出会い。」を手掛けた奥津貴之。謎の心理カウンセラーの神山圭治を青木涼、見えない世界の真実にめざめていく女子大生・上野葵を山岸芽生が演じている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ふたりの男とひとりの女」は2000年公開のアメリカのコメディー映画。監督は「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟の作品です。主演は「マスク」のジム・キャリーと「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガー。ロング・アイランド州の優秀な警察官チャーリーは恋人のレイラと結婚し、幸せの絶頂にいましたが、レイラに浮気され捨てられてしまいます。チャーリーはショックとストレスから二重人格になってしまい、乱暴者のハンクが生まれてしまいます。そんなハンクは、ある日ニューヨークから来たアイリーンと出会います。アイリーンは様々な犯罪を犯してしる元カレのディッキーに命を狙われており、アイリーンはチャーリーに助けを求め、2人のドタバタな逃避行が始まります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
忠臣蔵外伝 四谷怪談の紹介:1994年製作の日本映画。鶴屋南北原作の怪談「東海道四谷怪談」を、原点に帰って忠臣蔵の物語と融合させ、元赤穂藩侍の民谷伊右衛門と湯女・お岩との恋愛劇の中に四十七士の吉良邸討ち入りのドラマを織り込んだ時代劇。監督は「いつかギラギラする日」の深作欣二。脚本は深作と古求の共同、撮影は石原興が担当。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第2位、同読者選出日本映画ベストテン第2位。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:岬のマヨイガ
岬のマヨイガの紹介:2021年8月27日公開の日本アニメーション映画。岩手出身の児童文学作家・柏葉幸子による東日本大震災をモチーフにしたファンタジー小説を、声優に芦田愛菜を迎えアニメ化。居場所を失った17歳のユイと8歳のひよりは、出会ったキワさんに連れられ、優しい妖怪たちが集う古民家マヨイガで共同生活を始める。監督は『のんのんびより』シリーズの川面真也。芦田愛菜が主人公・ユイの声を担当するほか、本作の舞台である岩手県の県知事・達増拓也が小鎚川の河童の役で声優として参加している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×