【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

映画:ボディヒートサーガ魔性伝説
1位

ボディヒート・サーガ 魔性伝説の紹介:2017年製作のアメリカ映画。エロティック“美女”サスペンス「ボディヒート」シリーズが復活。売れない画家・アダムは、同じアパートに住む悪友につき合わされ、ある森に出掛けた。そこで、息をのむほどに美しく完璧な肢体を持つ謎の女と出会うが…。エリ・エバンズ主演。

ネタバレを読む
映画:キッズリベンジ
2位

キッズ・リベンジの紹介:2012年に制作されたアメリカの映画です。原題は「THE AGGRESSION SCALE」で、意味は「攻撃性尺度」となります。元々は医学用語で、本作の主人公たる少年を示す言葉としてぴったりでしょう。この映画はマフィアの両親を殺された姉弟が奮闘するという物語なのですが、少年は子供とは思えない戦闘力の高さを有しています。わりとバイオレンスな描写も多く、巷では「過激なホーム・アローンだ」と言われているようです。

ネタバレを読む
映画:MissZOMBIE
3位

Miss ZOMBIEの紹介:2013年に公開された日本のゾンビ映画です。元来ゾンビものといえば、人々が襲われる様を売りにしていますが、本作は人々の人間模様を見所にしています。人を襲わないゾンビがやってきたことから家族の関係がおかしくなっていくという一風変わった内容のゾンビもので、ほぼ全編に渡ってモノクロ映像なのも特徴的です。SABU監督による完全オリジナルストーリーで、第34回ポルト国際映画祭において日本初のグランプリを受賞しています。

ネタバレを読む
映画:スノーロワイヤル
4位

スノー・ロワイヤルの紹介:2019年製作のアメリカ映画。マフィアに息子を殺された除雪作業員の壮絶なる復讐劇を描く、リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション。犯罪小説で得た殺しの知識によって、たった1人でマフィアに立ち向かっていく男をニーソンが熱演。ノルウェーの鬼才と呼ばれるハンス・ペテル・モランド監督がステラン・スカルスガルド主演で映画化した自作をリメイク。

ネタバレを読む
映画:悪夢のエレベーター
5位

悪夢のエレベーターの紹介:2009年に公開されたミステリー映画で、木下半太氏の小説「悪夢のエレベーター」を原作としています。この小説はテレビドラマ化や舞台化などもされているほどの人気作品です。内野聖陽氏、佐津川愛美氏、モト冬樹氏、斎藤工氏などの豪華俳優陣がメインキャストを務めており、予測の付かないストーリー展開が醍醐味の一つだと言えるでしょう。さらに本作には俳優やタレント、放送作家としても活動している堀部圭亮氏が監督として携わっています。

ネタバレを読む
映画:アガサクリスティーねじれた家
6位

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2019年に公開されたミステリー映画です。タイトルからも分かるとおり、ミステリーの女王と称されるアガサ・クリスティー氏の「ねじれた家」を原作とした作品となります。「ねじれた家」は1949年に発表された小説ですが、映画化されるのは本作が初めてのことです。この「ねじれた家」は著者自身が最高傑作と謳っているほどの作品なので、今まで誰も実写化に挑戦する人がいなかったのかもしれませんね。

ネタバレを読む
映画:推理作家ポー 最期の5日間
7位

推理作家ポー 最期の5日間の紹介:2012年に公開された映画です。実在の推理作家エドガー・アラン・ポーを主人公に据えています。ポーの最期はいろいろと謎が多いとされており、いまだに詳しいことは分かっていません。そんな謎めいた最期に切り込んだのが本作です。こういうことがあったのではないかという推測の元、ミステリー風なエッセンスを加えた独自解釈になっています。そのためポーについての知識があれば、より楽しめるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:THEPOOLザプール
8位

THE POOL ザ・プールの紹介:2018年製作のタイ映画。深さ6mのプールを舞台に、人間とワニの死闘を描いたタイ製シチュエーションスリラー。アートディレクターのデイは、プールでの撮影後、水に浮かべたエアマットの上で眠っていた。目覚めると水が抜け始めており、ひとりでは上がれなくなってしまい…。

ネタバレを読む
映画:屋根裏の散歩者(2016年)
9位

屋根裏の散歩者(2016年)の紹介:2016年に公開された映画です。江戸川乱歩氏の小説「屋根裏の散歩者」をベースにしており、オリジナルキャラクターである女性を2人加え、独自のアレンジを施しています。「江戸川乱歩エロティックシリーズ」の第3弾でもあり、その名の通り、どこか官能的な雰囲気漂う作品です。原作では郷田が主人公でしたが、本作では照子と直子という2人の女性を主演に据え、本作ならではの三角関係を描き出しています。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキングは殺せない!?
10位

