「アザーライフ永遠の一瞬」のネタバレあらすじと結末の感想

アザーライフ 〜永遠の一瞬〜の紹介:2017年制作のオーストラリア映画。僅かな時間で、長い時間を疑似体験できる薬を開発した女性の姿を描いている。ベン・C・ルーカスが監督を務め、ジェシカ・デ・グー主演で贈るSFサスペンス。

アザーライフ永遠の一瞬の主な出演者

レン・アマリ(ジェシカ・デ・グー)、サム(T・J・パワー)、ダニー(トーマス・コックレル)、ジャレッド・アマリ(リアム・グラハム)、バイロン(クラレンス・ジョン・ライアン)

アザーライフ永遠の一瞬のネタバレあらすじ

【起】- アザーライフ永遠の一瞬のあらすじ1

レン・アマリは、弟のジャレッドとダイビングに来ていました。楽しく過ごしていましたが、ジャレッドは頭を打って、浅瀬で溺死します。それからジャレッドは延命装置につながれます。
論文を書いていたレンは、アプリ開発者のサムと共同経営で会社を設立させます。そして「アザーライフ」と呼ばれる生体ソフトウェアを開発していきます。
これは薬のような液体に見えますが、ナノマシンなのです。レンは助手のバイロンと共に、アザーライフの実験を重ねていきます。
アザーライフを目に投与することで、僅かな時間で何日分もの疑似体験をすることができます。レンはアルプスでスノーボードを楽しみます。
サムは資金が必要なため、次期大臣にもなる矯正局のマクレーン氏らを会社に呼びます。そこでアザーライフの素晴らしさを説明します。聞いてなかったレンでしたが、会議に乗り込んで説明することにします。
ジャレッドの病室に行ったレンは、ナノマシンの投与を始めます。実は、こっそりと会社の資金を使いながら、彼女は記憶を上書きするナノマシンの研究を重ねていました。
データを取りながら様子を見ていると、ジャレッドの目が動いて喜びます。しかし、看護師からはよくあることだと言われてしまいます。
アザーライフについて、レンの父・ロバートは危険性を示唆していました。ロバートは天才的な頭脳を持っており、彼ならば開発を完成できたはずです。
しかし彼は開発から手を引き、ジャレッドの延命措置を中止することを決めていました。

【承】- アザーライフ永遠の一瞬のあらすじ2

ある日、レンが資金を使っているのがバレてしまいます。サムから別の研究のことを聞かれますが、レンはそれを明かすことはしませんでした。
レンには、同僚でダニーという恋人がいました。ベッドで愛し合った後、ダニーはレンのサンプルを見つけます。
レンはサムの監禁アプリが気になっており、ダニーのことを見ていませんでした。するとダニーは、先程スノーボードの疑似体験で味をしめたことから、このサンプルのナノマシンも使用してしまいます。
レンが気づいた時には、ダニーが発作を起こしていました。痙攣を起こすダニーをレンは助けようとしますが、彼は帰らぬ人となります。
レンは勾留されることになり、マクレーン氏と弁護士がやってきます。裁判するには十分な証拠があり、延期申請書にサインすれば、国は告発しないと言われます。
告発の理由は、薬物詐欺、過誤、無許可の生体実験になります。告発しない条件として、1年間の仮想監禁の被験体になることでした。この1年間は、現実では10分です。
これにはサムも絡んでいました。実はマクレーン氏は、刑務所を疑似体験する仮想監禁を実装したいと考えていました。
これが実装されれば、裁判が行われた後、ものの数分で受刑者が更生して出てくることができるのです。
拒否するレンでしたが、ダニーが死んだことを持ち出され、条件を飲むことにします。
バイロンは良くコードを間違えることがあり、レンはそのことを注意します。そしてナノマシンを目に投与され、レンは監禁を疑似体験することになります。
小さなドアを開けると、食料と水が少し、それから生活に必要な歯磨き等が入っています。レンは筋トレをしたり、考え事をして時間を潰していきます。外部の人との接触は全くありませんでした。
壁には電子掲示板で、日数が記載されていきます。365の数字が消えた後、再び1に戻ります。

