【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

映画:ザメッセージ地球侵略
1位

ザ・メッセージ 地球侵略の紹介:ほぼ全編に渡り、主要登場人物3人の会話と行動のみで進んでいく、地味なテイストのSFサスペンスです。極力特撮などは省いて、日常的なドラマで「異星人の侵略」を描こうとする手法は、なかなか珍しいものと言えます。

ネタバレを読む
映画:博士と彼女のセオリー
2位

博士と彼女のセオリーの紹介:2014年公開。理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士がジェーン・ホーキングと出会い、結婚して子供を持ち、別れるまでを描く。スティーブンが筋萎縮性側索硬化症を発症して徐々に日常生活が送れることができなくなる中で、彼を支えるジェーンの苦悩と葛藤を中心を描く。監督はジェームズ・マーシュ。スティーブン・ホーキングを演じるのは「レ・ミゼラブル」「ファンタスティック・ビースト」シリーズで知られるエディ・レッドメイン。ジェーン・ホーキングを演じるのは「アメイジング・スパイダーマン2」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」で知られるフェリシティ・ジョーンズ。

ネタバレを読む
映画:ビヨンドザトレック
3位

ビヨンド・ザ・トレックの紹介:遺伝子組み換えにより「優秀な人材」を生み出すことが可能になった、未来にて。遺伝子組み換えで誕生した「第一世代」から選ばれたメンバーが、外宇宙で遭難した宇宙船の探索に出かけるのだが、彼らを待っていたのは思いがけない運命だった・・・!というストーリーで、遭難し人員が消えた宇宙船の謎を解く、サスペンスタッチのSF作品になっています。

ネタバレを読む
映画:25時
4位

25時の紹介:2002年制作のアメリカ映画。スパイク・リーの監督作品で、デイヴィッド・ベニオフの同名小説を基にしている。出演はエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパーが務めている。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
映画:ハングマンズノット
5位

ハングマンズ・ノットの紹介:カナザワ映画祭2017で、「期待の新人賞」を獲得した阪元裕吾監督の、容赦ないバイオレンス描写に満ちた受賞作です。気に入らない人間や邪魔な人物を問答無用でブン殴り殺してしまう凶悪ヤンキー・影山兄弟と、コミュ障をこじらせたサイコパス大学生・柴田が出会った時、恐るべきバイオレンス劇の幕が上がるのだった・・・!という物語で、人の命をこれっぽっちも大事に思わない登場人物たちの行動に、寒気を覚えるような快作になっています。

ネタバレを読む
映画:ファミリー☆ウォーズ
6位

ファミリー☆ウォーズの紹介:家族をなにより大切にしていた福島家が祖父の認知症をきっかけに崩壊していく様を描いた2018年公開のバイオレンス・スプラッター・コメディ。監督/脚本/撮影/編集はカナザワ映画祭で新人監督賞を受賞、数々の映画祭で話題となった「ハングマンズ・ノット」の阪元裕吾。「夏のホラー秘宝まつり2018」で初上映された。

ネタバレを読む
映画:十二人の死にたい子どもたち
7位

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2019年1月25日公開の日本映画。杉咲花、橋本環奈、高杉真宙、新田真剣佑ら若手実力派たちが豪華共演するサスペンス。安楽死を求めて廃病院の密室に集まった12人の未成年の男女が、予期せぬ出来事の連続に疲弊していく…。

ネタバレを読む
映画:ひろしま
8位

ひろしまの紹介:長田新が編纂した文集「原爆の子〜広島の少年少女のうったえ」を原案にした作品で、1945年8月6日の広島原爆投下の惨劇と、それから7年の月日が経った広島に生きる人々の姿を描いていく。原爆投下から8年後に製作された作品であり、約9万人の被爆者や広島市民が撮影協力した。第5回ベルリン国際映画祭長編映画賞を受賞した作品ながら、当時の国内での上映は限定的だった。2017年にデジタルリマスター版が完成し、全国各地での上映活動が行われている。1953年日本製作。

ネタバレを読む
映画:黒い乙女A完結
9位

黒い乙女Aの紹介:2019年製作の日本映画。「血まみれスケバンチェーンソーRED」などに出演し女優業を本格化させる元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈主演のホラー。裕福な宇田家に引き取られた孤児の芽衣。先に養子に迎えられていたラナと親しくなるが、宇田夫妻の秘密を知り…。『黒い乙女Q』の続編。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキング8つの悪夢3
10位

スティーヴン・キング 8つの悪夢3の紹介:ホラーの巨匠スティーヴン・キングの短編を原作とした、2007年放映のアメリカのTVドラマの第3巻。生きたまま解剖寸前にまで追い込まれる男の悲喜劇を描いたミカエル・サロモン監督の「第四解剖室」、60’sの世界的ミュージシャンたちが暮らす奇妙な町に迷い込んだ夫妻を描いたマイク・ローブ監督の「いかしたバンドがいる街で」の2本を収録。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキング8つの悪夢2
11位

