映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

映画:ミッションインポッシブル1
ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2017年7月現在、シリーズが5作目まで作られており、2018年に6作目が公開予定の超人気映画シリーズ。 ネタバレを読む みんなの感想が9件届いてます
映画:眠狂四郎勝負
眠狂四郎勝負の紹介:1964年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎殺法帖
眠狂四郎殺法帖の紹介:1963年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。 ネタバレを読む
映画:夜霧よ今夜も有難う
夜霧よ今夜も有難うの紹介:1967年の日本映画。アメリカ映画「カサブランカ」(1942年作 ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン・主演)を翻案して、石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演により映画化した名作。同名の主題歌もヒットした。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:グローリー
グローリーの紹介:1989年のアメリカ映画。南北戦争で実際に存在したアメリカ合衆国初の黒人部隊を描いた作品。この作品で黒人兵士を演じたデンゼル・ワシントンは第62回アカデミー賞および第42回ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞した。 ネタバレを読む
映画:イーオン・フラックス
イーオン・フラックスの紹介:2005年制作のアメリカ映画。シャーリーズ・セロン主演のSF映画で、短編アニメ映画、コミックス化されるなどカルト的人気を誇る。アニメ版では主人公は毎回死ぬ構成を取っているが、映画では設定が変更されている。 ネタバレを読む
映画:ジョーズ2
ジョーズ2の紹介:1978年のアメリカ映画。1975年の作品『ジョーズ』の続編にあたる。前作の監督・スティーヴン・スピルバーグが辞退し、ヤノット・シュワルツが監督を務める。前作の3年後という設定で、海辺の町アミティを再びサメの恐怖が襲う。 ネタバレを読む みんなの感想が9件届いてます
映画:ジョーズ
ジョーズの紹介:1975年のアメリカ映画。1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同名の小説を原作とし、スティーヴン・スピルバーグの監督作品。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。 ネタバレを読む みんなの感想が9件届いてます
映画:いつも2人で
いつも2人での紹介:1967年制作のイギリス映画。スタンリー・ドーネンが監督を務める。12年間にわたる一組の夫婦を、時間を交差させながら描かれたもので、時代によって異なる愛車を手がかりに見ていくと分かりやすい。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリー
ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの紹介:1993年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第3弾。赤ちゃんたちは言葉を発する年齢になったので、今度はペットとしてジェームズ一家に迎えられた犬が!? ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツ
ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの紹介:1990年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第2弾。前作で結ばれた2人に今度は女の赤ちゃんが生まれ、またもや騒動が勃発する。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
映画:ベイビー・トーク
ベイビー・トークの紹介:1989年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から大人のおかしさを描写するシリーズの第1作。シリーズは3作品。赤ん坊マイキーの声をブルース・ウィリスが演じているほか、低迷していたジョン・トラボルタが再起した作品でもある。 ネタバレを読む みんなの感想が8件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×