【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

1位

シークレット・デイ あの日少女たちは赤ん坊を殺したの紹介:2014年製作のアメリカ映画。アンソニー賞&バリー賞受賞の小説『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』の映画化。少女ロニーとアリスは炎天下に放置された赤ん坊を見つけ、保護しようと連れ去った。7年後、頻発する幼児誘拐事件を捜査する刑事ナンシーは、少年院を出た二人に目をつける…。

ネタバレを読む
2位

ジュラシック・ワールド 炎の王国の紹介:2018年にアメリカで製作されたSFアドベンチャー。「ジュラシック・ワールド」の続編となる作品で、監督はJ・A・バヨナ、前作に引き続き、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードが主演を務める。テーマパーク、「ジュラシック・ワールド」の崩壊から三年後、活火山の活動で絶滅の危機にある恐竜たちを救うべく、オーウェンとクレアがイスラ・ヌブラル島へと向かう。

ネタバレを読む
3位

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2018年にアメリカで製作された「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品。人気キャラクター、ハン・ソロを主人公とした作品で、オスカー受賞経験者のロン・ハワード監督がメガホンを取った。「新たなる希望」の10年前の宇宙を舞台に、ハン・ソロと相棒チューバッカの冒険を描いていく。

ネタバレを読む
4位

7WISH セブン・ウィッシュの紹介:7つの願いが叶うオルゴールを手にした女子高生が願いをかけ、その代償に親しい人間が死んでいくという2017年のホラー映画。監督は「アナベル 死霊館の人形」のジョン・R・レオネッティ、主演は「ラモーナのおきて」のジョーイ・キング、「メイズ・ランナー」のキー・ホン・リー。日本では『未体験ゾーンの映画たち2018』で公開された。

ネタバレを読む
5位

ミッション:インポッシブル/ローグネイションの紹介:2018年8月公開のアメリカ映画。『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6弾で、前作の敵テロ組織シンジゲートの残党が敵となる。久しぶりの妻ジュリアが出演し、イーサンとの関係に区切りがつく。

ネタバレを読む
6位

TAU/タウの紹介:2018年6月29日に配信されたアメリカ映画で、マイカ・モンローやエド・スクレインが出演し、ゲイリー・オールドマンが声優を務めたSFスリラー。人工知能を開発する研究者に拉致され、被検体となった女性が、建物から脱出する様を描いている。

ネタバレを読む
7位

オープン・ウォーター2の紹介:2006年製作のドイツ映画。世界的ヒットを記録した、海洋パニック映画『オープン・ウォーター』シリーズの第2弾。船へ戻るためのハシゴを忘れた6人の男女が、サメの徘徊するメキシコ湾沖で決死のサバイバルを繰り広げる!

ネタバレを読む
8位

マンマ・ミーア!の紹介:2008年公開のミュージカル映画。結婚前日の花嫁が、父親探しを通じて母との間の愛情を再確認していく姿を描いている。大ヒットミュージカルを映画化した作品。音楽にABBAのメンバーのベニー・アンダーソンやビョルン・ウルヴァースが参加。主演は「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープ。他にも豪華な出演者で贈る大ヒット映画。

ネタバレを読む
9位

スクリーム3の紹介:「スクリーム」三部作の完結編。これまでの連続殺人事件には黒幕がいたことが明らかになり、シドニーは隠されていた母の過去と真犯人に対決することになる。2000年、米国。監督:ウェス・クレイヴン。キャリー・フィッシャーが「昔レイア姫のカメラテストを受けてもう少しで合格するところだった元女優」の役で出ている。デューイ役のデヴィッド・アークェットとゲイル役のコートニー・コックスは1999年に結婚したが、その後2013年に離婚した。

ネタバレを読む
10位

グッドナイト・マミーの紹介:2014年製作のオーストリア映画。美容整形の手術で別人のように冷たい人格になったママ。彼女は本当にママなのか?!シッチェス・カタロニア国際映画祭グランプリ作品。『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