スティーヴン・キングは殺せない!?の紹介:2012年に公開されたホラー映画です。ホラー小説の大御所スティーヴン・キング氏の作品をパロディに使った異色の映画で、元ネタを知っているならより楽しめるかもしれません。監督はモンロー・マン氏、脚本はロニー・カリル氏が担当しています。どちらもメインキャストとして映画に出演しています。いたるところにキング小説のパロディが詰め込まれているため、知っている人ならニヤリとできるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:フレーム危険動画サイト
11位

フレーム 危険動画サイトの紹介:2017年製作のスペイン映画。いまや当たり前となった動画配信サービスを題材に、徹底した批判精神と突き抜けた娯楽精神を併せ持つ究極のビジュアル・ショックホラーが登場。『時計じかけのオレンジ』や『ファニーゲーム』を彷彿させる容赦のないビジター・ヴァイオレンスがあなたの目を釘付けにする…!

ネタバレを読む
映画:デッドウィッシュ
12位

デッド・ウィッシュの紹介:2018年製作のアメリカ映画。「ファイナル・デスティネーション」の脚本家ジェフリー・レディックが製作・脚本・原案を担当したスリラー。父の葬儀で帰郷したアーロンは、亡き父が営んでいた骨董品店で、謎めいた壺を発見。これをきっかけに、彼の周囲に想像を絶する死が襲い掛かる……。

ネタバレを読む
映画:モンスターズ悪魔の復讐
13位

モンスターズ 悪魔の復讐の紹介:2018年製作のアメリカ映画。実の娘が斧を使って、父と継母を惨殺したとされるアメリカ犯罪史に名を刻む、19世紀の猟奇的な未解決事件“リジー・ボーデン事件”を描いた、リベンジ・サスペンス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

ネタバレを読む
映画:ルパン三世27プリズンオブザパスト
14位

ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パストの紹介:2019年11月29日放送の日本アニメーション。モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のテレビスペシャルシリーズ第27作。前作である第26作『ルパン三世 グッバイ・パートナー』に続くテレビスペシャルであり、「金曜ロードSHOW!」枠で放送予定の完全新作ストーリーとして製作された作品である。2019年4月11日に原作者のモンキー・パンチが死去したため、死去後最初のルパン三世のアニメ作品となる。また、新作のテレビスペシャルが1年に2本放送されるのは今回が初めてである。

ネタバレを読む
映画:イエスタデイ(2019)
15位

イエスタデイ(2019)の紹介:2019年公開の映画作品。世界的に有名な伝説のバンドであるビートルズの楽曲をモチーフとした作品に仕上がっている。世界中で有名なバンドであるはずのビートルズの存在とその楽曲が存在しない世界に迷い込んでしまった主人公をコメディチックに描いた作品。監督を務めたのは「28日後…」シリーズや「スラムドッグ$ミリオネア」などの監督として知られるダニー・ボイル。エド・シーランが本人役で出演していることでも話題となった。

ネタバレを読む
映画:ボーダー 二つの世界
16位

ボーダー 二つの世界の紹介:「ぼくのエリ 200歳の少女」などで知られる、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短編小説を基にしたスウェーデン映画。イラン系デンマーク人のアリ・アッバシが監督を務めており、第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門にてグランプリを受賞した。第91回アカデミー賞においては、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされた。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:IT/イット THE END “それ”が見えたら終わり
17位

IT/イット THE END “それ”が見えたら終わりの紹介:2019年公開。スティーヴン・キングの人気小説「IT」の二度目の映像化作品の後編。2017年に公開された「IT/イット “それ”が見えたら終わり」の続編となり、前作から27年後、が少年時代にペニーワイズと戦った「ルーザーズ・クラブ」のメンバーが再会し、再びペニーワイズに挑む物語を描く。主演は「X-MEN」シリーズや「スプリット」などで知られるジェームズ・マカヴォイ。

