【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

映画:誰も知らない
1位

誰も知らないの紹介:2004年に製作された是枝裕和監督によるヒューマンドラマ。実際に起きた事件を原案に、母親の家出により生活が困窮していく子どもたちの姿を描いていく。主人公を演じた柳楽優弥の演技は高く評価され、第57回カンヌ国際映画祭では史上最年少で男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:空飛ぶタイヤ
2位

空飛ぶタイヤの紹介:2018年6月15日公開の日本映画。「半沢直樹」や「下町ロケット」など数々のテレビドラマ化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名小説を初めて映画化した、長瀬智也主演の人間ドラマ。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が、独自の調査を開始し、衝撃の事実を突き止める。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ2015
3位

オキナワノコワイハナシ2015の紹介:2004年スタートの沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ。2012年以降は特番化され夏の風物詩となり、本作はその2015年夏放送分。熾烈なセンター争いをコミカルに描いた江口カン監督の「アイドル」、川に潜む子供の悪霊を描いた川端匠志監督の「水屑(みくず)」、沖縄独特の雨と共に現れる悪霊を描いた後藤聡監督の「カタブイ」の3作品。

ネタバレを読む
映画:MEGザモンスター
4位

MEG ザ・モンスターの紹介:2018年9月7日公開のアメリカ映画。かつて地球上に存在したとされる巨大ザメ、メガロドン(=MEG)の脅威にさらされる人々を描く、ジェイソン・ステイサム主演の海洋パニック・アクション。未知の領域に足を踏み入れたがために、古代の怪物と戦うはめになった男をステイサムが熱演。人間など簡単に飲み込んでしまうほどの巨大なサメに体ひとつで立ち向かっていく。

ネタバレを読む
映画:ラビッド
5位

ラビッドの紹介:「ザ・フライ」「ヒストリー・オブ・バイオレンス」などを手がけたデヴィッド・クローネンバーグ監督が、1977年に監督した作品。ヒロインに、アメリカのお茶の間のアイドルからポルノ女優へ転身したマリリン・チェンバースを迎え、皮膚移植手術により人の血を求める体になってしまった女性の運命と、それが原因となって巻き起こる感染災害を描く。

ネタバレを読む
映画:女王陛下のお気に入り
6位

女王陛下のお気に入りの紹介:2018年本国公開、2019年2月15日日本公開。「ロブスター」「聖なる鹿殺し」で知られるヨルゴス・ランティモス監督作品である。オリヴィア・コールマンを主演に据え、「アメイジング・スパイダーマン」「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ボーン・レガシー」のレイチェル・ワイズらが脇を固める。イギリスのインディペンデント映画賞で10部門を受賞するなど、大変評価が高い作品。

ネタバレを読む
映画:ブレインデッド
7位

ブレインデッドの紹介:「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」でアカデミー賞を総ナメにしたピーター・ジャクソン監督が、監督デビューの頃に製作していた「スプラッタ3部作」の3本目にして、スプラッタ映画史にその名を残す、一大スプラッタ祭り映画。マザコン気味の青年・ライオネルの母親が、動物園で違法輸入した凶暴な猿に噛まれてしまい、ゾンビと化してしまう。そこから巻き起こる、空前絶後、前代未聞の殺戮劇を描く。

ネタバレを読む
映画:パンデミックフライト
8位

パンデミック・フライトの紹介:2015年にイギリスで製作されたパニックサスペンス。致死率100%のウイルスがイギリスに蔓延する世界を舞台に、旅客機に乗って国外に脱出しようとする人々の数時間のドラマを緊張感たっぷりに描いていく。

ネタバレを読む
映画:深夜食堂
10位

深夜食堂の紹介:2015年公開の日本映画。繁華街の路地裏にある小さな食堂を営むマスターと、彼が作る懐かしい味を求めて集う客たちとの交流を描く、安倍夜郎の人気コミックとテレビドラマ版の映画化。寡黙なマスター役を、テレビドラマにひきつづいて小林薫が演じる。

