映画ネタバレあらすじを7,046件掲載中です

映画:アメリカンヒストリーX

アメリカン・ヒストリーXの紹介:1998年制作のアメリカ映画。主演はエドワード・ノートンとエドワード・ファーロング。CM界の奇才トニー・ケイの初監督作品で、アメリカの社会問題である人種問題を浮き彫りにした秀作。日本公開は2000年。

ネタバレを読む
映画:ヒア アフター

ヒア アフターの紹介:2010年のアメリカ映画。監督はクリント・イーストウッド、製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。出演はマット・デイモンとセシル・ドゥ・フランス。死後の世界にとらわれる3人の登場人物の苦悩と解放を描いている。日本公開は2011年。

ネタバレを読む
映画:マンイーター

マンイーターの紹介:2007年に公開されたパニック映画です。巨大な人食いワニを主題にした映画となっており、キャスト陣が豪華な点が特徴的だと言えるでしょう。たとえば「サイレントヒル」の主人公ラダ・ミッチェル氏、「エイリアス」のマイケル・ヴァルタン氏、「アバター」のサム・ワーシントン氏、「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ氏などです。ただしサム・ワーシントン氏とミア・ワシコウスカ氏はどちらもメインキャストではありません。

ネタバレを読む
映画:世にも奇妙な物語12DVDの特別編vol.2

世にも奇妙な物語 DVDの特別編vol.2の紹介:2008年4月2日発売の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語 ビデオの特別編』のDVD復刻版。「管理人」「完全治療法」「のぞみ、西へ」「女は死んでいない」「2040年のメリークリスマス」収録。

ネタバレを読む
映画:ミスエデュケーション

ミスエデュケーションの紹介:2018年のアメリカ映画で、日本では劇場未公開。原作はエミリー・M・ダンフォースの小説。若手女性監督のデジレー・アカバンが映像化し、実力派女優のクロエ・グレース・モレッツが同性愛者を演じ、サンダンス映画祭2018のドラマ部門でグランプリを受賞した。1993年。高校生のキャメロンは、同性の恋人とのセックス現場を同級生に目撃されてしまう。キャメロンと暮らしていた叔母は、彼女を矯正施設『神の約束』に入所させるのだが…。

ネタバレを読む
映画:ジャンヌダルク

ジャンヌ・ダルクの紹介:リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の歴史ドラマ。英仏戦争におけるジャンヌ・ダルクの勇姿とその後の悲劇を迫力の映像で描いていく。第25回セザール賞では、音響賞と衣装デザイン賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ66

ほんとにあった!呪いのビデオ66の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2016年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第66作。山中の沼にまつわる怪現象を追う「六十六」、心霊スポットに現れる巨大な顔「ぎょうさん」、青木ヶ原樹海の都市伝説「樹海」など6本を紹介する。演出/構成は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:相対性理論

相対性理論の紹介:2014年製作。Tick Tack製作の短編映画シリーズの4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなし「浦島太郎」をモチーフとした連作短編映画シリーズの第4弾として製作された。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackの中心人物でもある堤真矢が務めている。第一弾の作品から第五弾の「浦島太郎」まで緻密に製作されていることが特徴であり、評価されている。

ネタバレを読む
映画:タマテバコ

タマテバコの紹介:2014年製作。Tick Tack製作の連作短編映画シリーズの第4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなしの「浦島太郎」をモチーフとした、全5作から成る連作短編映画シリーズの4作目に当たる作品である。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackプロジェクトの中心人物でもある映像作家の堤真矢監督。今作では浦島太郎の玉手箱にフォーカスを当てている。

ネタバレを読む
映画:名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウの紹介:2019年公開。世界中で人気の日本が生んだゲームシリーズ「ポケットモンスター」シリーズの最も著名なポケモン・ピカチュウを主人公としたスピンオフゲーム「名探偵ピカチュウ」をハリウッドが実写映画化した作品。CG技術を駆使して、実際に俳優が演技している映像に数多くのポケモンを合成して作品を仕上げた。ピカチュウの声を演じたのは「デッドプール」シリーズでお馴染みのコメディ俳優ライアン・レイノルズ。

ネタバレを読む
映画:デストラップ仮面を被った復讐者

デス・トラップ 仮面を被った復讐者の紹介:2016年に制作された映画で、いわゆるサスペンスホラー作品です。いたずらによって1人の女性が重い障害を負い、それからしばらく経って関係者が集められるというストーリーです。関係者たちが次々殺されていくという物語そのものは非常にシンプルであり、そこまで複雑なストーリーではありません。タイトルからも分かる通り、復讐がメインの話になっており、登場人物が多いですが、ほとんどはそこまで重要なキャラクターではないです。

ネタバレを読む
映画:世にも奇妙な物語11DVDの特別編vol.1

世にも奇妙な物語 DVDの特別編vol.1の紹介:2008年4月2日発売の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語 ビデオの特別編』のDVD復刻版。「ルナティック・ラヴ」「友子の長い夜」「扉の先」「ウイルス」「自殺悲願」収録。

ネタバレを読む
映画:レッドドラゴン新怒りの鉄拳

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳の紹介:1976年に公開されたアクション映画で、原題は「新精武門」です。ブルース・リー主演の「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編と銘打たれていますが、前作を見ていなくても楽しめる作りになっています。主演は大人気カンフースターのジャッキー・チェンで、本作は再デビュー作となります。オリジナル版と日本版の2種類があり、後者は30分近くシーンがカットされています。この記事で紹介しているストーリーは日本版のものであるため、オリジナル版とは多少ストーリー展開が異なります。

ネタバレを読む
映画:スイスアーミーマン

スイス・アーミー・マンの紹介:2016年制作のアメリカ映画。監督・脚本は、ダニエル・シャイナートとダニエル・クワンのコンビ。主演はポール・ダノとダニエル・ラドクリフ。映画のタイトルは、死体がスイスアーミーナイフのように多機能を備えていることに由来している。日本公開は2017年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。