映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

映画:幸せパズル
幸せパズルの紹介:第60回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品されたアルゼンチン映画。女性監督ならではの繊細な表現が光っている。ブエノスアイレスの生活雑貨や服もみどころ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:俺たちに明日はない
俺たちに明日はないの紹介:実在の銀行強盗をモデルにした、アメリカンニューシネマを代表する名作。今日、「ボニーとクライド」は刹那的に人生を駆け抜ける生き方の象徴ともいえる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:Dearフランキー
Dearフランキーの紹介:オペラ座の怪人で主役を演じたジェラルド・バトラー主演の映画。スコットランドが舞台のマイナー作、しかも監督はこの映画がデビュー作。カンヌ映画祭では10分以上のスタンディングオベーションを受け世界各国で上映されました。 ネタバレを読む
映画:悪の法則
悪の法則の紹介:ビュリッツァー賞作家の書き下ろした脚本を、巨匠リドリー・スコットが映画化。若くハンサムで、美しい恋人との結婚を控えた弁護士が、出来心で手を染めた裏社会のビジネスがきっかけで、危険にさらされ、転落していく姿を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:サイレン(FORBIDDEN SIREN)
ソニーコンピューターエンターティメント(SCEI)から発売されたホラーゲームを下敷きに、「TRICK」「二十世紀少年」などエンターティメント作を得意とする堤幸彦監督が生み出した和製ホラー。孤島の閉塞感と響くサイレンの不気味さはそのままに、ゲームとは全く異なった切り口の恐怖が迫る。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:ミザリー
ミザリーの紹介:1990年製作のアメリカ映画。スティーブン・キングの同名小説の映画化。この映画の見所はアニー役のキャシー・ベイツの演技力です。アカデミー主演女優賞をいただだけ納得のできる作品です。もう、怖過ぎてインパクトがあります。ストーカーの素になったとも言える作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:非現実の王国で
非現実の王国での紹介:アウトサイダーアートとして名高いヘンリー・ダガーの生涯を追ったドキュメンタリー映画。彼の絵の制作に関わった生い立ち迄、1万ページに渡る理解しがたい自作の物語「非現実の王国で」の解説ドキュメンタリー映画 ネタバレを読む
映画:時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジの紹介:1971年製作のアメリカ映画。スタンリーキューブリック監督が映画化した作品で有名だが、原作者にはとても気に入られていない作品(小説版の完結版の最後の章を映画版に取り入れていないため、ラストが変わってしまうから)。スタイリッシュで奇をてらったファッションなどにも注目。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:ウルフオブウォールストリート
ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年製作のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督による伝記・コメディ映画。実在の株式ブローカーで、ウォール街の狼と呼ばれた男・ジョーダン・ベルフォートの回想録を原作としている。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空にの紹介:ホラーの帝王、スティーブン・キング原作のヒューマンドラマ。過酷な状況の中でも希望を失わず生きていく人間の輝きとたくましさを描くヒューマンドラマ。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など多数受賞の名作。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:サイレントヒル(リベレーション3D)
日本が誇るコナミの大ヒットゲーム「サイレントヒル」の映画化第二弾。映画としては前回の、ゲームは「3」を基に制作されている。前作でシャロンという名前だった少女はヘザーという名を名乗り、自分の出生の秘密を探る。彼女が導かれるように辿り着く場所は、あの呪われた街・サイレントヒル。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×