スティーヴン・キング 8つの悪夢2の紹介:ホラーの巨匠スティーヴン・キングの短編を原作とした、2007年放映のアメリカのTVドラマの第2巻。映画監督の兄が非凡な弟との数奇な運命を語るミカエル・サロモン監督の「争いが終わるとき」、病に侵された人気作家の恐怖を描いたセルジオ・ミミカ=ゲッザン監督の「ロード・ウイルスは北に向かう」、宝の地図を巡る前科者たちの攻防を描いたロブ・ボウマン監督の「第五の男」の3本を収録。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキング8つの悪夢1
12位

スティーヴン・キング 8つの悪夢1の紹介:ホラーの巨匠スティーヴン・キングの短編を原作とした、2007年放映のアメリカのTVドラマの第1巻。冷酷な殺し屋が玩具の兵隊と戦うブライアン・ヘンソン監督の「バトルグラウンド」、新婚夫婦が狂った異世界に迷い込むマーク・ヘイバー監督の「クラウチ・エンド」、30年代の私立探偵と現代の小説家が入れ替わるロブ・ボウマン監督の「アムニー最後の事件」の3本を収録。

ネタバレを読む
映画:ジョーカー
13位

ジョーカーの説明:2019年公開。DCコミックスのキャラクターで、世界的に有名なアメコミ作品である「バットマン」シリーズの最強の悪役ジョーカーを主人公とした作品である。今作はコミックとは異なる、オリジナルのジョーカーの誕生を描く。1989年公開の「バットマン」でジャック・ニコルソンが演じたジョーカー、2008年公開「ダークナイト」で故ヒース・レジャーが演じたジョーカー、2016年公開「スーサイド・スクワッド」でジャレッド・レトが演じたジョーカーとも全く関連性は無く、バットマンも登場しない。新たなジョーカーを演じるのはホアキン・フェニックス。監督は「ハングオーバー!」シリーズでの監督として知られるトッド・フィリップス。今作は第76回ヴェネツィア国際映画祭でアメコミ映画としては史上初の金獅子賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:フローズンライター
14位

フローズン・ライターの紹介:2011年に公開されたカナダのシチュエーションスリラーです。「ターミネーター2」のジョン・コナー役で人気を博したエドワード・ファーロング氏が主演を務めています。久々の主演作であるため、上映時にはファンの間で話題となりました。さらに「サランドラ」を始めとした様々なホラー映画やSF映画に出演し、カルト的な人気を誇っているマイケル・ベリーマンもメインキャストとして出演しています。

ネタバレを読む
映画:アイネクライネナハトムジーク
15位

アイネクライネナハトムジークの紹介:伊坂幸太郎の小説「アイネクライネナハトムジーク」を原作とした実写映画作品。同作は仙台市在住の伊坂幸太郎が仙台を舞台に執筆した作品であり、今作も撮影はオール仙台ロケで行われている。監督は「たまの映画」「愛がなんだ」などでしられる今泉力哉が務めた。また、原作小説はシンガーソングライターの斉藤和義が伊坂に作詞を依頼し、作詞をしたことがなかった伊坂が短編「ナハトムジーク」を代わりに執筆したことが発端となっていることから、今作の音楽は斉藤和義が担当している。

ネタバレを読む
映画:存在のない子供たち
16位

存在のない子供たちの紹介:2019年公開のレバノン映画。貧困に苦しむ12歳の少年が「自分を産んだ罪」で両親を告発する衝撃作。監督は自身で脚本・主演も務めたデビュー作「キャラメル」で一躍注目されたナディーン・ラバキー。

ネタバレを読む
映画:永遠に僕のもの
17位

永遠に僕のものの紹介:2018年のアルゼンチン・スペインの合作で、日本公開は2019年。かつてアルゼンチンを震撼させた連続殺人犯がいた。実在する天使のような美貌の犯人のパーソナリティに脚色して贈るクライムムービー。主演は今作が映画初出演となる話題のロレンソ・フェロ。監督は俊英ルイス・オルデガ、プロデュースは巨匠ペドロ・アルモドバル。美少年カルリートスは罪の意識もなく盗みを働いていた。学校で出会ったラモンと共に窃盗を始めたカルリートスだったが、満たされない感情により凶悪さを増していくのだった。

ネタバレを読む
映画:天気の子
18位

天気の子の紹介:2019年公開。「秒速5センチメートル」「君の名は。」などで知られるアニメーション監督である新海誠監督作品の最新作である。今作は、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2016年公開の前作「君の名は。」以来となる作品となり、前作同様、主題歌と劇伴をロックバンドRADWIMPSが担当しており、特にボーカルの野田洋次郎はストーリー展開などを決めるミーティングにも参加しており、作品に大きく関わっている。

ネタバレを読む
映画:ブルーマインド
19位

ブルー・マインドの紹介:2017年製作のスイス映画。身体に異変が起きた思春期の少女の運命を描き、スイス映画賞2018にて作品賞など3部門に輝いたホラー。親の都合で新しい街に引っ越してきた15歳のミアは、新しい仲間と悪い遊びに手を染めるように。そんな中ミアの身体に不気味な変化が起こり始める…。

ネタバレを読む
映画:ボーイズドントクライ
20位

ボーイズ・ドント・クライの紹介:1999年制作のアメリカ映画。1993年ネブラスカ州で起きた強姦・殺害事件の被害者であるブランドン・ティーナの人生を描いた作品。主演のヒラリー・スワンクは、本作でアカデミー主演女優賞をはじめとする多数の賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ITイットそれが見えたら終わり。
21位

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の紹介:2017年に公開されたアメリカ映画。ホラー小説の大家スティーヴン・キング原作の『IT-イット-』より、主人公たちの少年時代を描いた前半のみを原作に製作された。本原作からは2度目の映像化だが、前作はテレビムービーとして製作されたので、本作は初めての劇場用作品である。
監督はアルゼンチン出身で、2013年の『MAMA』に続き2作目となるアンディ・ムスキエティ。アメリカでの興行収入は3億2,748万ドルで、ホラー映画として最大の大ヒットとなり、原作後半の大人時代を描く続編の製作も決定している。

ネタバレを読む
映画:バトルフロント
22位

バトルフロントの紹介:2013年公開。元麻薬潜入捜査官が、壊滅させた麻薬組織から報復を受けて、娘を守るためにたった一人で立ち向かう姿を描いた作品。監督は「サウンド・オブ・サイレンス」のゲイリー・フレダー。脚本は「ロッキー」のシルヴェスター・スタローン。出演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム、「127時間」のジェームズ・フランコ、「若草物語」のウィノナ・ライダー、「ブルークラッシュ」のケイト・ボスワース。

ネタバレを読む
映画:ペットセメタリー
23位

ペット・セメタリーの紹介:いわく付きの埋葬地で失った幼子を甦らせようとする、「シャイニング」「ミスト」のスティーヴン・キングのホラー小説「ペット・セマタリー」の映画化作品で、1989年公開のアメリカのホラー映画。製作は「ゾンビ」「死霊のえじき」のリチャード・P・ルビンスタイン。監督は「ルール 封印された都市伝説」や本作の続編2のメアリー・ランバート。脚本は原作者のS・キング自身が手掛けています。音楽は「エイリアン3」のエリオット・ゴールデンサールで、主題歌はキング自身の希望でラモーンズが担当しています。

ネタバレを読む
映画:レイプオブアナフリッツ
24位

レイプ・オブ・アナ・フリッツの紹介:2015年製作のスペイン映画。人気絶頂で若くして急死した若い女優アナ・フリッツが運ばれた遺体安置所で、死体をひとめ見ようと集まった若者たち。見るだけでは飽き足らず死体をレイプしたところ、アナ・フリッツが生き返って…。

ネタバレを読む
映画:イット
25位

イットの紹介:メーン州の田舎町に出没し子供を殺す不気味なピエロの恐怖と、そいつ(IT)に翻弄されながらも逞しく成長してゆく子供たちの姿を描いた、スティーヴン・キングの同名小説のTVムービー化作品で、1990年公開のアメリカ/カナダ合作のホラー映画。監督/脚本は「ハロウィンⅢ」「フライトナイト2」のトミー・リー・ウォーレス。共同脚本は「キャリー」(1976年)のローレンス・D・コーエン。実在の殺人鬼ジョン・ゲイシーがモデルと言われるピエロを「ロッキー・ホラー・ショー」のティム・カリーが演じ、トラウマ級のインパクトを残しました。

ネタバレを読む
映画:おっぱいバレー
26位

おっぱいバレーの紹介:2009年公開の日本映画。綾瀬はるか主演の、異色青春コメディ映画。少年たちを奮い立たせるために、試合に勝ったら胸を見せると宣言してしまったバレーボール部顧問の女教師を中心に、爆笑&感動の騒動が展開。

ネタバレを読む
映画:アナコンダ4
28位

アナコンダ4の紹介:2009年製作のアメリカTV映画。密林の研究施設から脱走した巨大蛇と女性科学者との戦いを描いた、モンスター・パニック・ホラーのシリーズ第4弾。前作で生き残ったアナコンダの子を追うアマンダを描く。

ネタバレを読む
映画:ダンサーインザダーク
29位

ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:人気女性歌手ビョークを主役に据え、主人公の空想をミュージカル風に表現し高く評価された。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞している。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。