映画ネタバレあらすじを5,259件掲載中です

ザ・コントロールの紹介:2016年制作のアメリカ映画。恐ろしいドラッグによって引き起こされる恐怖を描いている。監督はアーロン・カウフマン、脚本はジェリー・スタール、音楽はザ・ニュートン・ブラザーズが担当し、ピアース・ブロスナンら出演で贈るサスペンススリラー。

ネタバレを読む

超能力者(韓国)の紹介:幼い頃”見た人間を思い通りに操れる力”により父を殺害、以来孤独に生きていた男が、”操れない男”と出会い、殺戮を重ねていくという、2010年公開の韓国のアクション・サスペンス。監督/脚本は本作が長編デビューとなるキム・ミンソク。主演は「義兄弟 SECRET REUNION」「プリースト 悪魔を葬る者」のカン・ドンウォンと「高地戦」「白夜行-白い闇の中を歩く-」のコ・ス。原題は「HAUNTERS」。2014年には邦版リメイク作品「MONSTERZ モンスターズ」(主演藤原竜也、山田孝之/中田秀夫監督)が公開された。

ネタバレを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの紹介:2017年公開の日本映画。絶妙な細かいディテールが人気の渋谷直角によるサブカルマンガを、妻夫木聡&水原希子の共演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督により実写映画化。奥田民生を崇拝する雑誌編集者を主人公に、全編にわたって奥田民生の楽曲が使用されるラブコメディ。

ネタバレを読む

君の名前で僕を呼んでの紹介:17歳の少年と24歳の青年の儚くも生涯忘れられぬ恋を、イタリアの美しい景色と情感豊かなピアノの旋律とともに綴った珠玉のラブストーリー。
2017年のイタリア・フランス・ブラジル・アメリカの合作。米のアンドレ・アシマンの同名小説を、長編5作目となる伊のルカ・グァダニーノ監督が映像化。90以上の映画賞に輝き、脚色を担当した巨匠ジェームズ・アイヴォリーは米アカデミー賞脚色賞を受賞した。

ネタバレを読む

切り裂き魔ゴーレムの紹介:2016年製作のイギリス映画。実在する犯罪をもとにした、作家ピーター・アクロイドによる犯罪小説を「人生はシネマティック!」のビル・ナイ主演で映画化。ヴィクトリア朝ロンドン。連続猟奇殺人事件の容疑者として4人が浮上。そのうち脚本家は別の事件で殺されており、刑事ジョンは夫殺しを疑われた妻に着目する。

ネタバレを読む

ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~の紹介:2016年製作のフランス映画。制御不能になった車の中という密室で繰り広げられる騒動を描き、本国フランスで大ヒットを記録したコメディ。楽しいはずのバカンスに出かけた一家が、車の故障で度重なるトラブルに見舞われた挙句、家族の危機を迎える姿がつづられる。

ネタバレを読む

スーサイド・ライブの紹介:2017年製作のアメリカ映画。「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメルが過激なリアリティショーの司会を演じるドラマ。放送局WBCは高視聴率獲得を狙い、自殺を生放送する前代未聞の番組を開始。大反響を呼ぶが、視聴者を逃すまいと次第に内容がエスカレートしていく…。

ネタバレを読む

鷲は舞いおりたの紹介:1976年にイギリスで製作された戦争ドラマ。第二次世界大戦中にチャーチル誘拐計画の任務に身を投じたドイツ軍の少数精鋭部隊の戦いを描いていく。「大脱走」で知られるジョン・スタージェス監督がジャック・ヒギンズによる小説を映画化した作品で、マイケル・ケイン、ドナルド・サザーランド、ロバート・デュバルが主演を務めた。

ネタバレを読む

ドリーマーズの紹介:2003年公開。1968年のパリを舞台に、アメリカ人の青年と美しい双子の姉弟の愛を描いている。ギルバート・アデアの小説が原作で、ベルナルド・ベルトルッチが監督を務めた作品。エヴァ・グリーン、マイケル・ピット、ルイ・ガレルらが出演したドラマ。

ネタバレを読む

SPOOKS スプークス/MI-5の紹介:2015年制作のイギリス映画。MI-5の諜報員たちの活躍を描いたサスペンスアクション。人気テレビシリーズをモチーフに制作され、キット・ハリントンが主演を務め、ピーター・ファースなどオリジナルメンバーも参加した作品。

ネタバレを読む

男はつらいよ 純情篇の紹介:1971年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの6作目。旅から戻った寅次郎は、自室に下宿人がいることに立腹するが、下宿人が美人の女性・夕子だと知ると態度を変える。博がたこ社長の工場からの独立を考える回でもある。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。