ネタバレを読む
映画:後妻業の女
13位

後妻業の女の紹介:2016年8月27日公開の日本映画。金持ちの男の後妻に入り、全財産を奪う〝後妻業の女〟と彼女に翻弄される人々を描く、大竹しのぶ主演のユーモラスな人間ドラマ。後妻業の女とグルになって人を騙す結婚相談所の所長を豊川悦司、ターゲットになる不動産王を笑福亭鶴瓶が演じるなど、実力派たちの演技が物語をより濃密なものにしている。原作は直木賞作家・黒川博行の『後妻業』。

ネタバレを読む
映画:先生と迷い猫
14位

先生と迷い猫の紹介:2015年製作の日本映画。とある商店街に住みつくも、ある日行方不明になった三毛猫ミーちゃんと街の人々の姿を描いたノンフィクション「迷子のミーちゃん〜地域猫と商店街再生のものがたり」。同作を原案に、イッセー尾形演じる妻を亡くした元校長と地域猫ミイとの交流がつづられるヒューマンドラマ。監督は『神様のカルテ』シリーズなど人物描写に定評のある深川栄洋。

ネタバレを読む
映画:グッドナイトマミー
15位

グッドナイト・マミーの紹介:2014年製作のオーストリア映画。美容整形の手術で別人のように冷たい人格になったママ。彼女は本当にママなのか?!シッチェス・カタロニア国際映画祭グランプリ作品。『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

ネタバレを読む
映画:劇場霊
16位

劇場霊の紹介:2015年11月公開の日本映画。伝説のJホラー『女優霊』から20年ぶりに、主演・島崎遥香(AKB48)のホラー映画として製作された。監督は中田秀夫。舞台で使用する球体関節人形が劇場に持ち込まれたのを機に、次々と惨劇が起きるさまを描く。

ネタバレを読む
映画:ホステル
17位

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ネタバレを読む
映画:人狼ゲーム(クレイジーフォックス)3
18位

人狼ゲーム クレイジーフォックスの紹介:2015年12月5日公開の日本映画。小説やコミック、ゲームなどで人気の“人狼ゲーム”をモチーフにした映画シリーズ第3弾。命を賭けた究極の頭脳ゲームを通じて、若者たちの欲望が剥き出しになってゆく。

ネタバレを読む
映画:恋空
19位

恋空の紹介:女子中高生を中心にヒットしたケータイ小説が原作。主人公で女子高生の田原美嘉は、ちょっとしたきっかけから同級生の桜井弘樹と付き合う事になる。見た目や行動は派手だがやさしい弘樹と、楽しい高校生活を送る美嘉。しかし、元カノからの嫌がらせ、妊娠、流産など様々な出来事が美嘉と弘樹を襲う。痛いほど切ないのにどこか温かいラブストーリー。

ネタバレを読む
映画:ローズマリーの赤ちゃん
20位

ローズマリーの赤ちゃんの紹介:1968年制作のアメリカ映画。いわく付きのアパートに引っ越してきた夫婦が、追いつめられる恐怖を描く。ロマン・ポランスキー監督のハリウッドデビュー作で、この作品をきっかけにオカルトブームが到来した。

ネタバレを読む
映画:私の男(2013年)
22位

私の男(2013年)の紹介:2013年制作の日本映画。桜庭一樹の第138回直木賞受賞作の映画化。第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門の最優秀作品賞に選ばれ、主演の浅野忠信が最優秀男優賞を受賞。ラストはじめ原作と異なる点が見られる。

ネタバレを読む
映画:ナイト ミュージアム(エジプト王の秘密)3
23位

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密の紹介:2014年制作のアメリカ映画。歴史上の偉人の人形や恐竜の骨格標本など、博物館の展示物が動き出しトラブルを起こす、『ナイト ミュージアム』シリーズの三作目で、ロビン・ウィリアムズの遺作にあたる。

ネタバレを読む
映画:渇き。
24位

渇き。の紹介:2014年公開の日本映画。第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通して、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。

ネタバレを読む
映画:ナイトミュージアム1
25位

ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。

ネタバレを読む
映画:ハンニバル
26位

ハンニバルの紹介:2001年公開のアメリカ映画。『羊たちの沈黙』の続編にあたる。監督はリドリー・スコット。出演はアンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーアなど(ジョディ・フォスターはクラリス役を辞退したためジュリアン・ムーアが登板した)。

ネタバレを読む
映画:黄泉がえり
28位

黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。

ネタバレを読む
映画:ミスト
29位

ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。