【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

1位

ダブル/フェイスの紹介:2017年製作のカナダ映画。ニコラス・ケイジが、二人の女に翻弄されるエリート医師を演じるサスペンス・スリラー。高級住宅街で、妻子と暮らすブライアン。そこにシッターとして雇われたケイティが現れるが、彼女には恐るべき秘密があり、ブライアンは次第に誘惑と狂気に飲み込まれていく…。

ネタバレを読む
2位

ほんとにあった!呪いのビデオ35の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2009年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第35作。かつて廃病院があったという公園での怪異「肝試し」、戦時中の悲劇を髣髴とさせる「海岸」など8本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
3位

カッコーの巣の上での紹介:1975年のアメリカ映画。ケン・キージーのベストセラー小説の実写化。主演のジャック・ニコルソンは、本作による演技で2012年の「映画史に残る演技ベスト200」の第1位に選ばれた。日本公開は1976年。

ネタバレを読む
4位

ハンガーフォードの紹介:2014年に製作されたイギリス映画で、ドリュー・キャッソンが主演・監督・脚本を務めたSFホラー。ハンガーフォードの町を舞台に、エイリアンの虫に寄生された人々に襲われる生存者たちの姿を描いている。

ネタバレを読む
5位

万引き家族の紹介:古い平屋で祖母の年金を頼りに暮らす一家は、足りない物資を万引きによって補っていた。ある夜父と息子は、近所の団地で凍えている少女を見かけ、家族として迎え入れる。しかしある出来事をきっかけに、家族は崩れていく。
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた衝撃の社会派ドラマ。これまで家族をテーマにしてきた是枝裕和監督が描いた、“家族の絆”とは…。2018年の公開作品で、PG12指定。

ネタバレを読む
6位

ハイパーソムニアの紹介:2016年に製作されたアルゼンチン映画で、ガブリエル・グリエコがメガホンをとったサスペンスホラー。人身売買をテーマにした舞台の役をもらった女優の卵が、恐ろしい体験をしていく姿を描いている。

ネタバレを読む
7位

ゲット・アウトの紹介:2017年10月27日公開のアメリカ映画。『インシディアス』などのジェイソン・ブラムが製作を担当し、お笑いコンビ“キー&ピール”として活躍するジョーダン・ピールが監督を務めるという、異色コンビによるホラー。白人の彼女の実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が体験する恐怖を描く。

ネタバレを読む
8位

生きのびるためにの紹介:2018年6月1日に配信されたアニメ映画で、デボラ・エリスの児童文学を原作としている。ノラ・トゥーミーが監督を務め、アニメーションスタジオのカートゥーン・サルーンが手がけた作品で、タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、父親が刑務所に連行され、家族を救うために男の子のフリをして生きる少女の姿を描いている。

ネタバレを読む
10位

君の名前で僕を呼んでの紹介:17歳の少年と24歳の青年の儚くも生涯忘れられぬ恋を、イタリアの美しい景色と情感豊かなピアノの旋律とともに綴った珠玉のラブストーリー。
2017年のイタリア・フランス・ブラジル・アメリカの合作。米のアンドレ・アシマンの同名小説を、長編5作目となる伊のルカ・グァダニーノ監督が映像化。90以上の映画賞に輝き、脚色を担当した巨匠ジェームズ・アイヴォリーは米アカデミー賞脚色賞を受賞した。

ネタバレを読む
11位

犯る男の紹介:2015年製作の日本映画。夫からのDVに耐える人妻と、強姦強盗を繰り返す男とが惹かれ合っていく姿を描いている。多数のVシネマやピンク映画を監督した、鬼才・山内大輔がメガホンをとった作品で、セクシーアイドルの朝倉ことみと涼川絢音が共演したサスペンス。

ネタバレを読む
12位

美しい絵の崩壊の紹介:大親友の女性同士が、互いの息子と恋に落ちる。愛情の裏に生まれる苦悩や戸惑いを描いた濃密なラブストーリー。
2013年のオーストラリア・フランスの合作で、イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説『グランド・マザーズ』を大幅に脚色した。監督は『ココ・アヴァンシャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』のアンヌ・フォンテーヌ。R15+指定作品で、原題は『TWO MOTHERS』。

