映画ネタバレあらすじを6,509件掲載中です

映画:ザスクリブラー

ザ・スクリブラーの紹介:2014年アメリカで制作されたSFスリラーです。同名グラフィック・ノベルを実写映画化した作品で、アメコミを意識した世界観となっています。主演を務めたケイティ・キャシディが、アクションやベッドシーンを披露したことで話題を集めた作品です。ケイティは他にもアメコミを原案とした「ARROW/アロー」でヒロインを演じ、代表作には「エルム街の悪夢」があります。また映画作品だけではなく、テレビドラマにも多数出演している人気の女優さんです。

ネタバレを読む
映画:あこがれ(1958年)

あこがれの紹介:1958年の仏映画。ヌーヴェル・ヴァーグを代表するひとりである巨匠フランソワ・トリュフォーの初期作品。トリュフォーが本格的に手掛けた初めての作品で、原作はモーリス・ポンスの短編小説。原題は悪ガキという意味合いの『Les Mistons』。フランスの片田舎の5人の少年たちが、憧れの年上女性に夢中になる姿を甘酸っぱく綴った珠玉の短編映画。

ネタバレを読む
映画:デイオブザデッド

デイ・オブ・ザ・デッドの紹介:ゾンビ映画界の大御所ジョージ・A・ロメロ監督の「死霊のえじき」のリメイク作品です。「死霊のえじき」をベースとしてはいますが、アレンジの要素が強いため、ほぼほぼオリジナルな設定と内容になっています。ですのでリメイク元の「死霊のえじき」よりもサバイバルホラーアクションの要素が強いです。なお本作のゾンビは走ったり、飛んだりと、従来のゾンビよりもアグレッシブに動くのも特徴の1つだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン 正義超人vs古代超人

キン肉マン 正義超人vs古代超人の紹介:「キン肉マン」映画シリーズの第3作となります。「黄金マスク編」が終わった後の物語とされており、内容は完全オリジナルです。前作では原作をベースとしていましたが、本作は映画ならではの内容です。正義超人誕生の設定も映画オリジナルのものとなっており、サタンキングという強大な悪がボスキャラとして設定されています。さらに映画第1作目に登場したウコン一族の子孫も出演しています。

ネタバレを読む
映画:グラウンドデス

グラウンド・デスの紹介:2018年製作のデンマーク映画。地下20mに生き埋めとなった極限状態の人間を描き出すサバイバルスリラー。地下鉄のPRコーディネーターであるリーは、トンネル工事の取材に訪れる。ふたりの作業員に案内され、地下20mにある狭い作業室へ入ると、トンネル内で火災が起こり…。

ネタバレを読む
映画:バイオハザードアイランド

バイオハザード・アイランドの紹介:2012年にアメリカで制作されたB級ゾンビ映画です。本作品のジャケットではヒロインのツイーターがでかでかと写っており、いかにも女戦士が主人公の映画といった感じなのですが、、主人公はどう考えてもエルヴィスです。これは本家バイオハザードシリーズに対抗してか、あるいは便乗しようとしたものかもしれませんね。なお原題は『dead season』と、バイオハザードシリーズとは似ても似つかないタイトルとなっています。

ネタバレを読む
映画:メガストーム

メガストームの紹介:竜巻をテーマとしたディザスターパニックものです。「パシフィックリム」に携わったVFX制作会社が手がけているため、迫力抜群の映画に仕上がっています。冴えない男が愛する人を守るため、仲間と共に竜巻に立ち向かうというストーリーになっています。とはいえただの竜巻ものではなく、「トトメス3世の剣」というアイテムを使ったパニックムービーになっているため、ファンタジーめいた要素があるのも本作の特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:3D彼女リアルガール

3D彼女 リアルガールの紹介:2018年9月14日公開の日本映画。テレビアニメにもなった那波マオ原作の人気コミックを、佐野勇斗&中条あやみ主演で映画化した青春ラブストーリー。突然、学校一の美少女とつきあうことになった2次元オタクの少年が、周囲の助けもあり、初めての3次元の恋を成就させようと奮闘する姿が描かれる。

ネタバレを読む
映画:ブラックサンデー

ブラック・サンデーの紹介:パレスチナの過激派「黒い9月」のメンバーが、ベトナム戦争の後遺症で母国に恨みを持ったアメリカ人と手を組み、スーパー・ボウルに詰め掛けた大観衆を惨殺するテロ計画を企てる。着々と進むテロ計画の推移と、計画を阻止しようと奔走するイスラエル特殊部隊の男の活躍を描く。完成度の高い娯楽作として興行的にも期待されていたが、日本では1977年の公開前に劇場爆破予告が入り、やむなく上映中止となった。その後2006年にビデオが発売され、2011年「午前10時の映画祭」で、ようやく日本劇場初上映が実現した。

ネタバレを読む
映画:チャイルドプレイ3

チャイルド・プレイ3の紹介:1991年に公開された「チャッキーシリーズ」の第3弾です。本作の主人公は1作目、2作目でも活躍したアンディ・バークレーです。今回は青年となったアンディが、復活したチャッキーに立ち向かうというものになっています。時系列としては前作から8年後です。前作と違い、アンディは青年という設定であるため、ヒロインの女兵士シルヴァとの恋愛要素も描かれているのが本作の特徴だと言えます。シリーズファンにとっては成長したアンディの活躍が見れます。それと本作は続編であるため、1作目、2作目を見た人でないと話の流れは分からないかもしれません。

ネタバレを読む
映画:デスウィッシュ

デス・ウィッシュの紹介:2018年10月19日公開のアメリカ映画。かつてチャールズ・ブロンソン主演で映画化された『狼よさらば』を、イーライ・ロス監督&ブルース・ウィリス主演でリメイクしたサスペンス・アクション。救急救命医として人命救助に当たる外科医が、妻を殺し、娘を昏睡状態に陥れた犯人に復讐するため、銃を手に取る…。主人公が銃の扱い方をYouTubeで学んだり、現代的な要素が盛り込まれている。

ネタバレを読む
映画:チャイルドプレイ誕生の秘密

チャイルド・プレイ 誕生の秘密の紹介:「チャッキーシリーズ」の6作目となります。本作の主人公ニカを演じるフィオナ・ドゥーリフは、チャッキーの声を担当しているブラッド・ドゥーリフの実の娘だそうです。しかもラストに登場するアンディ・バークレーは、第1作目から第3作目でアンディを演じていたアレックス・ヴィンセントが担当しています。大人と子供のアンディを演じているのが同じ俳優というのも、長期シリーズだからこそできる配役と言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ザビートルズEIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Yearsの紹介:2016年のイギリス・アメリカ合作によるビートルズのドキュメンタリー。1962年から1966年のライブツアーの映像やインタビューを通して、当時のバンドが抱えていた苦悩や作曲秘話を明らかにしていく。アカデミー賞受賞経験者のロン・ハワードが監督を務め、第69回エミー賞ではノンフィクション部門で音響賞、編集賞を受賞した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。