映画:いぬやしき(2018年実写)

「いぬやしき(2018年実写)」のネタバレあらすじと結末

いぬやしき(2018年実写)の紹介:2018年4月20日公開の日本映画。テレビアニメ化もされた奥浩哉の人気コミックを木梨憲武主演で実写映画化したSFアクション。ある日、何者かによって人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマンと高校生が、それぞれの思いを胸に対決する。主人公と対峙する高校生・獅子神役で佐藤健が自身初の悪役に挑戦。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。

あらすじ動画

いぬやしき(2018年実写)の主な出演者

犬屋敷壱郎(木梨憲武)、獅子神皓(佐藤健)、安堂直行(本郷奏多)、渡辺しおん(二階堂ふみ)、犬屋敷麻理(三吉彩花)、犬屋敷剛史(福崎那由他)、正木(生瀬勝久)、犬屋敷万理江(濱田マリ)、獅子神優子(斉藤由貴)、萩原刑事(伊勢谷友介)

いぬやしき(2018年実写)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①家族から疎んじられる父・犬屋敷は末期がんを告げられる。ある夜、地球外生命体の事故に巻き込まれて犬屋敷は機械の身体に。居合わせた青年・獅子神も同様に機械の身体になる。犬屋敷は命を救うことに生きがいを感じるが、獅子神は怒りを世間にぶつける。 ②平和な家族を殺戮した獅子神は警察に追われ、無差別殺人を犯すようになった。犬屋敷が獅子神と戦って倒した。でも獅子神は生きている。

【起】- いぬやしき(2018年実写)のあらすじ1

いぬやしき(2018年実写)のシーン1 犬屋敷壱郎は、初老のサラリーマンです。
ローンを組むのが嫌いで、子どもたちが大きくなってから、このたび一戸建てを購入しました。
妻の万理江、息子の剛史、娘の麻理が、タクシーで新居に乗りつけます。
タクシーが止まったのは豪邸の前でしたが、犬屋敷が購入した家は、奥まったところにある小さな家でした。
周囲の豪邸のせいで、昼なのに家のなかは真っ暗です。

犬屋敷は家を買っても、家族から感謝の言葉をかけられず、むしろ文句をつけられるありさまでした。
家族3人は片付けを中断し、お腹がすいたからとロイヤルホスト(ファミリーレストラン)へ出かけていきます。
犬屋敷は残り、スーパーの寿司とワインでひとり乾杯しました。

満員電車に乗って通勤し、上司からは嫌味を言われるのが、犬屋敷の生活です。
帰り道、おやじ狩りを見た犬屋敷は、自己保身のために「見なかったふり」をしようとしました。
その現場を娘の麻理に見つかり、「みっともない」と言われます。

家に、日本犬が迷い込んできました。
首輪には「はな子です。かってあげて下さい」と書かれてあり、犬屋敷ははな子を飼いたいと思います。


妻から渡された健康診断の封筒を開けると、「再検査」の知らせが入っていました。
大和台中央病院で診察を受けた犬屋敷は、がん宣告を受けます。
医者は犬屋敷には「家族を呼べ」と言うだけでしたが、犬屋敷は医者たちが裏で「スキルス性で全身に転移しており、余命3か月だ」と聞いてしまいました。
妻子に電話をしますが、妻は着信を無視し、息子も娘も父からだと分かると出ませんでした。
妻子に必要とされていないことを感じ、犬屋敷は一層孤独を味わいます。


はな子を自室で飼っていた犬屋敷は、捨てて来いと妻に言われました。
仕方なく外でリードをはずしますが、はな子はついてきます。
夜の公園へ行った犬屋敷は帰りがたく、はな子を撫でていました。
公園のベンチに青年がいるのを見つけます。

その次の瞬間、公園にまばゆい光がはじけました。
光は犬屋敷と青年・獅子神皓を直撃します…。

…この事故は、未知の地球外生命体によるものでした。
人類よりもはるかに高い知能、科学技術を持つ生命体は、自分たちの不手際で2人の地球人を殺してしまったことを、隠蔽しようとします。
犬屋敷と獅子神の記憶は残し、身体は最新の技術で作り変えました。
機械の身体には、武器や精密機器が組み込まれています。
このため、末期がんだった犬屋敷は、ほぼ不死身の状態に生まれ変わりました。
しかし、それを犬屋敷も獅子神も、この時点では知りません…。


犬屋敷は、明け方近くまで気絶していました。
犬屋敷が起きた時、獅子神はすでにおらず、はな子が犬屋敷のそばで待っています。
目覚めた犬屋敷は、眼鏡のレンズがなくても視界がクリアであることに違和感を覚えながら、帰宅しました。

