【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

映画:アーバンレジェンド死霊都市伝説
1位

アーバン・レジェンド 死霊都市伝説の紹介:2017年製作のカナダ映画。閉鎖された地下鉄に現れる“赤い女”の都市伝説の恐怖を描くホラー。幽霊の存在を否定し、心霊現象は超低周波が原因であるという説を提唱するルポライターのケリー。彼女は自殺をした女の幽霊が出る地下鉄廃墟を調査するため、トロントに向かう…。

ネタバレを読む
映画:タンポポ
2位

タンポポの紹介:1985年の日本映画。脚本・監督は「マルサの女」などで知られる伊丹十三。主演は山崎努と、監督の妻でもある宮本信子。「ラーメンウエスタン」と称されたコメディ作品で、しがないラーメン店を立て直す様子を描いている。

ネタバレを読む
映画:聖なる鹿殺しキリングオブアセイクリッドディア
4位

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの紹介:2017年製作のイギリス&アイルランド&アメリカ合作映画。第70回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した、「ロブスター」のヨルゴス・ランティモス監督によるサイコホラー。ある少年を家に招き入れて以来、心臓外科医スティーブンの特権的生活は一変。子どもたちに異変が起こり、スティーブンは容赦ない選択を迫られる…。

ネタバレを読む
映画:ゆれる人魚
5位

ゆれる人魚の紹介:2015年製作のポーランド映画。人間界に降り立った肉食人魚姉妹が、少女から大人へと成長する姿を綴るホラー・ファンタジー。2016年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞を受賞したポーランドの女性監督アグニェシュカ・スモチンスカによる長編デビュー作。

ネタバレを読む
映画:ルイの9番目の人生
6位

ルイの9番目の人生の紹介:2016年公開のイギリス&カナダ&アメリカ合作映画。出生から8年の間に8度も生死に関わる大事故に遭った謎多き少年ルイ。9度目の事故による昏睡状態から彼を救おうとする担当医が少年の秘密に迫っていく姿を描くサスペンス。アンソニー・ミンゲラ監督が生前に映画化を熱望していたベストセラー小説を、息子のマックス・ミンゲラがプロデューサー&脚本家を務め、悲願の映像化が実現。

ネタバレを読む
映画:ピエロがお前を嘲笑う
7位

ピエロがお前を嘲笑う(Who am I?)の紹介:2014年製作のドイツ映画。「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリングが主演したドイツ製スリラー。警察に出頭した天才ハッカーの自白を元に調査を開始した捜査官が、次々と証言と食い違う事実を目の当たりにして、疑念を深めてゆく。全編に仕掛けられたトリックが話題を集め、ドイツアカデミー賞で6部門にノミネート、ハリウッドリメイクも決定した。

ネタバレを読む
映画:2重螺旋の恋人
8位

2重螺旋の恋人の紹介:原因不明の腹痛に苦しんでいたクロエ。精神分析医のポールに出逢ったクロエは、医師と患者の関係を解消し恋人となる。ある日クロエはポールに双子の兄がいることを知るが、ポール曰く自分に兄弟はいないと言う…。
2017年の仏映画で、日本では2018年に公開。ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を鬼才フランソワ・オゾンが翻案したエロティック・スリラー。R-18指定。

ネタバレを読む
映画:愚行録
9位

愚行録の紹介:2017年2月18日公開の日本映画。第135回直木賞候補にもなった貫井徳郎の同名小説を、妻夫木聡主演で映画化したミステリアスな人間ドラマ。育児放棄をした女性を妹に持つ週刊誌記者の兄が、一家惨殺事件の真相を探る過程で、事件にかかわる人々の本性が明らかになっていく…。

ネタバレを読む
映画:すべては海になる
10位

すべては海になるの紹介:2010年公開の日本映画。本に救われた過去を持つ書店員の女性と、荒れている家庭の中で本を支えに生きている高校生の男の子との交流を描いた作品。監督・脚本・原作は山田あかねが務める。主演は佐藤江梨子と柳楽優弥。

ネタバレを読む
映画:アンダーワールド5ブラッドウォーズ
11位

アンダーワールド:ブラッド・ウォーズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ケイト・ベッキンセールが狼男族ライカンと戦うヴァンパイア族の戦士セリーンを演じる人気アクション・シリーズの第5作。セリーンと新たなリーダー、マリウスの統率で勢力を強めるライカンとの攻防が描かれる。

ネタバレを読む
映画:ハプニング
12位

ハプニングの紹介:アメリカで実際にあった怪現象”ミツバチ失踪事件”をベースに、もしそれが人間に起ったら?という恐怖を描いた2008年公開のアメリカのミステリー・SF・パニック映画。製作/製作総指揮/監督/脚本は「シックスセンス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン。音楽は「ダークナイト」「ヴィレッジ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。主演は「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のマーク・ウォールバーグ。

ネタバレを読む
映画:蛾人間モスマン
13位

蛾人間モスマンの紹介:2010年に公開されたアメリカ合衆国のテレビ映画。1960年代からウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を中心に流布された都市伝説を題材として製作されたホラー映画である。監督は『クリムゾン』『モンスター・オブ・レジェンド』『スノウマゲドン』などのシェルドン・ウィルソン。

ネタバレを読む
映画:PANDEMICパンデミック2016年
14位

PANDEMIC パンデミックの紹介:2016年製作のアメリカ映画。レイチェル・ニコルズ主演による近未来アクションスリラー。原因不明のウイルスが蔓延するアメリカ。CDCセンターのドクター・ローレンは、未感染者を助けるべくロサンゼルスの救助チームに派遣される。彼女らは未感染者の救出に向かうが…。

