映画:ぼくが処刑される未来

「ぼくが処刑される未来」のネタバレあらすじと結末

ぼくが処刑される未来の紹介:2012年に公開された映画です。「スーパー戦隊シリーズ」や「仮面ライダー」俳優のステップアップのための企画「TOEI HERO NEXT」の第2弾に当たる作品となります。「仮面ライダーフォーゼ」で仮面ライダーを演じた福士蒼汰氏と吉沢亮氏がメインキャストを務めています。本作は裁判員制度開始直前に思いついたアイデアが原案となっており、死刑制度が廃止された代わりに犯罪者の過去を処刑する近未来を舞台としています。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ぼくが処刑される未来の主な出演者

浅尾幸雄(福士蒼汰)、生方紗和子(関めぐみ)、未来の浅尾幸雄(大浦龍宇一)、ライズマン/砂田悠(吉沢亮)、氏家長官(寺田農)、キングアーサー/浅尾幸雄(小西博之)、高見沢内務調査官(神保悟志)

ぼくが処刑される未来のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ぼくが処刑される未来のあらすじ1

ぼくが処刑される未来のシーン1 気が弱く臆病者の幸雄は日々をただ何となく過ごしていました。今日もまた何事もなく、過ぎていくと思っていたとき、突然頭上からの光が幸雄を包み込みます。

と、次の瞬間、警察署の取り調べ室にいたのです。混乱する幸雄に対し、君は殺人で逮捕されたと告げる刑事。しかし幸雄には殺人を犯した覚えなどありません。

そこへ女性弁護士がやってきます。名は生方と言い、幸雄は彼女の口から驚くべき事実を知らされるのでした。

まずここは幸雄のいた世界の25年後であること、この世界では量子コンピューター「アマテラス」によってすべての人間の情報が管理されていること、「アマテラス」は裁判をも管理し、冤罪のない正しい判決を下すこと、これによって現在犯罪は著しく減少していることなどが生方から告げられるのでした。
それを聞き、驚く幸雄でしたが、さらに非情な事実が告げられます。それは死刑制度が廃止されたことによって、被害者感情の救済及び犯罪抑止の観点から新たな法律が制定されたというものでした。
その法律は「未来犯罪者消去法」と言い、犯罪を犯す前の犯罪者を過去から連れて来て、公開処刑を行うというものです。この世界で犯罪を犯した者は死刑制度の廃止により、命で償うことはありません。代わりに過去から連れてきた犯罪者を処刑するのです。
つまり幸雄もいずれ殺人を犯すということです。

【承】- ぼくが処刑される未来のあらすじ2

ぼくが処刑される未来のシーン2 こうして幸雄の裁判が始まりました。その罪状は、すでに離婚が成立した元妻への悪質なストーカー行為です。結果、元妻とその夫、9カ月になる赤ちゃん、元妻の両親の計5人を殺害した罪に問われています。

遺族へ謝罪の言葉を述べよと生方弁護士から言われるも身に覚えのない幸雄には何が何だか分かりません。結局そのまま有罪判決を受け、裁判は終了します。

裁判を終えた生方弁護士は、幸雄の様子を見て、彼が本当にこれから人を殺すのかと疑問を覚えます。浮かない表情を浮かべる生方弁護士は内務調査官から「アマテラスの判決に疑問があるのか?」と問われ、「アマテラスの判決は絶対です」と答えます。

公開処刑まで後2日。
この日、幸雄は生方弁護士と共に未来の自分と面会することになりました。しかしやってきたのは同姓同名の全くの別人、凶悪な顔の浅尾幸雄でした。通称キングアーサーと呼ばれるその男と幸雄は幼い頃の知り合いで、いじめっ子といじめられっ子の関係だったのです。