ネタバレを読む
映画:ジョーカー
18位

ジョーカーの説明:2019年公開。DCコミックスのキャラクターで、世界的に有名なアメコミ作品である「バットマン」シリーズの最強の悪役ジョーカーを主人公とした作品である。今作はコミックとは異なる、オリジナルのジョーカーの誕生を描く。1989年公開の「バットマン」でジャック・ニコルソンが演じたジョーカー、2008年公開「ダークナイト」で故ヒース・レジャーが演じたジョーカー、2016年公開「スーサイド・スクワッド」でジャレッド・レトが演じたジョーカーとも全く関連性は無く、バットマンも登場しない。新たなジョーカーを演じるのはホアキン・フェニックス。監督は「ハングオーバー!」シリーズでの監督として知られるトッド・フィリップス。今作は第76回ヴェネツィア国際映画祭でアメコミ映画としては史上初の金獅子賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:隣人は静かに笑う
19位

隣人は静かに笑うの紹介:1998年製作のアメリカ映画。挙動不審の隣人の過去を探るうちに、事件に巻き込まれる男の不条理な姿を描くサスペンス作品で、結末のシビアさゆえに、レンタル禁止、セル版も絶版となった、問題作。大学教授のマイケルが、隣人の息子を助けたことから、隣人夫妻との交流が始まるが…。

ネタバレを読む
映画:私が、生きる肌
20位

私が、生きる肌の紹介:2011年公開のスペイン映画。亡き妻を創り出そうとする形成外科医と、その生贄となった人物の姿を描いている作品。ティエリ・ジョンケの小説「蜘蛛の微笑」が原作。ペドロ・アルモドバルがメガホンをとり、アントニオ・バンデラスとエレナ・アナヤ共演で贈るサスペンスドラマ。

ネタバレを読む
映画:グラスハウス
21位

グラスハウスの紹介:2001年公開。両親の事故によって、知り合いの夫妻に引き取られた資産家の姉弟達の恐怖を描いた作品。主演は「ディープ・インパクト」のリリー・ソビエスキー。両親が事故死して、ルビーと弟のレットは知り合いのグラス夫妻に引き取られることに。二人に遺された資産は400万ドルだった。グラス夫妻の家にやってきたルビーは次第に夫妻の不審な行動に気づいていく…。

ネタバレを読む
映画:シザーハンズ
22位

シザーハンズの紹介:ハサミの手と純真無垢な心を持つ人造人間エドワードは町で人間たちとの生活を始めるが、その両手についているハサミは意に反して自分や他人を傷つける凶器になってしまい、やがて愛する少女との別れの時が来る。1990年米国。監督:ティム・バートン、脚本:キャロライン・トンプソン、音楽:ダニー・エルフマン。ティム・バートンがジョニー・デップを起用した第1作目。発明家役のヴィンセント・プライスはティム・バートンの1982年の短編「ヴィンセント」でもナレーションを演じたが、この「シザーハンズ」が遺作となった。

ネタバレを読む
映画:ネバーエンディング・ストーリー
23位

ネバーエンディング・ストーリーの紹介:ミヒャエル・エンデの児童文学『はてしない物語』を原作に、『Uボート』の名匠ウォルフガング・ペーターゼンが監督した西ドイツ・アメリカの合作映画。当時あまり類を見なかったファンタジー超大作で、不思議な生きものが数多く登場する世界観は日本でも話題になった。またてイギリスのロックバンド、カジャ・グーグーの元ボーカル、リマールの歌う主題歌も大ヒットした。

ネタバレを読む
映画:氷の微笑
25位

氷の微笑の紹介:シャロン・ストーンが取調室で足を組み替えるシーンがとても有名な作品。全世界で大ヒットを記録しました。物語はロックスターの殺害を捜査する内に、容疑者に翻弄されていくエロティック・サスペンスドラマです。

ネタバレを読む
映画:ミザリー
26位

ミザリーの紹介:1990年製作のアメリカ映画。スティーブン・キングの同名小説の映画化。この映画の見所はアニー役のキャシー・ベイツの演技力です。アカデミー主演女優賞をいただだけ納得のできる作品です。もう、怖過ぎてインパクトがあります。ストーカーの素になったとも言える作品です。

ネタバレを読む
映画:ミスト
27位

ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。

ネタバレを読む
映画:ハンガーゲーム2
28位

ハンガー・ゲーム2の紹介:2012年に公開されたサバイバル・アクションの続編。前回は森であった闘技場の舞台を、今回は島へと変え、24分の1という生存確率の中で繰り広げられる少年少女たちのバトルを描く。

ネタバレを読む
映画:ヘルタースケルター
29位

ヘルタースケルターの紹介:2012年7月14日に公開された日本映画。R15+指定。主演・沢尻エリカの5年ぶりの映画出演作。手塚治虫文化賞漫画大賞を受賞している岡崎京子の同名コミックを実写化した、蜷川実花の監督2作目の映画。芸能界で輝くりりこの、繁栄から衰退までを描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。