「アサシンクリード」のネタバレあらすじと結末の感想

SF映画

アサシン クリードの紹介:2016年公開のアメリカ映画。世界的にヒットしたゲーム「アサシン クリード」を実写映画化した作品。アサシンとして活躍した先祖の記憶を体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描いている。マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが出演したSFアクション。

予告動画

アサシンクリードの主な出演者

カラム・リンチ&アギラール・デ・ネルハ(マイケル・ファスベンダー)、ソフィア・リッキン博士(マリオン・コティヤール)、アラン・リッキン(ジェレミー・アイアンズ)、ジョセフ・リンチ(ブレンダン・グリーソン)、エレン・ケイ(シャーロット・ランプリング)、ムサ(マイケル・ケネス・ウィリアムズ)、マクゴーウェン(ドゥニ・メノーシェ)、マリア(アリアーヌ・ラベド)、サルタン・ムハンマド12世(ハリド・アブダラ)、メアリー・リンチ(エッシー・デイヴィス)、エミール(マティアス・ヴァレラ)、ネイサン(カラム・ターナー)、ベネディクト(カルロス・バルデム)、トマス・デ・トルケマダ(ハビエル・グティエレス)、オヘダ(ホヴィク・ケウチケリアン)、リン(ミシェル・H・リン)

アサシンクリードのネタバレあらすじ

【起】- アサシンクリードのあらすじ1

数世紀に渡って、テンプル騎士団は果実を探してきました。果実は人類初の反抗を導き、自由意志の鍵だと彼らは信じていました。
果実の秘密を解読すれば、思想の自由を操れると考えたのです。彼らに対して、唯一立ち上がったのがアサシン教団でした。
1492年のスペイン、アンダルシアで、教団は異端審問が始まったことを話しています。グラナダはスルタンムハンマドの統治下で、王子が捕まれば町と果実を渡すと、彼らは考えています。
1986年のメキシコ、バハ・カリフォルニアで、少年カラム・リンチは自宅で母・メアリーが死んでるのを見つけます。
近くには刃物を手に装備している父・ジョセフが、アサシンの姿をして怪しげな言葉を言っています。父は奴らが来る、闇に生きろと言って、カラムを逃がします。
それから30年後、アメリカのテキサス州、ハンツビル刑務所にカラムはいました。殺人罪で極刑を刑されることになり、全身を拘束されます。
彼は震えながら、薬が体の中に入っていくのを感じます。目が覚めると、ソフィア博士が横にいました。ソフィア博士は死亡が宣告されて、カラムの存在を知る人はいないと話します。
ここはマドリード、アブスターゴ財団のリハビリ棟でした。財団は、完全な人類を追求する民間団体です。
飛び降り自殺しようとしたカラムをソフィア博士は話をしに行きます。離れた場所から放たれたもので、カラムは気絶させられます。
ソフィア博士はアムニスを起動させて、カラムを1492年のアンダルシアへ退行させます。アギラールをターゲットにします。
そこではテンプル騎士団が王子を見つけていました。彼を守るため、アサシン教団はこの地へとやってきます。

【承】- アサシンクリードのあらすじ2

アギラールは早速、指揮官を刺殺して、教団のメンバーは騎士たちを殺していきます。王子を奪還して、教団のマリアは馬車を走らせます。騎士団が追撃しに行き、アギラールは追います。
これらの記憶は全てカラムが体現します。ソフィア博士から記憶から出ないようにと注意されます。
馬車に追いついたアギラールは、王子を追う騎士団を始末していきます。しかし、走り続ける馬車の前方には崖が広がります。
アギラールはワイヤーを駆使して王子を助けます。カラムはその衝撃で倒れた状態です。ソフィア博士はよくやったと褒めます。
2016年、人類は暴力のはけ口を見いだせないでいました。反社会的行為による損失は多大で、何か別のことに向けられればとニュースで流れています。
カラムはアサシン教団の唯一の血縁でした。ソフィアの父・アランは閣下にそのことや、果実を追っていることを報告します。閣下は予算を切ることを考えていました。
カラムは幻覚が起こっていて、ソフィア博士は流入現象だと説明します。アニムスは遺伝子記憶で、先祖の人生を再体験できるものだとも説明します。
アギラールは、トルケマダと騎士団のオヘダによって、火あぶりにされたと伝えられていました。暴力性を持つ殺人犯たちはアサシンを先祖に持っていたと、ソフィア博士は説明します。
カラムは母を殺した父を殺したいとソフィア博士に訴えます。ソフィア博士は最後の果実の所有者がアギラールで知りたいのです。カラムはソフィア博士たちに協力すれば、より良い生活を与えてくれることが分かります。