ネタバレを読む
11位

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ネタバレを読む
12位

マシニストの紹介:冷蔵庫の扉に貼られた身に覚えのない奇妙なメモから、幻覚と現実の狭間に落ちてゆく不眠症の男を「ダークナイト」などバットマン役で知られるクリスチャン・ベイルが30㎏減量して演じ話題となった、2004年公開のスペイン/アメリカ合作のサイコ・サスペンス映画です。監督は「セッション9」のブラッド・アンダーソン、脚本は「テキサス・チェーンソー」のスコット・コーサー。

ネタバレを読む
13位

キャビンの紹介:テレビシリーズ『LOST』や『クローバーフィールド/HAKAISHA』のドリュー・ゴダード監督・脚本、『アベンジャーズ』のジョス・ウィードン脚本・製作により、2012年に製作されたホラー映画。過去のありとあらゆるモンスターホラー映画にオマージュを捧げた斬新なストーリーは、世界中のホラー映画マニアの絶賛を呼んだ。日本では最初に第5回したまちコメディ映画祭in台東で上映され、コメディ映画としても好評を博した後、一般に公開された。

ネタバレを読む
14位

サイレントヒルの紹介:2006年公開のカナダ&フランス合作映画。コナミから発売されたゲーム『サイレントヒル』を原作に製作された。2012年10月(日本では2013年7月)に続編である『サイレントヒル: リベレーション3D』が公開された。

ネタバレを読む
15位

子宮に沈めるの紹介:2013年公開の日本映画。実際に大阪で起きた2児放置死事件をもとに作られた、社会派フィクション。都会で暮らす若いシングルマザーが、孤独に苛み逃避に陥ることで始まる子供たちの悲劇を〝部屋〟という閉ざされた空間に描き出す。

ネタバレを読む
17位

渇き。の紹介:2014年公開の日本映画。第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通して、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。

ネタバレを読む
18位

バタフライ・エフェクトの紹介:2004年公開のアメリカ映画。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。過去を修正する能力を持つ青年が、自分と周囲の忌まわしい思い出の抹消に奔走する姿を描く。

ネタバレを読む
19位

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの紹介:1997年公開のアメリカ映画。公開直後に大人気を博した「ジュラシック・パーク」の続編にあたる。前作同様、スティーブン・スピルバーグが監督を務めた。

ネタバレを読む
20位

ムカデ人間の紹介:2010年公開のオランダ映画。複数の人間の口と肛門をつなげてムカデ人間を作るという、世にもおぞましい手術の全貌をトム・シックス監督が赤裸々に映像化したホラー。全三部作の予定で『ムカデ人間2』『ムカデ人間3』も作られた。

ネタバレを読む
21位

呪怨(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、あまりの恐さに話題を呼び映画化の運びとなった。ハリウッドでも映画化され、日本版の「呪怨」シリーズ続編も次々に制作されている。

ネタバレを読む
22位

羊たちの沈黙の紹介:1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

ネタバレを読む
24位

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの紹介:2011年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第4作目。「ゴースト・プロトコル」とはアメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する取り決めのこと。

ネタバレを読む
25位

M:i:III〔ミッション:インポッシブル3〕の紹介:2006年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第3作目。IMF内部にいる裏切り者をあばき、闇商人デイヴィアンとイーサンが戦う作品である。

ネタバレを読む
26位

M:I-2〔ミッション:インポッシブル2〕の紹介:2000年制作のアメリカ映画。ジョン・ウー監督。映画「ミッション:インポッシブル」の続編にあたる。感染すると30時間で死に至るキメラウィルスを取り戻すミッションに、イーサンが挑む。

ネタバレを読む
27位

ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2017年7月現在、シリーズが5作目まで作られており、2018年に6作目が公開予定の超人気映画シリーズ。

ネタバレを読む
28位

エスターの紹介:2009年公開のアメリカ映画。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。3人目の子を流産したケイトは養子のエスターを迎え入れることにしたが…。聡明で物静かな少女が徐々に恐ろしい本性をあらわしていくさまを、子役イザベル・ファーマンが怪演するサイコホラー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。