ネタバレを読む
映画:バビロンAD
15位

バビロンA.D.の紹介:2008年公開。特殊な能力を持つ女性を守るため、邪悪な陰謀に立ち向かう男の姿を描いた作品。舞台は秩序が崩壊した近未来。トーロップは金のために危険な仕事を引き受けてきた凄腕の傭兵。セルビアに潜伏していた所をマフィアのボスのゴルスキーに見つかってしまう。ゴルスキーはトーロップに若い娘をアメリカまで連れ出してほしいと依頼する。多額の報酬とアメリカに入国できることに魅力を感じたトーロップは引き受けるのだが…。

ネタバレを読む
映画:バトルロワイアル
16位

バトル・ロワイアルの紹介:近未来の某国。国が壊れ暴走する子供たちを恐れた大人は毎年全国の中学3年生のクラスから1クラスを選び、最後の1人になるまで殺し合いをさせるという新世紀教育改革法、通称「BR法」を制定する。BR法に選ばれた七原秋也たち3年B組の42名は生き残りをかけて壮絶な戦いをくり広げる。高見広春の同名小説の映画化作品。2000年公開。(R15指定)監督:深作欣二、脚本:深作健太。第24回日本アカデミー賞の優秀作品賞や優秀監督賞など9部門を受賞。R-15指定により中学生の鑑賞ができなった事に関して、監督は「中学生に観てほしくて作った作品なのに」と遺憾の意を表明した。翌年にシーンの追加やCG処理を行った「バトル・ロワイアル特別篇」が公開された。

ネタバレを読む
映画:レイプオブアナフリッツ
17位

レイプ・オブ・アナ・フリッツの紹介:2015年製作のスペイン映画。人気絶頂で若くして急死した若い女優アナ・フリッツが運ばれた遺体安置所で、死体をひとめ見ようと集まった若者たち。見るだけでは飽き足らず死体をレイプしたところ、アナ・フリッツが生き返って…。

ネタバレを読む
映画:グッドナイトマミー
18位

グッドナイト・マミーの紹介:2014年製作のオーストリア映画。美容整形の手術で別人のように冷たい人格になったママ。彼女は本当にママなのか?!シッチェス・カタロニア国際映画祭グランプリ作品。『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

ネタバレを読む
映画:インフィニINFINI
19位

インフィニ INFINIの紹介:2016年公開のアメリカ映画。閉鎖された惑星基地を舞台にした近未来SFスリラー。惑星基地インフィニに転送された調査員を助けに救助チームが向かうと、そこではあるものが誕生していた……。「マトリックス」シリーズを手がけたアートディレクターらが参加している。監督は「シャドウ・ワールド」(未)のシェーン・アビス。主演はテレビドラマ『ネイバーズ』のダニエル・マクファーソン。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

ネタバレを読む
映画:ホステル
20位

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ネタバレを読む
映画:箪笥
21位

箪笥の紹介:継母に殺された姉妹が幽霊となって復讐するという韓国の怪談「薔花紅蓮伝」をベースにした、2003年公開の韓国のサイコ・ホラー映画です。少女たちが人里離れた屋敷を訪れる冒頭から、違和感と恐怖が眩暈のように押し寄せる展開は印象的で、後にS・スピルバーグがリメイク権を獲得、2009年にはハリウッド・リメイク版「ゲスト」も公開されています。2004年ジェラルメール国際ファンタスティック映画祭審査員大賞など数々の賞を受賞。監督・脚本は「甘い人生」「悪魔を見た」のキム・ジウン。音楽は「王の男」「ヘンゼルとグレーテル」のイ・ビョンウ。

ネタバレを読む
映画:ラストリベンジ
22位

ラスト・リベンジの紹介:2015年公開のアメリカ映画。CIAのベテラン・エージェントが、退職間際になって宿敵であるテロリストの生存情報を知り、テロリストへの復讐に向け危険なミッションに動き出す様子を描いた、サスペンス・アクション。

ネタバレを読む
映画:キャビンCABIN
23位

キャビンの紹介:テレビシリーズ『LOST』や『クローバーフィールド/HAKAISHA』のドリュー・ゴダード監督・脚本、『アベンジャーズ』のジョス・ウィードン脚本・製作により、2012年に製作されたホラー映画。過去のありとあらゆるモンスターホラー映画にオマージュを捧げた斬新なストーリーは、世界中のホラー映画マニアの絶賛を呼んだ。日本では最初に第5回したまちコメディ映画祭in台東で上映され、コメディ映画としても好評を博した後、一般に公開された。

ネタバレを読む
映画:恋空
24位

恋空の紹介:女子中高生を中心にヒットしたケータイ小説が原作。主人公で女子高生の田原美嘉は、ちょっとしたきっかけから同級生の桜井弘樹と付き合う事になる。見た目や行動は派手だがやさしい弘樹と、楽しい高校生活を送る美嘉。しかし、元カノからの嫌がらせ、妊娠、流産など様々な出来事が美嘉と弘樹を襲う。痛いほど切ないのにどこか温かいラブストーリー。

ネタバレを読む
映画:サイレントヒル
25位

サイレントヒルの紹介:2006年公開のカナダ&フランス合作映画。コナミから発売されたゲーム『サイレントヒル』を原作に製作された。2012年10月(日本では2013年7月)に続編である『サイレントヒル: リベレーション3D』が公開された。

ネタバレを読む
映画:ハンニバル
26位

ハンニバルの紹介:2001年公開のアメリカ映画。『羊たちの沈黙』の続編にあたる。監督はリドリー・スコット。出演はアンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーアなど(ジョディ・フォスターはクラリス役を辞退したためジュリアン・ムーアが登板した)。

ネタバレを読む
映画:羊たちの沈黙
27位

羊たちの沈黙の紹介:1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

ネタバレを読む
映画:黄泉がえり
28位

黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。