映画ネタバレあらすじを7,727件掲載中です

映画:ゴーストランドの惨劇

ゴーストランドの惨劇の紹介:鮮烈な残酷描写が衝撃的だった「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督の、「トールマン」以来6年ぶりの新作となる作品です。引っ越してきたばかりの家に突然現れた、恐るべき襲撃者により人生を狂わされた若い姉妹を、ヒネりを加えた構成で描いています。物語の構成上、あらすじの「結」ではなく、「転」の部分に重要な「ネタバレ」がありますので、ご注意下さい。

ネタバレを読む
映画:デンジャラスブロンド

デンジャラス・ブロンドの紹介:メキシコに旅行へ出かけた女子大生2人が、人身売買の組織に捕らえられ、格闘技に長けたヒロインが決死の脱出を試みるというサスペンス・アクションです。いかにも低予算な作りの作品ですが、終盤には「意外な展開」も加味しています。

ネタバレを読む
映画:ターミネーター(ニューフェイト)

ターミネーター:ニュー・フェイトの紹介:2019年11月8日公開のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統とされる続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。通作6作目。

ネタバレを読む
映画:SHOOT X ~霊撮ゲーム~

SHOOT X ~霊撮ゲーム~の紹介:2018年に公開された日本のホラー映画です。藤江れいな、桃咲まゆ、古野あきほの3人の女性芸能人が実名で登場するモキュメンタリーホラーとなります。そのため全編通してハンディカメラの映像で物語は進んでいきます。さらに主演女優の3人以外はほとんど名前が出てこず、詳細な説明もあまりないため、どういう役柄かも作中ではほぼ明らかにされていません。ですので役名もなく、数人の名前はよく分からないという状態になっています。

ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌10

釣りバカ日誌10の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第11作(レギュラーシリーズ第10作)。監督は「釣りバカ日誌9」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「釣りバカ日誌9」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の西田敏行と「釣りバカ日誌9」の三國連太郎。ゲストとして「安藤組外伝 群狼の系譜」の金子賢、「プロゴルファー織部金次郎5 ─愛しのロストボール─」の宝生舞が出演している。

ネタバレを読む
映画:グーフィーの水泳教室

グーフィーの水泳教室の紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの8作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルに「教室」がつく「グーフィーの教室シリーズ」の一作品である。

ネタバレを読む
映画:グーフィーのフィッシング

グーフィーのフィッシングの紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの9作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルから「教室」が外れているが、過去の「グーフィーの教室シリーズ」と作風は同じである。

ネタバレを読む
映画:ゾンビランド:ダブルタップ

ゾンビランド:ダブルタップの紹介:ゾンビコメディとして大ヒットした前作から10年後に製作された待望の続編で、この10年でそれぞれ名を上げた監督や主なスタッフ、主要登場人物が前作から引き続き登板しています。新たな登場人物も加わり、更に過酷でバラエティに富んだ「ゾンビとの対決」が見どころになっています。

ネタバレを読む
映画:アップグレード

アップグレードの紹介:「SAW」や「インシディアス」シリーズの製作・脚本を務めた、リー・ワネル監督による近未来SFアクションです。最新のAIチップにより四肢のマヒから復活した主人公が、超人的なアクションを繰り広げるのが本作の大きな見どころになっています。

ネタバレを読む
映画:サイコハウス

サイコハウスの紹介:「レイザーバック」や「ハイランダー」などで知られる、ラッセル・マルケイ監督によるサスペンス・スリラーです。夫婦共働きの家にやってきた若いベビーシッターの女性が、実は狂気を内に秘めたサイコな人物だった・・・!という物語で、徐々に明らかになるシッターの過去が見どころのひとつになっています。

ネタバレを読む
映画:ドントヘルプ

ドント・ヘルプの紹介:イーライ・ロス監督の「ノック・ノック」の脚本などを担当した、ギジェルモ・アモエド監督・脚本のメキシコ産オカルトホラーです。裕福な家に強盗に入った3姉妹が体験する、恐ろしい一夜・・・という物語で、ベースは「エクソシストもの」なのですが、かなりヒネった筋書きになっているのが特徴です。

ネタバレを読む
映画:オープングレイブ感染

オープン・グレイブ ー感染ーの紹介:「第9地区」のシャールト・コプリーが主演を務めた、サスペンス・ホラーです。記憶を失くした6人の男女が、互いに疑心暗鬼になりながら、自分たちが「ここにいる」理由を探り始める・・・というシチュエーション・スリラー的な展開から、中盤以降は「別のジャンル」へと変貌していく、凝った構成の作品になっています。

ネタバレを読む
映画:五人ライダー対キングダーク

五人ライダー対キングダークの紹介:1974年に公開された東映の中編映画です。「仮面ライダーX」の劇場版となりますが、シリーズとしては初めてタイトルに特定の仮面ライダーの名前がつけられていません。タイトルからも分かる通り、X以外の歴代4人ライダーも登場しますが、オリジナルキャストは声を当てているのみ(ライダーマンは別)で、変身前の姿では登場していません。一応歴代ライダーの変身シーンで素顔を見せていますが、これは別の映像を流用したものとなっています。

ネタバレを読む
映画:三人の名付親

三人の名付親の紹介:名匠ジョン・フォード監督が過去に自らが撮ったサイレント映画をリメイクした西部劇ドラマ。ピーター・B・カインの小説を映画化した作品であり、三人のならず者たちが突然託された赤ん坊を守りながら懸命に旅を続ける姿を描く。1948年アメリカ製作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。