【転】- アザーライフ永遠の一瞬のあらすじ3

レンはバイロンがコードを間違えていると考え、これでは戻れないことを悟ります。小さなドアを開けて手を伸ばしていくと、ナイロンで塞がれていました。
そこを破いていき、レンは外に出ることができます。そして監視室に入り込み、ジャケットと車の鍵を手に入れます。看守が追ってきますが、車に乗り込んで逃げ出します。
ここはアザーライフの世界のはずなのに、現実世界と同じでした。会社に行くと、もぬけの殻となっていました。ポスターには、サムが時の神であると書かれています。
レンはキャスに会いに行って、食事を分けてもらいます。キャスは、レンが悠々自適な生活を送っていると聞かされていました。本当は監禁されていたのです。
ダニーのことを話すと、キャスは彼を連れてきます。ダニーは死んでいなかったのです。レンはダニーとハグします。
ジャレッドを助けるためにも、レンは研究データの入った端末を取り戻しに向かいます。キャスが見張りと外部からの連絡を担当し、ダニーが一緒についてきてくれます。向かう先は、巨大になった本社「アザーライフ」です。
IDは生きていたので、かざすとすんなりビルに侵入できます。バイロンのオフィスに押し入ります。
そこで端末を手に入れることが出来ますが、警備に連絡をされてしまいます。IDが無効となり、レンとダニーは別ルートで逃げます。しかしキャスが捕まってしまい、連れ去られてしまいます。
レンとダニーは、端末を動かすために、ロバートの家に行きます。ロバートと再会し、記憶を上書きするナノマシンについて、レンは打ち明けます。
既にこのナノマシンは完成していました。レンはナノマシンを生成し、ジャレッドの元に向かいます。
溺死していない記憶を植え付けることで、ジャレッドを救うのです。投与されたジャレッドは目を開けますが、少しして発作を起こし始めます。苦しむジャレッドを見て、レンは延命装置を外すことにします。

【結】- アザーライフ永遠の一瞬のあらすじ4

泣き続けるレンは、次第に現実世界が見えてきます。彼女は監禁されたと思っていましたが、今も仮想世界の中にいたのです。
画面が真っ白になり、レンは現実世界へと戻ってきます。首には注射器が刺さっていました。とりあえずサムをぶん殴っておきます。
サムは監禁について強引すぎたと謝ります。
レンは会社の経営権をあげるから、特許はよこすようにと頼みます。そして研究は終わりにすると告げます。
ダニーのお葬式が終わり、レンは会社に行きます。社員は会社をたたむ準備をしていました。
しかしサムは、レンに座るようにと奥の部屋に通します。バイロンも近くにいました。
レンが仮想監禁に行っていた時、脳波が正常を示していたのです。もう一度実験すれば、上手く行くかもしれません。そうすれば会社を救うことができます。レンは行きたくないと拒絶します。
サムはそんな彼女を椅子に座らせて、こっそりと薬を持ちます。そして無理矢理、レンの目の中に入れます。
再び仮想監禁の世界に行きかけたレンでしたが、エラーが起こって現実世界に戻ります。サムに反撃を開始し、自分の目の近くに付着した薬を彼の目に押し込みます。
サムは仮想監禁の世界に入り、監禁生活を送ります。発作を起こし始めたサムを見て、バイロンは早く助けるようにと慌てます。
それでもレンは直ぐには注射しませんでした。電子掲示板が365を示した後、再び1日に戻ります。戻れないのかと悟ったサムの口が大きく開きます。
レンはサムの首に注射器を刺します。サムは現実世界に戻ってこれます。
レンは、ジャレッドの延命装置を外すことに同意します。共に病室に行った父は泣き続けます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画では、短時間で楽しめる夢のような疑似体験が映し出されます。僅かな時間でスノーボードを楽しめることができて、羨ましくなります。
仮想世界に入った時に、目に装置をつけることから、VRに興味がある方は世界観に入り込みやすいと思います。
今作を見ていて、気になる展開がありました。それはレンが監禁されたのか、それとも仮想世界のままにいるのか、どちらなのかあやふやになる展開です。結果が分かった時には、なるほどそっちかと納得することができます。
最後まで見終わり、もしも薬が開発されたら、世界はどうなってしまうのかと色々と考えさせられました。科学の発展の恐ろしさと、凄さを感じずにはいられない映画でした。

映画の感想を投稿する