【転】- アサシンクリードのあらすじ3

リハビリ棟で、カラムはムサという男と話します。本当はパティストで、200年前に死んだブードゥー教の毒殺者と言われています。
カラムのことをリハビリ棟の人々は見てきます。彼らは果実の最後の守護者で、カラムの選択により、全員あの世に行くかもしれないのです。
カラムはアギラールが目の前にいるように感じ始めます。彼と戦闘をしていると、再びアニムスへと連れて行かれます。アランがソフィア博士に急がせているのです。
再びアンダルシアへと退行すると、マリアとアギラールはテンプル騎士団に捕まっていました。もちろん王子もです。
二人の処刑が始まろうとしていました。火あぶりにされそうになると、アギラールは足鎖を釘にさして逃げ出します。マリアを救い出し、殺しに来る処刑者たちを倒します。
油の入った樽を転がし、火がつきます。そのどさくさに紛れて二人は逃げていきます。槍などの武器を奪い、得意の暗殺技で敵を倒して行きます。屋根という屋根をジャンプして伝っていきます。
カラムはアギラールと見事にシンクロし、ソフィア博士は驚きます。アギラールは弓を奪い、壁で反射させて騎士を倒します。身軽にジャンプしていくので、騎士団は追い詰めることができません。
アギラールは弓矢を放たれて、既の所で避けます。そして高所からジャンプして、カラムは現代へと戻ります。しかし口から泡を吹いていて、痙攣が収まりません。ソフィア博士はアランを睨みます。
気がついたカラムでしたが、足が麻痺して感覚がありませんでした。次は死ぬのかとソフィア博士に聞くと、自由意志で退行すれば大丈夫と言われます。
カラムは自分には無理だと言うと、ソフィア博士はあなただけが果実を探せると励まし、メアリーが持っていたネックレスを渡してきます。これはアランが回収していました。
カラムはアニムスで退行を重ねるうちに、着々と力をつけていました。アランはここにジョセフがいたと説明し、廃人となった人たちを見せます。自由意志で退行しないとこうなるのです。
リハビリ棟で、カラムは母を殺したジョセフと出会います。アムニスで記憶を奪われないために、つまり果実を奪われないために彼女を殺したのです。ジョセフは連中に踊らされるなと、アムニスを辞めるようにと息子に伝えます。
理由は果実が自由意志の遺伝暗号を秘めているからでした。それによって、我々は滅びるのです。カラムは果実を見つけて、ジョセフと教団が滅びるのを見ると告げます。
ジョセフは、教団はおまえの血の中にあると伝えます。最後にカラムはジョセフの首にネックレスをかけます。
リハビリ棟の面々は、カラムが教団を裏切るかもしれないと考えます。反乱を起こして、カラムを捕まえようとしますが、失敗に終わります。

【結】- アサシンクリードのあらすじ4

カラムは自分の意志で対抗することを決め、再びアンダルシアへと向かいます。アギラールはマリアから、メアリーが持っていたネックレスを受け取ります。
テンプル騎士団と審問長官は、王子と引き換えに果実を受け取ります。アギラールとマリアは屋根から飛ぶように降り、騎士たちを倒していきます。
そしてアギラールは果実を手に入れて、審問長官に刃を向けます。一方、マリアは人質にとられてしまいます。彼女は教団のためにと言い、彼女は首を切られます。
そこから戦闘になり、最後の一人にアギラールがやられそうになると、マリアが最後に一言手助けしてくれます。審問長官は生きていて、応援を呼ぶためにドアを開けます。
大勢に囲まれたアギラールは、審問長官から終わりだと言われます。しかし橋から飛び降り、矢が降り注ぐ中、イーグルダイブを決めます。
ソフィア博士は、アギラールの居場所がバロス・デ・ラ・フロンテーラだと助手から聞きます。アギラールは教団の友に船の中で果実を託します。
その時の言葉を聞いて、ソフィア博士はコロンブスの墓だと気づきます。墓はセビリア聖堂にありました。
カラムの目の前にはアギラールや教団の人たちがいて、これは記憶ではありませんでした。カラムはアサシンとして戦うことを決心します。
リハビリ棟の面々は再び反乱を起こします。アランは脱出の準備を整え、後始末をつけることにします。ソフィアは行かないと反対しますが、連れて行かれます。
カラムはリハビリ棟の彼らと武器をとり、警備員たちと戦います。ジョセフがやられたりと、死ぬ者がいる中で戦い続けていると、アランたちがヘリで逃げていきます。
アランはセルビア聖堂で果実を受け取ります。ロンドンのグランド・テンプル・ホールで、アランはスピーチを行うことにします。
ソフィア博士はスピーチの紙を見て、自由意志を根絶し、有害な教団を根絶させるという内容に意見します。父に騙されたと分かり、自分にも責任があると考えます。
ホールにはカラムらが、フードを被ってやってきていました。武器は小さく隠しているので見つかりませんでした。
カラムとソフィア博士は裏で二人きりになります。カラムは力になるから、ソフィア博士に力になって欲しいと伝えます。
もう無理だと答えるソフィア博士に、カラムは暴力衝動と取り組んで、治療するんだろと思い出させます。そして投げ出すんじゃないと伝えます。
アランが果実を持ってスピーチしていると、カラムが背後から現れて彼の首を切ります。倒れた父を見たソフィア博士は、自分が秘宝を取り戻すと涙を目に浮かべます。
屋根の上にカラムらが登っています。彼らの姿が映し出されて終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、15世紀と現代とを合わせて描いています。15世紀の人々が命を奪い合う姿と、現代の暴力のはけ口を吐き出せない背景とを重ね合わせています。
特徴的だったのは、15世紀でのアサシン教団の戦いぶりです。屋根をジャンプしながら、逃げていく身のこなし、素早い攻撃や壁の反射を利用した攻撃など夢中になります。
また、アサシンたちのフードを被った姿が格好良くて真似したくなります。暗い雰囲気が全体的によく出ていて、世界観を出せていました。
原作のゲームがしたくなり、続編が期待できる終わり方に、見て満足できる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「アサシンクリード」の商品はこちら