【承】- いぬやしき(2018年実写)のあらすじ2

いぬやしき(2018年実写)のシーン2 朝食をとっていた犬屋敷は、みそ汁の味がしないことに気づきました。
水だけは無性にほしく、水をがぶ飲みします。
当初、犬屋敷はこの異変を「末期がんのせいだ」と思いました。
しかし自室に戻ったとき、左手から蒸気が出ているのを見つけ、シャツを脱いでみます。
左手首にあるしこりを触ると、中指の爪が開き、USBが差し込めるようになっているのを見て、犬屋敷は仰天しました。
さらに身体を触っていると、左腕から武器が出てきて、先ほど飲んだみそ汁の具が部屋の壁に飛び散ります。
首筋を触ると頭が前後に開き、腕も開くのを鏡で確認した犬屋敷は、自分が機械の身体になってしまったと気づきました。


獅子神のほうも、自分が機械の身体になったことに、気づいています。
獅子神は幼馴染の同級生で、現在不登校になっている安堂直行のところへ行きました。
ひきこもってテレビゲームをしている直行に、「面白いもん見せてやる」と言って外へ連れ出した獅子神は、指鉄砲で飛んでいた鳥を落とします。
さらに駐車場へ移動した獅子神は、指先ひとつで駐車した車を操作しました。
直行は驚き、ただの手品ではないのかと獅子神に念押しします。
獅子神は「俺さ、もう人間じゃないんだよね。スーパーヒーローだ」と言い、機械でできている背中の部分を見せました。


犬屋敷は、機械の身体になったことを誰にも打ち明けられず、ひとり悩みます。
会社では相変わらず、冷遇されていました。
自分よりも年下の上司にいじめられ、乞われるまま土下座をしていると「あんたさ、人間として恥ずかしくないの?」ということばをぶつけられます。
本当の自分はもう死んでいるのも同然だと思いつつ歩いていた犬屋敷は、瀕死のハトを見つけました。
(このハトは、獅子神が指鉄砲で撃ち落とした鳥だと思われる)
ハトの命が助かるようにと手をかざすと、犬屋敷には、ハトの身体のどの部分が悪いかが分かります。手をかざすことで、治療をすることもできました。
ハトが元気になったのを見て、犬屋敷は嬉しく思います。

直後、恵太の母の声を聞きつけた犬屋敷は、声を頼りに病院へ行きました。
恵太という少年は意識不明で、もう意識が戻ることがないと医者から言われています。
それを知った犬屋敷は病室へ入り込むと、手を頭に当てて治療を開始しました。
恵太の意識が回復します。

病室にいた犬屋敷は不審者扱いされますが、恵太の母が息子の病状の変化に気づき、声をあげました。
医者や看護師の意識がそれたあいだに、犬屋敷は場を立ち去ります。
犬屋敷は、このうえもない満足感を味わいました。
自分がすでに人間でなかろうと、「命を救う」ことに生きがいを覚えます。

【転】- いぬやしき(2018年実写)のあらすじ3

いぬやしき(2018年実写)のシーン3 獅子神は不登校の直行を学校へ連れていくと、いじめっこたちを黙らせます。
帰宅途中、家族のだんらんを見た獅子神は、やりきれない気持ちになりました。
その家へ入り込むと、母・真由美、父・正夫、娘・みさきを指鉄砲で殺害します。
みさきの「助けて」という声を聞きつけた、犬屋敷が現れました。
獅子神は犬屋敷を家族の一員と思い、指鉄砲で倒します。
しかし犬屋敷は死んでいませんでした。

家族を殺害した事件は、「調布市一家殺害事件」と呼ばれ、銃弾が見つからない不可解な事件とみなされます。
テレビニュースを見た直行は、獅子神の仕業だと思ってたしなめますが、獅子神は「俺は神になる」と言い、話を聞こうとしません。
直行は親友・獅子神の変化に失望しました。

獅子神の家は、複雑な家庭でした。
獅子神の両親は、離婚しています。
父親は別の若い女性と再婚し、獅子神には義理の弟妹が2人いました。

獅子神は母親と暮らしていますが、その母はすい臓がんを患い、肺に転移がみられるとのことで、獅子神に「来月から、あっち(父親)の家で暮らしなさい」と言います。
母親を救いたい獅子神の思いが、母からがんを取り除きました。犬屋敷同様に、獅子神も母親の病気を治したのです。
翌日、病院で「がんが消えた」と聞いてほっとしたのもつかの間、「調布市一家殺害事件」の件で、獅子神のところへ警察が任意同行を求めに来ました。
獅子神は景観を殺害し、逃亡します。


