映画:すべての終わり

「すべての終わり」のネタバレあらすじと結末

すべての終わりの紹介:2018年7月13日にリリースされたカナダ・アメリカ映画で、テオ・ジェームズやフォレスト・ウィテカーらが出演したSFスリラー。原因不明の異変により、アメリカ全土がパニックに陥る中、もうじき義父となる元海兵隊の男と共に、婚約者を助けに向かう弁護士の姿を描いている。

あらすじ動画

すべての終わりの主な出演者

ウィル(テオ・ジェームズ)、トム(フォレスト・ウィテカー)、サム(カット・グラハム)、メグ(ケリー・ビシェ)、ジェレマイア(マーク・オブライエン)

すべての終わりのネタバレあらすじ

【起】- すべての終わりのあらすじ1

弁護士のウィルはシアトルの病院に行って、もうじき生まれる我が子を婚約者のサムと見ます。そしてシカゴにいる彼女の父のトムに会いに行きます。
飲み始めた元海兵隊のトムは、ウィルが以前無職だったことや、娘を自分から遠ざけたくて家を買ったことなどを話し始め、気に食わない様子でした。
翌朝、寝過ごしたウィルはサムの電話で起きます。何かがゴロゴロと鳴った後、突然停電が起こって、サムは何かが変だと言います。そして電話が切れてしまいます。
空港に向かったウィルでしたが、飛行機はキャンセルが相次いでいました。大地震が起こって被害が分からないと、ニュースでは流れています。そしてそれを放映していたテレビも映らなくなります。
空港が閉鎖されたことで、ウィルはトムの家に戻ります。トムは妻のポーラを息子に任せて、1人でいるサムを助けに向かいます。ウィルもついていくことにします。
空は戦闘機が飛んでおり、道路は渋滞していました。携帯は使えない状態です。
高速道路が通行止めされていましたが、トムは自分が元海兵隊であること、娘を助けに行くことを話し、軍曹に通してもらえます。

【承】- すべての終わりのあらすじ2

ウィルとトムは凶悪犯罪者区域に到着し、パトカーに乗った犯罪者に追われます。鹿を避けようとして、車が木に激突してしまい、トムはあばらが折れてしまいます。犯罪者を倒すことができますが、車を直すため、パトカーで車を引くことにします。
先住民区域にやってきて、ウィルとトムは車の修理をリッキーに頼みます。ラジオでは原爆の投下なのか、第3次世界大戦なのか、何が起きているのか誰も分からない様子でした。そもそも2千の宇宙衛星が破壊されたことから、政府の仕業なのではないかと訴える人がいました。また、ひたすら助けを求める人もいました。
カリフォルニアへの脱出を考えているリッキーに、トムは方向が同じであることから、一緒に行かないかと誘います。途中故障したら直してくれとも頼みます。リッキーは2000ドルで引き受けることにします。
車で向かっていく途中、磁石がおかしくなります。さらに見たこともない雲が空にはあり、雷と激しい雨が襲ってきます。
ウィルたちは友人のアダムの家に寄った後、携帯の電波がつながります。2日前の妻からのメッセージを聞くことができるトムでした。
台風が去った後から、この地域では気温が上昇していました。土地が燃える中、車が動かなくて身動きできない女性がいました。助けようとするウィルたちですが、それは罠で待ち構えていた男たちにガソリンを奪われてしまいます。
トムはあばらが痛くて銃を使うことができませんでした。血も吐いています。

【転】- すべての終わりのあらすじ3

奴らを追いかけたウィルたちは、カーチェイスの末に横転させることができます。ガソリンを取り戻そうとしますが、漏れていたガソリンに火が引火して、奴らの車は爆発します。
シアトルまで後1600キロもありました。こんなことなら来るべきではなかったと、リッキーは嘆きます。眠り込んだウィルとトムは、リッキーがいなくなっていることに気づきます。
トムは体調が悪化していく中、サムを守ると約束してくれとウィルに頼みます。
ウィルとトムを乗せた車は橋へと進んでいきます。銃を持った男たちに封鎖されており、ウィルはドライビングテクニックでかき回し、突破しようとします。トムは銃で援護しますが、橋を通過できた時に息を引き取ります。
そしてしばらく走った後、ガス欠で車が停まります。ウィルは車にガソリンをまいて火をつけて破棄します。
出発して5日目、ウィルはひたすら歩き続けていました。ヒッチハイクに成功して、ウィルはある家族に車に乗せてもらえます。
父の家に寄ったウィルは、食料3週間分や車とガソリンを彼らにあげることにします。また、父がいないこともあり、寝室を使わせてあげます。代わりにウィルは、彼らのジープをもらいます。

【結】- すべての終わりのあらすじ4

6日目、シアトルまで454キロの地点にやってきます。さらにウィルはジープを走らせます。
灰のような粉が降り注いでおり、外に出たウィルは咳が止まりませんでした。近くの救急車からマスクを手に入れて装着します。停まっている車の中では、人が目も口も開いたまま死んでいました。
シアトルの街は崩壊しており、瓦礫が散乱していました。
サムのいる家に到着して、ウィルは彼女が壁に書いたメモを見つけます。生きていると確信し、車を走らせて、書かれていたストーン・マウンテン・ベアリングに行きます。そしてサムと再会することができます。彼女はエンジニアの隣人・ジェレマイアと一緒にいました。
夜になるとオーロラが出てきます。ジェレマイアは波が押し寄せてきたことから、今回のことが地震ではなく仕組まれていたことだと話します。原爆が海に投下されたとも言います。ウィルはその戯言を信じることができませんでした。
また、翌朝になるとジェレマイアは、ウィルの車を調べていました。怪しんだウィルは、彼からサムがここに残ると言われます。
ジェレマイアはウィルが死んでいたと思っていました。そしてウィルを撃とうとしますが、逆に撃たれてしまうのでした。
地響きと共に巨大な砂煙が押し寄せてきて、ウィルはサムを呼びに行き、ジェレマイアが殺そうとしてきたことを話します。そしてサムに必ず守ると約束して、ウィルは一緒に車に乗り、押し寄せてくる巨大な砂煙から逃げ出すのでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、メインキャラクターであるウィルとトムの、弁護士と元海兵隊コンビっぷりが良いです。真面目なウィルと、冷静かつ熱血漢のあるトムとのギャップが、火と水のようで面白いです。それに2人を演じるテオ・ジェームズと、フォレスト・ウィテカーの演技が素晴らしく、その危機迫る様子に惹き込まれてしまいます。
劇中では主に車を走らせている場面が多く、ロードムービーのような印象も持ち合わせています。それだけでなく、カーチェイスがあったり、暴徒と化した者との戦いもあり、アクション映画にも見えてきます。ウィルがドライビングテクニックを披露する場面は、ハラハラドキドキものです。
アメリカが破滅している中で、酷い人間の姿ばかりが映し出される映画になりますが、ヒッチハイクで出会った家族と助け合うウィルの姿もあり、良い人もいるのだと伝えてくれます。
最後が続編を匂わす終わり方で、ウィルとサムの行方が気になります。また、アメリカに何が起こったのかも気になります。ぜひシリーズ化して欲しい映画です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください