【12/11更新】映画ネタバレあらすじランキング

最新(12/11更新)の人気映画ネタバレあらすじランキングです。本サイトのアクセスランキングから、人気の映画を紹介しています。人気映画のあらすじ結末を知りたい方におすすめです。

1位

犯る男の紹介:2015年製作の日本映画。夫からのDVに耐える人妻と、強姦強盗を繰り返す男とが惹かれ合っていく姿を描いている。多数のVシネマやピンク映画を監督した、鬼才・山内大輔がメガホンをとった作品で、セクシーアイドルの朝倉ことみと涼川絢音が共演したサスペンス。

ネタバレを読む
2位

ファイブヘッド・ジョーズの紹介:2017年製作のアメリカ映画。「ダブルヘッド」「トリプルヘッド」を陵駕する進化系サメが襲い来るモンスターパニック。観光客で賑わうプエルトリコのパロミノス島で、人間がサメに襲われたという通報が地元警察に入る。現場に残ったカメラには、頭が4つあるサメが写った写真が…。

ネタバレを読む
3位

ヨンガシ 変種増殖の紹介:人間を宿主として、その脳を操り死に至らせるという寄生虫ヨンガシ(ハリガネムシ)の変種が蔓延し、韓国中が大パニックになるという2012年製作の韓国のホラーパニック・ムービー。監督/脚本は「BIG BANG!~撃ちまくれ~」のパク・チョンウ。主演は「私の愛、私のそばに」のキム・ミョンミン。その妻役「かくれんぼ」のムン・ジュンヒは、本作で2012年青龍映画賞助演女優賞を受賞した。

ネタバレを読む
4位

ホーンテッドメモリーズ 戦慄ノ館の紹介:2016年製作のアメリカ映画。ロリー・カルキン主演によるサイコホラー。雑誌編集者のジャックは疎遠になっていた父が交通事故で亡くなったという知らせを受ける。父の車に同乗していた母・テレサを見舞うため帰郷したジャックは、実家に流れる不穏な空気を感じ取り…。

ネタバレを読む
6位

北の桜守の紹介:第二次世界大戦末期から高度経済成長期にかけて苦難を生き抜いた親子の激動の人生の物語。徐々に禁断の記憶が開かれていく…。
2018年3月の公開作で、『北の零年』『北のカナリアたち』に続く、北の三部作最終章となる作品。構想7年にも及ぶ大作を監督したのは『おくりびと』の滝田洋二郎。吉永小百合にとって120本目の出演作品となった。

ネタバレを読む
7位

リメンバー・ミーの紹介:2017年にアメリカで製作された3Dファンタジーアニメ。メキシコを舞台に、一人の少年が死者の国への旅を通じて家族の大切さに気づいていく姿を描く。「トイ・ストーリー3」を手掛けたリー・アンクリッチが原案と監督を務め、第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞と歌曲賞を受賞した。

ネタバレを読む
8位

アナイアレイション -全滅領域-の紹介:2018年公開のアメリカ・イギリス合作映画。不可解な現象が起こるエリアに、調査に向かう者たちの姿を描いている。ジェフ・ヴァンダミアの小説が原作で、アレックス・ガーランドが監督と脚本を務め、ナタリー・ポートマン主演で贈るSFファンタジー。

ネタバレを読む
9位

空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎の紹介:長安に渡った空海は詩人・白楽天と共に、王朝を震撼させていた怪事件の真相を解明することに。やがて2人は絶世の美女・楊貴妃に関する悲しき過去に対峙する…。空前の規模で贈る冒険ミステリー。
2018年公開の日中合作。夢枕獏の伝奇小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』を巨匠チェン・カイコー監督が映像化。RADWIMPSが主題歌を提供したことや、日中の豪華キャストの共演が話題となった。

ネタバレを読む
10位

人狼ゲーム マッドランドの紹介:2017年7月15日公開の日本映画。古くから伝わるゲームをモチーフにしたホラー小説原作の「人狼ゲーム」シリーズ第6弾。高校生たちを殺し合わせる人狼ゲームに参加させられた萌は、人狼側が圧倒的に有利な中、勝利を目指していく…。

ネタバレを読む
11位

アフター・アースの紹介:2013年製作のアメリカ映画で、M・ナイト・シャマラン監督によるSFヒューマンドラマ。物語の原案はウィル・スミスによるもので、息子のジェイデンとともに主演も務めている。31世紀の宇宙を舞台にした物語で、伝説の戦士である父親とその息子が謎の惑星に不時着し、そこから脱出するために奮闘する姿を描いていく。

ネタバレを読む
12位

人狼ゲーム ラヴァーズの紹介:2017年1月28日公開の日本映画。原作小説やコミカライズがシリーズ累計70万部を突破した『人狼ゲーム』実写化第5弾。「L エル」の古畑星夏の映画初主演作。家族を借金から救うため参加した蘭子は、新しく追加された“キューピッド”と“恋人”のルールで混迷するなか完全勝利を目指す。監督・脚本は、「人狼ゲーム クレイジーフォックス」「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の綾部真弥。

