【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

1位

クロスファイアの紹介:2000年公開の日本映画。宮部みゆきのベストセラー小説をもとに、平成「ガメラ」シリーズの金子修介がメガホンを執ったサスペンス。“炎”を意のままに操ることの出来る念力発火能力=パイロキネシスを持つ少女が、凶悪犯罪の激増する現代社会に挑む姿を描く。

ネタバレを読む
2位

ドント・スクリームの紹介:2016年製作のアメリカ映画。カービー・ブリス・ブラントン主演によるショッキングスリラー。彼氏の浮気現場を目撃し苛立つジェシーは、同じ浮気被害者のキムと知り合い、意気投合する。ふたりはネットで知り合ったローガンたちと楽しい夜を過ごすが、キムが忽然と姿を消し…。

ネタバレを読む
4位

ホーム・インベージョンの紹介:2014年制作のイギリス・オランダ合作のサスペンススリラー。いつもと変わらないはずの週末が、侵入者の男によって壊されていく夫婦の姿を描いている。侵入者に自宅を占拠され、拷問と脅迫がエスカレートしていく中、妻は夫を助けることができるのだろうか。

ネタバレを読む
5位

湿地の紹介:2006年製作のアイスランド&ドイツ&デンマーク合作映画。「このミステリーがすごい!」に選ばれた小説を『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクル監督が映画化。10月のアイスランド・レイキャヴィク。あるアパートで老人の遺体が発見される。捜査を進めるうちに、老人の隠された過去が明らかになり…。

ネタバレを読む
6位

海底47mの紹介:2017年8月12日公開のアメリカ映画。海の中で檻の中からサメを見る“シャークケージダイビング”に挑戦した姉妹が恐ろしい事態に追い込まれていく姿を描くパニック・スリラー。ワイヤーが切れ、水深47mの海底に突き落とされた姉妹が、酸素ボンベの残り時間45分というタイムリミットが迫るなか、サメだけでなく、潜水病や水中ロストなど様々な困難に立ち向かう姿が描かれる。

ネタバレを読む
7位

狂覗 KYO-SHIの紹介:2017年7月22日公開の日本映画。「生地獄」の藤井秀剛監督が、宮沢章夫の戯曲『14歳の国』を下地に、学校が抱える問題に切り込んだホラーサスペンス。体育の授業を狙って秘密裏に荷物検査が行われることに。やがて中学生たちの実態や教師の闇、そしてある女生徒の化け物のような面が露わになるが…。

ネタバレを読む
8位

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の紹介:2017年に公開されたアメリカ映画。ホラー小説の大家スティーヴン・キング原作の『IT-イット-』より、主人公たちの少年時代を描いた前半のみを原作に製作された。本原作からは2度目の映像化だが、前作はテレビムービーとして製作されたので、本作は初めての劇場用作品である。
監督はアルゼンチン出身で、2013年の『MAMA』に続き2作目となるアンディ・ムスキエティ。アメリカでの興行収入は3億2,748万ドルで、ホラー映画として最大の大ヒットとなり、原作後半の大人時代を描く続編の製作も決定している。

ネタバレを読む
9位

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年にアメリカで製作された「スター・ウォーズ」シリーズ八作目、新三部作二作目となる作品。監督と脚本はライアン・ジョンソンが務め、前作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の直後の世界を描く。オリジナル三部作でレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーにとっては遺作となった。

ネタバレを読む
10位

人狼ゲーム マッドランドの紹介:2017年7月15日公開の日本映画。古くから伝わるゲームをモチーフにしたホラー小説原作の「人狼ゲーム」シリーズ第6弾。高校生たちを殺し合わせる人狼ゲームに参加させられた萌は、人狼側が圧倒的に有利な中、勝利を目指していく…。

ネタバレを読む
11位

人狼ゲーム ラヴァーズの紹介:2017年1月28日公開の日本映画。原作小説やコミカライズがシリーズ累計70万部を突破した『人狼ゲーム』実写化第5弾。「L エル」の古畑星夏の映画初主演作。家族を借金から救うため参加した蘭子は、新しく追加された“キューピッド”と“恋人”のルールで混迷するなか完全勝利を目指す。監督・脚本は、「人狼ゲーム クレイジーフォックス」「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の綾部真弥。

ネタバレを読む
12位

アンドリューNDR114の紹介:1999年公開のSFドラマ。近未来を舞台に、感情をもったロボットが人間を愛し憧れ、人間へと近づきたいと挑戦する姿を描いた感動作品。アイザック・アシモフの小説「バイセンテニアル・マン」が原作。監督は「ホーム・アローン」のクリス・コロンバス。制作には「ネバーエンディング・ストーリー」のウォルフガング・ペーターゼンが参加。音楽は「タイタニック」のジェームズ・ホーナー。撮影は「マスク・オブ・ゾロ」のフィル・メヒュー。出演は「いまを生きる」のロビン・ウィリアムズや「ジュラシック・パーク」のサム・ニールなど。

ネタバレを読む
13位

ファウンド FOUNDの紹介:2012年製作のアメリカ映画。クローゼットに生首を兄が隠し持つことを知った12歳の少年の運命を描くサスペンスホラー。いじめを受ける孤独な少年と兄との切ない兄弟愛を織り交ぜたストーリーは、およそ8,000ドルという低予算の製作費ながら絶賛され、世界各地の映画祭で話題をさらった。