すぐに未来の自分ではなく、自分をイジメていたキングアーサーだと気付いた幸雄は生方弁護士に訴えます。半信半疑ながらも生方弁護士は幸雄とキングアーサーの正門をチェックします。すると声紋不一致の結果が出たのです。これによって幸雄は冤罪だと気付いた生方弁護士は即座に長官に連絡しますが、「アマテラスの判決に間違いがあるはずはない」と取り合ってくれませんでした。

【転】- ぼくが処刑される未来のあらすじ3

ぼくが処刑される未来のシーン3 一方牢獄内の幸雄は謎の人物による手引きを受け、牢獄から脱出を図ります。どうにか外へ出た幸雄でしたが、25年後の未来では頼る相手もいません。そこでこの時代の自分を探そうと決めます。

公開処刑まで後1日。
まず幸雄はこの時代の母に電話をかけ、未来の幸雄の仕事先を聞き出します。しかしそこへ向かうもすでに未来の幸雄は仕事を辞めていました。ただ元同僚が未来の幸雄を公園で見かけたと言っていたため、そこへ向かうことにしました。

その道中で生方弁護士と幸雄を手引きしてくれた謎の人物ライズマンがやってきます。ちなみに生方弁護士を呼び出したのはライズマンでした。

こうして幸雄と生方弁護士は共に公園に向かい、ホームレスとして暮らしていた未来の幸雄を見つけます。未来の幸雄に対し、冤罪を証明するため、一緒に警察に行って欲しいと頼む幸雄、しかし断られてしまいます。
というのも未来の幸雄はキングアーサーが凶器を万引きしているところを見逃し、そのせいで殺人事件が起きたことを後ろめたく思っていたからです。

また生方弁護士も自分の過去を告白し始めます。
生方は4年前、ある通り魔事件の容疑者の弁護を担当しました。そこで無罪を勝ち取りましたが、結局はその容疑者が真犯人で新たな殺人事件を起こしてしまったのです。このときの被害者の弟こそがライズマンでした。
さらに生方が幼い頃に父は冤罪で死刑となっていました。この2つの出来事がきっかけで「アマテラス」が裁判に導入され、死刑制度も廃止となったのです。

【結】- ぼくが処刑される未来のあらすじ4

ぼくが処刑される未来のシーン2 とそこへライズマンから「明日処刑執行時間にテレビ局に行け」との電話が幸雄の元にかかってきます。テレビ中継を通じて、公開処刑廃止を訴えるためでした。

処刑当日。幸雄は未来の自分と生方弁護士と共にテレビ局に行きました。
しかしそこには長官と刑事たちが待ち受けていたのです。すでに捕らえられていたライズマンも連れて来られ、長官にアマテラスの欠点を訴えました。

捕えられた幸雄は処刑場で磔にされます。その様子は全国に中継されています。「僕は死にたくない」と必死で訴えかける幸雄、そこへ未来の幸雄と生方弁護士が駆け付けました。

そしていよいよ処刑時刻が迫ったそのとき、ライズマンがアマテラスをハッキングしたことによって処刑は中止されたのです。さらにライズマンは長官がアマテラスの欠点を認めた映像を流し、全国民に真実が明るみになりました。
アマテラスの欠点を知りながら隠ぺいしていた長官は罪が暴かれ、逮捕されます。

しかし処刑場にいたキングアーサーが2人の幸雄に襲い掛かってきました。しばらく揉み合いが続くもどうにかキングアーサーを気絶させ、すべての事実がこれで明るみになりました。

こうして身の潔白を証明した幸雄は、アマテラスの力によって元の時代に戻ることができました。

さて元の時代に戻った幸雄の元に裁判員に選ばれたとの書類が届きます。それは生方の父の冤罪事件でした。
裁判所に赴いた幸雄は幼き頃の生方を見て、必ず父の無実を証明すると決意したのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

死刑制度が廃止された世界で過去から連れてきた犯罪者を処刑するというとんでも設定でしたが、テンポの良い展開だったのでまずまず楽しめました。豪華な俳優陣が脇を固めているのも良かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ぼくが処刑される未来」の商品はこちら