【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

映画:バリケード~閉ざされた山荘~
1位

バリケード ~閉ざされた山荘~の紹介:2012年に制作された映画です。妻を亡くした主人公が子供たちを連れて、貸別荘に行くと、不可思議な現象に遭遇し、追い詰められていくといったストーリーとなっています。一見するとホラー映画のようですが、実はサスペンスめいた要素もあります。メインの登場人物は少なく、貸別荘とその周辺だけでストーリーは展開されていきます。父親の葛藤が描かれたヒューマンドラマと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others
2位

ブギーポップは笑わない Boogiepop and Othersの紹介:2000年に公開された映画です。大人気ライトノベル「ブギーポップは笑わない」を実写化した作品で、原作者の上遠野浩平氏がエキストラとして出演しています。内容は第1巻をベースにしたものになっており、いわゆる群像劇です。主演は吉野紗香氏で、「相棒」で有名な寺脇康文氏や「仮面ライダー」や「ウルトラマン」などの高野八誠氏などもキャスティングされています。

ネタバレを読む
映画:ひとりかくれんぼ新劇場版
3位

ひとりかくれんぼ 新劇場版の紹介:2010年に公開された日本のホラー映画です。「ひとりかくれんぼ」を題材としている作品で、主演は元AKB48の増田有華氏が務めています。ちなみにこの作品が、増田有華氏の初主演作となります。他にも元アイドリングの滝口ミラ氏や「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンゴールドを演じた相馬圭祐氏も出演しています。なお新劇場版とついている通り、「ひとりかくれんぼ」映画の新しいバージョンとなります。

ネタバレを読む
映画:ホワイトシャーク
4位

ホワイトシャークの紹介:2018年製作のアメリカ映画。大海原でサメの大群に取り囲まれた人々の戦いを描いたサバイバルアクション。リンジーたちエクストリーム動画撮影チームは、立ち入り禁止の危険海域へ取材旅行に出掛ける。だが、飛行機が故障し、墜落。リンジーたちは海に投げ出されてしまい…。

ネタバレを読む
映画:バッドガール(2012)
5位

バッド・ガール(2012)の紹介:2012年に公開された映画で、原題は「Girls Against Boys」です。男に酷い目に遭わされた主人公が相棒の女性と出会うことで、復讐に転じていくという話で、いわゆるリベンジものと言えます。主演は「ピラニア リターンズ」のダニエル・パナベイカー氏で、相棒の女性は「僕が教えるアメリカ成功術」のニコル・ラリベルテ氏が演じています。R15認定されていますが、そこまでどぎつい描写はありません。

ネタバレを読む
映画:ブルークリスマス
6位

ブルークリスマスの紹介:UFOと遭遇し血液が青色化する現象に怯えた指導者らの謀略による、世界的危機を描いた1978年公開のSF映画。「北の国から」の倉本聰のオリジナル脚本「UFOブルークリスマス」を「日本のいちばん長い日」の岡本喜八監督が映画化した。主演の勝野洋、竹下景子他、仲代達矢、岡田英次、小沢栄太郎、大滝秀治など錚々たる名優陣が出演している。主題歌 はCharの「ブルークリスマス」。

ネタバレを読む
映画:エクスリベンジャーズひきこさんミナゴロシ
7位

エクスリベンジャーズ ひきこさん ミ・ナ・ゴ・ロ・シの紹介:2010年に公開された日本のホラー映画で、都市伝説「ひきこさん」をモチーフにしたシリーズの第3弾となります。とはいえシリーズ的な繋がりはなく、ストーリーは独立したものです。ホラー映画でありながら格闘シーンが多いのが特徴的です。「リベンジャーズ」といういじめの復讐代行者チームが登場するのも本作ならではの特徴だと言えるでしょう。それほどホラー要素も多くないため、怖いものが苦手な人でも見ることはできると思われます。

ネタバレを読む
映画:体温
8位

体温の紹介:2013年公開の日本映画。人形を愛する男と自分を見失いかけた女の孤独と触れ合いを描くラブストーリー。「堀川中立売」の石崎チャベ太郎が世間から隔絶した自分だけの世界を生きる男を、セクシー女優として活動するほか恵比寿マスカッツの一員として歌手デビュー、テレビドラマ『嬢王 Virgin』に出演するなど多岐に渡って活躍する桜木凛が人形とキャバクラ嬢の二役に挑んでいる。