ネタバレを読む
14位

人狼ゲーム プリズン・ブレイクの紹介:2016年公開の日本映画。古くからヨーロッパに伝わり、アプリや小説、コミックと広がりを見せる人気ゲームをモチーフにしたミステリー第4弾。高校生たちを拉致し殺し合わせ、生き残りには1億円を与える人狼ゲーム。心理戦が繰り広げられる中、朱莉はゲームから抜け出す道を模索する。

ネタバレを読む
15位

親切なクムジャさんの紹介:男の罪を被り13年間の刑となった美貌の女囚の復讐劇を描いた、2005年の韓国映画。本作でも監督/脚本を勤めるパク・チャヌク監督による「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続く復讐三部作の第3作で、前2作を想起させる部分も多く、友情出演として共通の俳優たちが出演している事でも知られる。共同脚本は「サイボーグでも大丈夫」のチョン・ソギョン。音楽は「オールド・ボーイ」「JSA」のチョ・ヨンウク。スタイリッシュな衣装は「オールド・ボーイ」のチョ・サンギョン、美術は「黒い家(2007年韓国版)」のチョ・ファソン。主演のイ・ヨンエは、第38回シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀女優賞など数々の賞を受賞した。

ネタバレを読む
16位

ジャッジ 裁かれる判事の紹介:2015年公開のアメリカ映画。ロバート・ダウニーJr.が弁護士に扮し、激しい法廷バトルが繰り広げられるサスペンス。裁判官の父親にかけられた殺人容疑を晴らそうとするうちに、父親の隠された秘密を知ってしまう弁護士の姿をスリリングに描く。主人公の父親を名優ロバート・デュバル、法廷で対立する検事をビリー・ボブ・ソーントンが演じる。

ネタバレを読む
17位

レッド・オクトーバーを追え!の紹介:1984年に発表されたトム・クランシーの軍事小説をもとに制作された大作海洋冒険映画。監督は『ダイハード』や『プレデター』で一世を風靡したジョン・マクティアナン。東西冷戦時代をテーマにした作品だが、公開されたのは冷戦終結後の1990年であるにも関わらず大ヒットを記録し、アカデミー音響効果賞を受賞した。

ネタバレを読む
18位

人狼ゲーム クレイジーフォックスの紹介:2015年12月5日公開の日本映画。小説やコミック、ゲームなどで人気の“人狼ゲーム”をモチーフにした映画シリーズ第3弾。命を賭けた究極の頭脳ゲームを通じて、若者たちの欲望が剥き出しになってゆく。

ネタバレを読む
19位

パニック・ルームの紹介:2002年公開のアメリカ映画。デビッド・フィンチャー監督&主演ジョディ・フォスターで贈る密室サスペンス。侵入不可能な避難用小部屋を舞台に、凶悪な強盗団に挑む母と娘の奮闘がスリリングに展開される。

ネタバレを読む
20位

喰女 クイメの紹介:2014年公開の日本映画。日本三大怪談の一つにも挙げられる「四谷怪談」をモチーフにしたサスペンス・ホラーを三池崇史・監督が描く。「四谷怪談」の劇中の物語と、それを演じる女優と俳優との関係がオーバーラップしていく。

ネタバレを読む
22位

人狼ゲームの紹介:2013年公開の日本映画。ヨーロッパで伝統的に伝わり、日本でもテレビやネットで人気に火がついた〝人狼ゲーム〟を映画化。理由もわからずに拉致された10人の高校生たちが、生き残りを賭けたゲームに挑む。

ネタバレを読む
23位

渇き。の紹介:2014年公開の日本映画。第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通して、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。

ネタバレを読む
24位

バタフライ・エフェクトの紹介:2004年公開のアメリカ映画。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。過去を修正する能力を持つ青年が、自分と周囲の忌まわしい思い出の抹消に奔走する姿を描く。

ネタバレを読む
25位

インシテミル 7日間のデス・ゲームの紹介:2010年公開の日本映画。米澤穂信のミステリー小説『インシテミル』を、『リング』を手掛けた中田秀夫監督が映像化。大金を得るためにある館を訪れた10人の男女の、生き残りを賭けたゲームが描かれる。

ネタバレを読む
26位

ハンニバルの紹介:2001年公開のアメリカ映画。『羊たちの沈黙』の続編にあたる。監督はリドリー・スコット。出演はアンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーアなど(ジョディ・フォスターはクラリス役を辞退したためジュリアン・ムーアが登板した)。

ネタバレを読む
27位

羊たちの沈黙の紹介:1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

ネタバレを読む
28位

エスターの紹介:2009年公開のアメリカ映画。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。3人目の子を流産したケイトは養子のエスターを迎え入れることにしたが…。聡明で物静かな少女が徐々に恐ろしい本性をあらわしていくさまを、子役イザベル・ファーマンが怪演するサイコホラー。

ネタバレを読む
29位

ヘルタースケルターの紹介:2012年7月14日に公開された日本映画。R15+指定。主演・沢尻エリカの5年ぶりの映画出演作。手塚治虫文化賞漫画大賞を受賞している岡崎京子の同名コミックを実写化した、蜷川実花の監督2作目の映画。芸能界で輝くりりこの、繁栄から衰退までを描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。