「アイ・アム・レジェンド」のネタバレあらすじと結末の感想

アイ・アム・レジェンドの紹介:2007年制作のアメリカ映画。リチャード・マシスンの同名小説の3度目の映画化。廃墟と化したNYでウィル・スミスが扮する科学者が孤独に奮闘する姿を描いた作品。

予告動画

アイ・アム・レジェンドの主な出演者

ロバート・ネビル(ウィル・スミス)、アナ(アリシー・ブラガ)、アルファ・メイル(ダッシュ・ミホク)、イーサン(チャーリー・ターハン)、ゾーイ・ネビル(サリー・リチャードソン)、マーリー・ネビル(ウィロウ・スミス)、サマンサ〔サム〕(アビー&コナ)、マイク(ダレル・フォスター)

アイ・アム・レジェンドのネタバレあらすじ

【起】- アイ・アム・レジェンドのあらすじ1

2012年、廃墟と化したNYで1人生き残った科学者・ネビルは、愛犬・サムと暮らしていました。
…2009年、がん治療薬として開発された薬がウィルスとなり、投薬された人の大半は死に、生き残った5%の人間はダーク・シーカーと呼ばれる凶暴な生物になりました。ダーク・シーカーは全身を毛に覆われ、人間より遥かに身体能力の高い生物で、唯一の弱点は太陽の光(紫外線)です。
ウィルスは空気感染し、瞬く間に全世界に拡大しました。3年後である現在、NYにはネビルしか生存者はいません。ネビルの妻子も犠牲となりました。
ネビルは自宅を要塞化し、地下研究室で抗体ワクチンの研究をしながら、生存者へラジオで呼びかけます。

【承】- アイ・アム・レジェンドのあらすじ2

しかしラジオへの応答はなく、ネビルは孤独な生活を強いられました。
ネビルの研究は進んでいます。人間をダーク・シーカーに変化させたクルビン・ウィルス(K.V.)をマウスに投与し、ダーク・シーカー化したマウスを元の状態に戻す臨床実験に成功したネビルは、実用化しようと、ある日ダーク・シーカーの群れの1人の女性をさらいました。
それがもとで、ネビルはダーク・シーカーの群れに狙われることになります。
ある日ダーク・シーカーに襲われたネビルを助けた生存者がいました。アナという女性です。感染を免れたアナは息子・イーサンと共に、生存者のいる北部の村へ避難する途中にネビルのラジオを聞き、NYへ立ち寄ったのです。

【転】- アイ・アム・レジェンドのあらすじ3

アナはバーモント州にある村へ行こうとネビルを誘いますが、抗体ワクチン研究の完成が間近のネビルは断りました。
アナとイーサンは翌日に出発することにし、ネビルの家に泊まります。
しかしアナの不注意によって、ネビルの住居がダーク・シーカーたちに突き止められていました。その夜、ネビルはダーク・シーカーたちの一斉襲撃を受けます。
ネビルは必死で応戦しますが、多勢に無勢で、その圧倒的な数の差に押されました。ネビルはアナ、イーサンと共に地下研究室に立てこもります。
その時ネビルは、自分の作った試験薬を投与したダーク・シーカーの女性が、人間の姿に戻りつつあるのを見ました。抗体ワクチンは完成です。

【結】- アイ・アム・レジェンドのあらすじ4

しかしネビルをもう1つの衝撃的な事実が襲いました。敵対するダーク・シーカーのボスがガラスに蝶の絵を描いたのです。蝶の絵は、ネビルがさらった女性ダーク・シーカーのタトゥー(刺青)を意味し、ネビルはボスの恋人をさらったのです。
つまり今までネビルが漠然と「悪者」と思っていたダーク・シーカーたちにも知性はあり、そのダーク・シーカー側からすると、突然やってきてボスの恋人をさらったネビルこそが「悪者」に他ならないということを、ネビルは悟りました。
ネビルは抗体ワクチンをアナとイーサンに託し、自分の命と引き換えにして2人を逃がします。ネビルは死にますが、その名前は伝説(レジェンド)になりました。

みんなの感想

ライターの感想

恐ろしい感染者「ダーク・シーカー」を捕獲しては、自分から摂った血と感染者の血から血清を作り、感染者を元の人間に戻そうと努力し続けるネビルがスゴイです。自分だけが感染しない特殊な人間だった為、誰も居なくなったNYで一人孤独に戦う姿が印象的です。また死んだ娘が託してくれた愛犬が、ネビルを感染者たちから助けてくれるシーンはたまらないです。
自分のせいで感染した犬に噛まれた愛犬は、恐ろしい幹線犬となってしまい自らの手で殺さなければいけない所が泣けます。ついに本当の孤独になったネビルの気持ちが切なく痛い程伝わってきます。
  • ラムジさんの感想

    ダーク・シーカーは全身を毛に覆われ、人間より遥かに身体能力の高い生物で・・・ってありますが、逆ではないですか?ツルツルだとおもったけども。

    敵対するダーク・シーカーのボスがガラスに蝶の絵を描いたのです。蝶の絵は、ネビルがさらった女性ダーク・シーカーのタトゥー(刺青)を意味し、ネビルはボスの恋人をさらったのです。・・
    こんあシーンあったかなぁ。記憶ないけどなぁ。

  • rurusieruさんの感想

    主人公のネビルと愛犬と共に感染者のいる町で、日々研究に明け暮れています。孤独に苛まれながらも孤独に戦うネビルを支える愛犬が、ダークシーカーの罠にかかり感染してしまい、変貌してしまった犬の姿を見ずに手にかけるシーンは涙なしでは見れません。
    町にはすでにネビルしかいないため、人が死ぬシーンはあまりありません。だからこそ愛犬の死がぐっと心を打つものになったのだと思います。

  • 匿名さんの感想

    ガラスに蝶の絵を描いたってのはDVDに入ってる別エンディングのカットシーンのことですね。本編には入ってないはずです。ライターの人がDVDで見て勘違いしちゃったんでしょう。

映画の感想を投稿する

映画「アイ・アム・レジェンド」の商品はこちら