映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

映画:LIARGAMEライアーゲーム再生REBORNリボーン
LIAR GAME[ライアーゲーム] -再生-の紹介:2012年公開の日本映画。原作の漫画とは別設定で繰り広げられる、緊張感溢れる知能派サスペンス映画。ライアーゲーム・ファイナルステージから2年後が舞台。ゲームに勝てば多額の賞金、負ければ地獄が待っている。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:es[エス]
es[エス]の紹介:2002年公開のドイツ映画。実際に行われた「スタンフォード監獄実験」を元に作成されています。募集で集められた人を看守役と囚人役に分かれてもらいどういう精神状態になるのかを観察していきます。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:×(バツ)ゲーム
小説を原作とした作品の映画化。最後までハラハラした緊張感に包まれています。12年前のいじめと同じ罰ゲームが始まり、次第にこの仕組まれた罰ゲームの犯人が明らかになる。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:バイオハザードⅤ5リトリビューション
バイオハザードV リトリビューションの紹介:2012年公開のアメリカ映画。大ヒットシリーズとなったホラーアクションゲームの映画化第5弾。地球上にはゾンビウィルスが蔓延し、アンデッドで溢れかえる状況の中、驚愕の新事実が明らかになる。ニューヨークや東京、モスクワなどで撮影が行われた。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:先生を流産させる会
実際に愛知県で起きた事件を基に作られた問題作。犯行グループの生徒を男子から女子へと設定変更することによって、思春期の少女と年代の違う女性間に渦巻く悪意を、衝撃的に描いた。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:鑑定士と顔のない依頼人
「ニューシネマ・パラダイス」を手掛けたトルナトーレ監督と、同作品で音楽を手掛けたモリコーネがコンビを組んだ最高傑作。天才的な審美眼を持つ初老の美術鑑定士のヴァージルが、資産家の娘から遺産として託された美術品の鑑定を依頼される。一度も恋愛経験の無いヴァージルは不思議な依頼人に次第に惹かれていきます。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:キャタピラー
2010年上映の日本映画。監督は若松 孝二 氏。江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をメインとしたオリジナルの物語。日中戦争に翻弄された夫婦の姿を通し戦争が残した愚かさと悲劇、そしてある意味『性と生』を現した作品。主演の寺島しのぶは、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女 優賞を受賞。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:パシフィック・リム
興行収入ランキングでは初登場6位で、2013年に開催されたハリウッド映画祭において、ジョン・ノールが視覚効果賞を受賞した。日本では通常のテレビCMに加え、日本語吹き替え版やその映像に往年の東宝特撮映画風の手書き字幕を重ねたテレビCMも公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:悪の教典
「悪の教典」は原作 貴志祐介のサスペンスホラー小説で、第1回山田風太郎賞を受賞しました。映画化にあたり監督を務めたのは三池崇史、主演俳優は伊藤英明です。映画が公開されるにあたり、初日2日間で興収2億9,894万5,000円、動員21万5,059人を動員し、大成功を収めました。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×