ネタバレを読む
13位

ロスト・イン・スペースの紹介:1998年公開。地球の未来を担って、宇宙空間に飛び出した科学者一家の冒険を描いた作品。1960年代に人気を博したテレビシリーズ「宇宙家族ロビンソン」を映画化。監督は「プレデター2」のスティーヴン・ホプキンス。脚本は「ビューティフル・マインド」のアキヴァ・ゴールズマン。制作総指揮には「オーメン」のメイス・ニューフェルドや「ブレイド」のマイケル・デ・ルカが参加。主演は「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハート。

ネタバレを読む
14位

人狼ゲーム プリズン・ブレイクの紹介:2016年公開の日本映画。古くからヨーロッパに伝わり、アプリや小説、コミックと広がりを見せる人気ゲームをモチーフにしたミステリー第4弾。高校生たちを拉致し殺し合わせ、生き残りには1億円を与える人狼ゲーム。心理戦が繰り広げられる中、朱莉はゲームから抜け出す道を模索する。

ネタバレを読む
15位

ザ・コール 緊急通報指令室の紹介:ジョーダンは911通報司令室のベテランオペレーター。ある日、少女レイリーから男が押し入ってきたと通報を受ける。この時にジョーダンはミスを犯してしまい、少女は遺体で発見されてしまう。心を病んでしまったジョーダンはオペレーターではなく教官として働くようになる。研修中に緊急通報がきたジョーダンは意を決して受けることに。911通報司令室の裏側を描いた作品。911はアメリカで全ての緊急通報用電話番号である。

ネタバレを読む
16位

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ネタバレを読む
17位

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの紹介:1984年公開のセルジオ・レオーネ監督のギャング映画です。過去の出来事と現在が交差する構成になっています。禁酒法時代にユダヤ人ゲットーで、ギャングとして育った、ふたりの男の生涯の物語です。

ネタバレを読む
18位

人狼ゲーム クレイジーフォックスの紹介:2015年12月5日公開の日本映画。小説やコミック、ゲームなどで人気の“人狼ゲーム”をモチーフにした映画シリーズ第3弾。命を賭けた究極の頭脳ゲームを通じて、若者たちの欲望が剥き出しになってゆく。

ネタバレを読む
19位

ムカデ人間3の紹介:2015年8月22日公開のアメリカ映画。人間の口と肛門をつなげるというセンセーショナルな発想が話題を呼んだホラーの第3弾。第1弾では3人、第2弾では12人をつなげたが、本作では刑務所を舞台に500人もの囚人が犠牲になる。

ネタバレを読む
20位

人狼ゲームの紹介:2013年公開の日本映画。ヨーロッパで伝統的に伝わり、日本でもテレビやネットで人気に火がついた〝人狼ゲーム〟を映画化。理由もわからずに拉致された10人の高校生たちが、生き残りを賭けたゲームに挑む。

ネタバレを読む
21位

渇き。の紹介:2014年公開の日本映画。第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通して、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。

ネタバレを読む
24位

ムカデ人間の紹介:2010年公開のオランダ映画。複数の人間の口と肛門をつなげてムカデ人間を作るという、世にもおぞましい手術の全貌をトム・シックス監督が赤裸々に映像化したホラー。全三部作の予定で『ムカデ人間2』『ムカデ人間3』も作られた。

ネタバレを読む
25位

銀座の恋の物語の紹介:1962年公開の日本映画。その前年に同名の石原裕次郎と牧村旬子によるデュエット曲が発売され、売り上げが300万枚を超えるミリオンセラーとなった。この曲はいまなおカラオケなどの定番曲として知られている。

ネタバレを読む
26位

エスターの紹介:2009年公開のアメリカ映画。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。3人目の子を流産したケイトは養子のエスターを迎え入れることにしたが…。聡明で物静かな少女が徐々に恐ろしい本性をあらわしていくさまを、子役イザベル・ファーマンが怪演するサイコホラー。

ネタバレを読む
27位

ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:人気女性歌手ビョークを主役に据え、主人公の空想をミュージカル風に表現し高く評価された。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞している。

ネタバレを読む
28位

ミストの紹介:スティーブン・キングの同名小説(和訳タイトル『霧』)が原作の、パニックホラー映画。フランク・ダラボン監督にとって、キングの三作目の映像化作品。うっそうとした霧の中、未知の生物と人間同士の集団心理に追い詰められていく恐怖を描く。原作と異なるラストは世界中で賛否両論を引き起こした。

ネタバレを読む
29位

2010年上映の日本映画。監督は若松 孝二 氏。江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をメインとしたオリジナルの物語。日中戦争に翻弄された夫婦の姿を通し戦争が残した愚かさと悲劇、そしてある意味『性と生』を現した作品。主演の寺島しのぶは、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女 優賞を受賞。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。