映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

「わがままなヴァカンス」は、2020年公開のフランス映画です。16歳の少女が体験する刺激的なひと夏を描いた青春映画です。監督は「プラネタリウム」や「美しい棘」のレベッカ・ズロトヴスキが監督と脚本を担当しています。16歳のネイマは明日に夏休みを控えていたある日、自宅に22歳の従妹のソフィアがやって来ます。ソフィアと久々に再会しますが、彼女は以前とは変わっており、魅力的で妖しい雰囲気の美女になっていました。夏休みの間、ソフィアと行動を共にするネイマは、奔放で魅力的な彼女に憧れ、少し危険で大人な世界を経験します。     ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:人肉村
人肉村の紹介:2021年8月20日公開のカナダ映画。逃げ場のない迷宮で繰り広げられる、食人一家の宴を映し出すカナダ発のホラー。郊外の一本道、ドライブ旅行を楽しんでいた男女4人の若者たちが車の故障で孤立してしまう。そんな彼らを“獲物”として狙うワトソン一家によって若者たちは次々と拉致されてゆく。「レベル15」のサイモン・フィリップスが狂気の食人一家の長男を演じる。監督は、カナダのTV界で注目の若手演出家兼カメラマンとして活躍するエイドリアン・ラングレー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:サイコ・ゴアマン
サイコ・ゴアマンの紹介:2021年7月30日公開のカナダ映画。暗黒の覇者でありながら、1人の少女に絶対服従せざるを得なくなる宇宙人の運命を描くSFアドベンチャー。ある日、ルークとミミの兄妹は、太古から埋められていた宇宙人を復活させてしまう。だが、謎の光る宝石を手にしたミミが宇宙人をコントロールし始め……。監督は「マンボーグ」「ザ・ヴォイド」のスティーヴン・コスタンスキ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:オールド
オールドの紹介:2021年8月27日公開のアメリカ映画。『シックス・センス』、『スプリット』などを生みだしたM・ナイト・シャマラン監督によるサバイバルスリラー。時間が異常な速さで進み、脱出することもできないビーチで、極限状態に陥っていく人々の恐怖を描く。『バベル』のガエル・ガルシア・ベルナル、『ジョジョ・ラビット』のトーマシン・マッケンジー、「ジュマンジ」シリーズのアレックス・ウルフ、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のエリザ・スカンレンらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スペース・プレイヤーズ
スペース・プレイヤーズの紹介:2021年8月27日公開のアメリカ映画。映画会社ワーナー・ブラザースの人気キャラクターたちとNBAの実在選手が、バーチャルワールドでe-スポーツバトルを繰り広げるアドベンチャー。マイケル・ジョーダンと「ルーニー・テューンズ」がコラボした『スペース・ジャム』の続編で、現役NBAプレイヤーであるレブロン・ジェームズが本人役で主演する。『ブラックパンサー』のライアン・クーグラーが製作を、『最終絶叫計画5』のマルコム・D・リーが監督を務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
坂口安吾原作の「肝臓先生」を、巨匠今村昌平がメガホンを取った一作。当初、主役は今村組の常連、北村和夫に決まっていたが三國連太郎に変更になったが降板により、焦点が当たったのは共演が決まっていた柄本明であった。しかし本作は柄本の代表作のひとつとなり、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ映画賞を総なめにした。昭和20年を舞台に肝臓炎の研究に文字通り走り回り尽力した町医者と人々のコミカルなヒューマンドラマ、1998年劇場公開作品、129分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「金閣寺」「潮騒」と数々の名作を世に出し、アカデミー文学賞も獲れると称されていた三島由紀夫、しかし彼は1968年、自衛隊国軍化を叫ぶため彼が集めた「楯の会」メンバーと共に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へと向かい演説をしたのち、割腹自殺を遂げる。彼に、そして彼を囲む若者たちになにがあったのか?若松孝二が描く三島由紀夫とは?主演は本作を撮るにあたり「ARATA」から本名に変えた井浦新、共演は満島真之介、寺島しのぶなど。2012年劇場公開作品。119分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
 ナチスドイツ時代に、ベルリンでホロコーストから逃れるために身分を隠しながら生活し、ゲシュタポや監視から目をくらまし生き残った1500人のユダヤ人の再現ドラマとインタビューを交互に映し出す映画、製作国はドイツ、2018年劇場公開作品、クラウス・レーフレ監督作品、110分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:リル・バック ストリートから世界へ
リル・バック ストリートから世界への紹介:2021年8月20日公開のフランス&アメリカ合作映画。世界的ダンサー、リル・バックの半生に迫るドキュメンタリー。アメリカ・テネシー州メンフィスのゲットーで育ったリル・バック。チェロ奏者ヨーヨー・マの演奏で踊るその姿を、スパイク・ジョーンズが偶然携帯で撮影し投稿したことから、彼の未来が動き始める。監督は、「ブラック・スワン」の振付師であるベンジャミン・ミルピエを追ったドキュメンタリー『Dancing is Living : Benjamin Millepied』で知られるルイ・ウォレカン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アーヤと魔女
アーヤと魔女の紹介:2021年8月27日公開の日本長編アニメーション映画。『ハウルの動く城』のダイアナ・ウィン・ジョーンズによる原作を、企画の宮埼駿や監督の宮崎吾朗をはじめとする精鋭スタッフによって映像化した、スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション。たくましくひたむき、時にはしたたかなヒロインのアーヤの姿を描く。2020年のカンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出されており、劇場公開版では、同年12月にNHK総合で放送されたものに新たなカットが追加されている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ホロコーストの罪人
ホロコーストの罪人の紹介:2021年8月27日公開のノルウェー映画。第二次大戦中、ノルウェー秘密国家警察がホロコーストに加担していた衝撃の実話を映画化。ブラウデ一家は息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていた。だがナチス・ドイツがノルウェーに侵攻、チャールズはベルグ収容所へ連行され、強制労働を強いられる。出演は「獣は月夜に夢を見る」のヤーコブ・オフテブロ、「ミレニアム」シリーズのミカリス・コウトソグイアナキス。監督は『HARAJUKU』のエイリーク・スヴェンソン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2021年製作のアメリカ映画で、地図上からその存在を抹消された廃坑の調査にやって来たメンバーが、予想もしなかった恐怖に襲われる様を描いた作品です。ヒロインのいで立ちが「トゥーム・レイダー」を思わせるのを始め、「ディセント」などの洞窟ホラー映画を彷彿とさせるなど、過去作の色んな要素を取り入れたような作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ベイビーわるきゅーれ
ベイビーわるきゅーれの紹介:2021年7月30日公開の日本映画。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019短編コンペティション部門グランプリを受賞した「ぱん。」の阪元裕吾監督による青春アクション。殺し屋のちさととまひろは、高校を卒業し表向きは社会人として振る舞わなければならず、社会の理不尽さに揉まれる。「ある用務員」などに出演、舞台『鬼滅の刃』で注目される髙石あかりと、「るろうに剣心 最終章」シリーズでスタントダブルを務めたスタントパフォーマーの伊澤彩織が、社会に馴染もうと奮闘する元女子高生の殺し屋コンビを演じる。アクション監督を、「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」シリーズなどを手がけてきた園村健介が務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年製作のアメリカ映画で、ふとしたことから因果応報(=カルマ、本作の原題)の悲劇に巻き込まれてしまう、主人公とその家族の恐怖を描いています。霊的存在による襲撃ではなく、「ファイナル・デスティネーション」シリーズのような、日常生活に潜む危険が襲ってくる展開になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×