ネタバレを読む
映画:フレディエディ
9位

フレディ/エディの紹介:2016年製作のドイツ映画。妻の浮気で逆上し、暴力を振るったフレディは、それがきっかけで離婚をし、息子の親権もはく奪されてしまう。離婚がきっかけでフレディはその後、幼少期に見ていたもうひとりの自分「エディ」を見るようになるが…。

ネタバレを読む
映画:ザボーイ~人形少年の館~
10位

ザ・ボーイ ~人形少年の館~の紹介:イギリスの片田舎にある、森に囲まれた古いお屋敷に子守として雇われた若いアメリカ人女性が体験する、世にも恐ろしい出来事を描いた作品です。ゴシック・ホラー調の物語が素敵な味わいですが、終盤にはあっと驚く「仕掛け」が施されています。

ネタバレを読む
映画:来る
11位

来るの紹介:2018年12月7日公開の日本映画。『告白』の中島哲也監督が、岡田准一をはじめ、豪華キャストを迎えて描くサスペンス・ホラー。声と形をまねて、人の心の闇に迫り来る怪物と、霊媒師たちの戦いが繰り広げられる。岡田が怪異現象を目の当たりにするオカルトライターを、霊媒師の血をひくキャバ嬢役の小松菜奈やその姉で霊媒師役の松たか子も強烈なキャラクターを演じている。

ネタバレを読む
映画:ザケイヴ
12位

ザ・ケイヴの紹介:2005年のホラー映画です。オラトゥンデ・オスンサンミ監督による作品で、洞窟の調査に入った8人の男女が正体不明の何者かに襲われるというストーリーです。いわゆる洞窟パニックものです。紹介文によっては新感覚パニックホラーと称されているところもありますが、実際はよくある形式のホラー映画です。基本的には洞窟内だけで話は進み、メインとなる登場人物もそれほど多くはないため、気楽に見ることができる作品だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:危険な遊び
13位

危険な遊びの紹介:天使の笑顔の裏に悪辣な悪意を秘めた少年が、周囲の人々を翻弄し殺害していく恐怖を描いた1993年公開のアメリカのホラー・サスペンス。製作/監督は「愛がこわれるとき」「W/ダブル」のジョセフ・ルーベン。脚本はブッカー賞作品「アムステルダム」など数々の賞に輝くイアン・マキューアン。「ホーム・アローン」により一躍スターダムにのし上がった名子役マコーレー・カルキンが初の悪役を演じ、当時「わが心のボルチモア」などで高評価を得たイライジャ・ウッドが健全少年を演じるW主演、名子役対決が話題となった。

ネタバレを読む
映画:拷問男
14位

拷問男の紹介:2012年製作のオーストラリア映画。想像を絶する拷問描写を通して、社会の闇を描いたスプラッターホラー。幼い娘を殺され、復讐を誓ったシングルファーザーのデレクは犯人を見つけ出し、自宅に監禁する。凄惨な拷問で犯人に苦痛を与えていくうちに、デレクの残忍な本性が現れ…。

ネタバレを読む
映画:トイ・ストーリー4
15位

トイ・ストーリー4の紹介:2019年公開。ピクサースタジオ制作の人気シリーズ「トイ・ストーリー」シリーズの第4作目であり、前作「トイ・ストーリー3」から9年ぶりとなる続編となる。監督は、「Mr.インクレディブル」「カーズ」などでストーリーボードアーティストを務めており、今作が長編初監督となるジョシュ・コーリー。声優陣もシリーズでお馴染みのトム・ハンクス、ティム・アレンが続投している。また、過去三作品でミスター・ポテトヘッド役を務めていたドン・リックルズが既に死去していた為、今作では過去作での未使用音声や、テーマパークやゲーム用に録音されていた音源を使用している。

ネタバレを読む
映画:天気の子
16位

天気の子の紹介:2019年公開。「秒速5センチメートル」「君の名は。」などで知られるアニメーション監督である新海誠監督作品の最新作である。今作は、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2016年公開の前作「君の名は。」以来となる作品となり、前作同様、主題歌と劇伴をロックバンドRADWIMPSが担当しており、特にボーカルの野田洋次郎はストーリー展開などを決めるミーティングにも参加しており、作品に大きく関わっている。