獅子神の暴走を止めたい直行は、同じ時期に「命を救う」存在がいることに気づきました。
直行は必死で呼びかけ、犬屋敷を呼び出します。
直行は犬屋敷に、友人の獅子神が機械の身体になっていることを告げ、犬屋敷も、事故の日に公園のベンチに青年がいたことを思い出しました。
犬屋敷の身体のコントロールと特訓を、直行も手伝います。
特訓の最中、犬屋敷はスポーツドリンクが自分の体によくないと気づきました。塩分を含んでいるからです。
(これが伏線)


逃亡した獅子神は、自分に告白してくれた同級生・渡辺しおんの家へ、身を寄せました。
しおんは祖母と2人暮らしで、しおんと認知症ぎみの祖母は、獅子神にやさしく接します。
2人のやさしさに触れ、少し気持ちが上向いた獅子神でしたが、母親がマスコミの取材攻勢に遭遇し、自殺したことを知って立腹します。

世の中すべてにたいして怒りを向けた獅子神は、掲示板の書き込みをみて、全員への殺害予告をしました。
パソコンのスクリーン越し、スマートフォンの画面越しに、閲覧者を殺害していきます。

【結】- いぬやしき(2018年実写)のあらすじ4

いぬやしき(2018年実写)のシーン2 獅子神による皆殺しが始まりました。
ファミリーレストラン、ネットカフェ、駅のホーム、オフィスなどで、次々に「獅子神の指鉄砲」で死者が出て、周囲もパニックに陥ります。


同じ頃、しおんが獅子神の変化に気づきました。
獅子神はしおんに機械の身体を見せますが、しおんは「一緒にいる。離れたくないの」と言います。
獅子神はしおんを抱きしめて上空を飛び、力を見せつけました。
そうやって怖がらせようとしますが、しおんは「死んだ人にも大切な人がいたんだよね」と言い、「どうにもならないから、悲しいの」と嘆きます。

深夜のしおん宅に特殊部隊が突入し、祖母としおんは銃弾の餌食になりました。
2人が死んだと知った獅子神は、「全国民を殺す」と新宿の巨大スクリーンで殺害予告をします。
直後から新宿のスクリーンを使い、獅子神は通行人を次々に殺していきました。
新宿はパニックになります。

さらに獅子神は、ワイドショー番組の司会者・正木(まさき)も狙い、番組の最中に殺しました。
誰も獅子神の手口が読めないため、怯えます。

直行が犬屋敷の手助けを借り、周囲の住民へ「携帯やパソコン、テレビモニターを消してくれ」と訴えました。
「画面を通して撃たれます」ということばには説得力があり、通行人はみんな指示に従います。

それを知った獅子神は、ミサイルを乱射し始めました。
学校の行事で都庁に見学へ行っていた、犬屋敷の娘・麻理が爆発に巻き込まれます。

獅子神と戦った犬屋敷は、獅子神の持つペットボトルをわざと破壊しました。
直後に、見せつけるように犬屋敷は水を取り出します。
動力源として水が必要なので、獅子神は犬屋敷の水を奪うと、上空で飲みました。
ところが犬屋敷は、罠を張っていました。
水ではなく、スポーツドリンクにしていたのです。
スポーツドリンクを口にした獅子神は、上空で動きがにぶり、犬屋敷はその状態の獅子神を攻撃しました。

獅子神を倒した犬屋敷は、娘の麻理に蘇生措置を施し、生き返らせます。
ところがそこへ獅子神が現れると、麻理を都庁から落としました。
犬屋敷は獅子神に攻撃して倒し、娘を助けに行きます。

…後日。
警察が獅子神の死を発表しました。
表向き獅子神は死んだことになり、事件は解決します。

ところが直行のところへ、獅子神がやってきました。
直行は以前と同じように友だちとして接し、テレビゲームをしようと誘います。
直行が背を向けたあいだに、獅子神はベランダから去っていました。

(犬屋敷も獅子神も生きている)

みんなの感想

ライターの感想

原作との差異。
原作では犬屋敷と麻理の親子関係が丁寧に描かれるが、こちらは雑。犬のはな子も同様。
巨大隕石が飛来し、地球にぶつかることが原作では発覚、犬屋敷と獅子神が手を組み、隕石を壊すことで世界を救うが、2人とも死亡。
しかし映画では、このくだり(原作本では10巻部分)がまるごとない。撮影時期と連載時期との関係かも。
佐藤健が初の悪役を演じるということだが、…うーん、特にそれを強く感じることもないし。
主役は木梨ではなく、小日向さんに演じてもらいたかった(笑)。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「いぬやしき(2018年実写)」の商品はこちら