ネタバレを読む
13位

ボクの妻と結婚してください。の紹介:2016年11月5日公開の日本映画。織田裕二が愛する家族の未来のために、再婚相手を探す男を演じるラブストーリー。世の中のいろんな事を好奇心で“楽しい”に変えてきた放送作家が、人生の最後に妻のために最高の結婚相手を探そうとする姿が描かれる。

ネタバレを読む
14位

疑惑の紹介:夫の保険金殺人の嫌疑をかけられた女は札付きの悪女で、世間やマスコミから有罪間違いなしと思われていた。裁判でその女を弁護することになった女性弁護士は悪戦苦闘を強いられながらも真実を探る。原作:松本清張「疑惑」。1982年公開。監督:野村芳太郎、脚色:松本清張、音楽:芥川也寸志、毛利蔵人。脂の乗り切った桃井かおりの“あばずれ女”の演技が高い評価を得た。第6回日本アカデミー賞の優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演女優賞、優秀助演男優賞、優秀音楽賞、撮影賞、照明賞、録音賞を受賞。

ネタバレを読む
15位

変態村の紹介:2004年製作のベルギー&フランス&ルクセンブルグ合作映画。不気味な住民がひしめく村を訪れた歌手に襲いかかる、不条理な恐怖を詩的かつ鮮烈なタッチでつづる。カンヌ映画祭を筆頭に、各国の映画祭を震撼させた衝撃作。原題「Calvaire」を直訳すると『ゴルゴタの丘』になるが、邦題の『変態村』あるいは「変人の村」という方がしっくりくる。

ネタバレを読む
16位

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ネタバレを読む
17位

恋空の紹介:女子中高生を中心にヒットしたケータイ小説が原作。主人公で女子高生の田原美嘉は、ちょっとしたきっかけから同級生の桜井弘樹と付き合う事になる。見た目や行動は派手だがやさしい弘樹と、楽しい高校生活を送る美嘉。しかし、元カノからの嫌がらせ、妊娠、流産など様々な出来事が美嘉と弘樹を襲う。痛いほど切ないのにどこか温かいラブストーリー。

ネタバレを読む
18位

1408号室の紹介:2007年製作のアメリカ映画。スティーヴン・キングの短編ホラー小説『一四〇八号室』を映画化。とあるホテルの呪われた客室に泊まった作家の悪夢のような運命を、予測不可能な仕掛け満載の演出がこれでもかとばかりに連発される。

ネタバレを読む
19位

子宮に沈めるの紹介:2013年公開の日本映画。実際に大阪で起きた2児放置死事件をもとに作られた、社会派フィクション。都会で暮らす若いシングルマザーが、孤独に苛み逃避に陥ることで始まる子供たちの悲劇を〝部屋〟という閉ざされた空間に描き出す。

ネタバレを読む
22位

渇き。の紹介:2014年公開の日本映画。第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通して、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。

ネタバレを読む
23位

呪怨(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、あまりの恐さに話題を呼び映画化の運びとなった。ハリウッドでも映画化され、日本版の「呪怨」シリーズ続編も次々に制作されている。

ネタバレを読む
24位

エスターの紹介:2009年公開のアメリカ映画。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。3人目の子を流産したケイトは養子のエスターを迎え入れることにしたが…。聡明で物静かな少女が徐々に恐ろしい本性をあらわしていくさまを、子役イザベル・ファーマンが怪演するサイコホラー。

ネタバレを読む
26位

ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:人気女性歌手ビョークを主役に据え、主人公の空想をミュージカル風に表現し高く評価された。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞している。

ネタバレを読む
27位

ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。

ネタバレを読む
28位

【ベニスに死すの紹介】ルキノ・ヴィスコンティの映画。同性愛物の映画ではあるが、決して昨今の激しいからみ等は無く、該当者同士との会話もさほど無い、美しさとは?性別を超えると考えさせられる作品である。タジオ役のビョレン・アンドルセンの美しさにもきちんと目を見張って観て欲しい映画です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。