ネタバレを読む
映画:透明人間(2018)
17位

透明人間(2018)の紹介:2018年公開。アニメーションスタジオとして誕生した「スタジオポノック」のプロジェクト「ちいさな英雄」による
作品。「カニーニとカニーノ」、「サムライエッグ」と共に「ちいさな英雄~カニとタマゴと透明人間~」として劇場公開された作品である。監督を務めたのは、巨匠宮崎駿の下で「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」などの製作において中核を担った山下明彦。これが自身初のオリジナル短編映画作品となる。透明人間の声優を務めたのは俳優のオダギリジョー。

ネタバレを読む
映画:エリカ38
18位

エリカ38の紹介:2019年の公開作で、監督は日比遊一、プロデューサーは奥山和由。PG12指定。18年に逝去した樹木希林が、旧知の仲である女優・浅田美代子の代表作にしたいと初めて企画に携わった渾身作。世間を賑わせた詐欺事件をモチーフにしたフィクションで、年齢を20歳以上も詐称し、犯罪を重ねては欲望の赴くままに生きた女の姿をリアルに描き出す。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ55
19位

ほんとにあった!呪いのビデオ55の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2013年に劇場公開された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第55作。街中の公園の怪現象「銅像」、死人の顔が浮かぶという奇怪な映像「ロールシャッハ」など8本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:クジョー
20位

クジョーの紹介:メイン州の田舎町で暮らす主婦ドナと幼い息子が町外れの自動車修理屋で、狂犬病のセント・バーナードに襲われ、猛暑の車中に閉じ込められるという1983年公開のアメリカのホラー映画。原作はスティーヴン・キングの長編小説「クージョ」。監督は「ネイビー・シールズ」のルイス・ティーグ。撮影は「スピード」「ツイスター」のヤン・デ・ボン。ドナを演じたのは「E.T.」のディー・ウォレス、クージョの飼主キャンバーを「ロンゲスト・ヤード」のエド・ローターが演じている。

ネタバレを読む
映画:ザボーイ人形少年の館
21位

ザ・ボーイ~人形少年の館~の紹介:2016年公開のアメリカ&カナダ&中国合作映画。老夫婦が人間として溺愛する奇妙な人形の世話をする事になったヒロインに降りかかる恐怖を描くホラー。“ブラームス”と呼ばれる8歳の少年の姿をした人形を世話する女性が、10のルールを破ってしまったために悪夢のような出来事に遭遇する。

ネタバレを読む
映画:フィフスウェイブ
22位

フィフス・ウェイブの紹介:2016年公開のアメリカ映画。リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。地球侵略の描写に加え、人間の内側に侵入した知的生命体たちとの心理戦にも手に汗握る。

ネタバレを読む
映画:リサイクル死界
23位

リサイクル ―死界―の紹介:ホラー作品を描こうとした新進女流作家が自ら描いた不可思議な世界に迷い込む恐怖をCGとVFX、大規模セットを駆使して描いた、2007年に公開された香港/タイ合作のホラー・ファンタジー映画。原題は「RE-CYCLE 鬼域」。製作/監督/脚本は「the EYE【アイ】」シリーズ、「ゴーストハウス」のオキサイド&ダニーのパンブラザーズ。CG製作はコウ・ファイ。主演は「the EYE」のアンジェリカ・リー。音楽は「影なきリベンジャー 極限探偵C+」のパヨン・パームシット。

ネタバレを読む
映画:秘密THETOPSECRETトップシークレット
24位

秘密 THE TOP SECRETの紹介:2016年8月6日公開の日本映画。清水玲子の人気コミックを実写化。死者の脳に残された過去の記憶を映像化できるスキャナーを駆使する警察の捜査メンバーが、謎に満ちた猟奇事件の真相を追う。メガホンを取るのは、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。『グラスホッパー』などの生田斗真、『ストレイヤーズ・クロニクル』などの岡田将生をはじめ、栗山千明、大森南朋、松坂桃李ら豪華な顔ぶれが揃う。二転三転する展開はもちろん、俳優たちが繰り出す妙演にも注目。

ネタバレを読む
映画:ホステル
25位

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ネタバレを読む
映画:パラノーマルアクティビティ
26位

パラノーマル・アクティビティの紹介:2007年製作のアメリカ映画。製作費1万5000ドルという超低予算ながら、興収1億ドル突破を記録し社会現象となったホラー。とある一軒家で暮らすカップルが体験する恐怖をドキュメンタリータッチの映像で描く。

ネタバレを読む
映画:千と千尋の神隠し
29位

千と千尋の神隠しの紹介:2001年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作で、監督は宮崎駿。名前を奪われた少女が、さまざまな出来事を経ることによって、いままで自分も知らなかった己の可能性を見出していく物語である。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。