「アップサイドダウン重力の恋人」のネタバレあらすじと結末の感想

アップサイドダウン 重力の恋人の紹介:2012年公開。二重引力が存在する世界で、下の貧民層の世界に住む男性と、上の富裕層の世界に住む女性との恋を描いたSF・ラブ・ファンタジー。上下さかさまの世界を舞台に、ジム・スタージェスとキルスティン・ダンスト共演で贈る作品。

予告動画

アップサイドダウン重力の恋人の主な出演者

アダム・カーク(ジム・スタージェス)、エデン・ムーア(キルスティン・ダンスト)、ボブ・ボルショヴィッツ(ティモシー・スポール)、アルバート(ブル・マンクマ)、ラガヴーリン(ジェームズ・キドニー)、12歳のアダム(エリオット・ラーソン)、10歳のエデン(モラーヌ・アーカンド)

アップサイドダウン重力の恋人のネタバレあらすじ

【起】- アップサイドダウン重力の恋人のあらすじ1

ある特殊な世界が誕生します。それは宇宙で最も謎めいた秘密の一つでもあります。
ここは宇宙で唯一の二重引力が存在する太陽系でした。双子の惑星は、それぞれの重力が反対方向に作用していました。
二重引力には3つの基本法則があります。あらゆる物質は発生した星の重力に引きつけられます。
反対側の星の物質は、その星の重力が及ぶ重りとなります。これが逆物質と呼ばれるものです。逆物質に数時間接触すると、物体が燃えだしてしまいます。
2つの世界の接触は禁じられていて、上の世界は裕福な人々が暮らしていました。下の世界に住む人々は命を落とす危険があっても、上の世界から逆物質を盗んで燃料にして生きていました。
トランスワールド社だけが2つの世界をつなげていました。この会社は上の世界の巨大企業で、下の世界の石油を採取して電力に変えていました。これを不当な値段で下の世界に売っていたのです。
この企業の製油所で起こした爆発によって、街は破壊されました。アダムは両親を失って養護施設で育ちます。
アダムは幸運なことに、週末は大叔母のベッキーの家に行けました。彼女が唯一の親戚で、模型飛行船や空飛ぶパンケーキがあります。
ベッキーはピンク・ミツバチについての古い知識を教えてくれます。両方の世界の蜜を吸うハチでした。
ある日、アダムがミツバチを深追いし、木の上から模型飛行船を投げます。すると上の世界にいる少女・エデンが受け取ります。
時が経っても、アダムとエデンはこの場所から話しをしていました。2人は逆さま同士でしたが、ロープを使って側に寄ってキスをします。
アダムはエデンを肩車してどこまで行けるか試します。楽しんでいると、大きな音が聞こえてきます。
ハンターがやってきて銃撃してきます。アダムはエデンをロープで戻そうとします。しかし、銃で腕を撃たれて、アダムはロープを離してしまいます。
エデンはぶつかって血を吐き、ベッキーの家は燃やされます。ベッキーは連行されていきます。

【承】- アップサイドダウン重力の恋人のあらすじ2

10年後、アダムは研究をしながら、対老化クリームの開発の仕事をしていました。上手く行かずに、これでは何年もかかると困ります。
テレビではトランスワールド社の人員募集が放送されていました。その募集をしていたのはエデンで、アダムは彼女が生きていることに喜びます。
トランスワールド社で働けば、アダムは彼女に会えると考えます。入社して厳重な検査を受け、会社の中に入ります。働く人々はさかさまでした。
アダムは開発していた美容クリーム、対老化クリームが評価されて仮採用されました。下の世界の者に重要な役職は与えられませんが、アダムは例外とされます。
取締役から、逆物質を持ち出したら刑務所行きになることや、上の世界の人に不必要に接触しないようにと注意されます。
エデンはあの時の事故で記憶を失っていました。何が本当の記憶かあやふやな状態で、何かが欠けていると思っています。
アダムは上の世界の同僚のボブから、下の世界の切手が欲しいと頼まれます。アダムはエデンと連絡がとりたいと申し出ると、ボブは快く引き受けてくれます。
ある日、アダムは残って仕事をします。ボブの電話機を使って、社員のポーラにエデンと会う約束を頼みます。
アダムは逆物質を服の下に着込み、さかさまになって上の世界の人へと成りきります。エデンに会いに行くと、ポーラから記憶喪失だと知らされます。
アダムは仕方なく仕事の話しをすることにします。また、自分のことを別の人に例えて話しますが、エデンは何も分からない様子です。
逆物質が服で燃え始めて、アダムは慌てて席を外します。トイレの水で冷やした後、用を足すと小便が上へと向かってしまいます。スプリンクラーが作動して、アダムは急いで下の世界に帰ります。

【転】- アップサイドダウン重力の恋人のあらすじ3

翌日、アダムが出勤するとショータイムが行われます。それはボーナスが支給される前に、不要となる人物を発表するものでした。
その中にボブの名前がありました。ボブは退職手当がありますが、長年勤務したのにゴミのように捨てられます。役立つものがあると、ボブはアダムに箱を渡します。
エデンはこの間何で消えたのと、ボブに電話してきます。アダムはボブのふりをして、トイレの警報が鳴って閉じ込められたと言い訳します。
エデンは埋め合わせとして、カフェ・ドス・ムンドスにランチに行こうと誘います。アダムは了承し、逆物質を服の中に入れて向かいます。
ボブからもらった箱には彼のカードがありました。それを使ってアダムは、会社から出て上の世界を歩きます。
カフェに到着し、アダムは自分のことを覚えてないかと話します。手を握るとエデンは帰ろうとします。謝罪して笑わすと、エデンは席に戻ってくれます。
仕事の話しや昔住んでた家の話しをします。楽しんでいると、逆物質の入ったアダムの靴から煙がでてきます。
急いで会計をし、アダムは靴が燃えながら走ります。そして海に飛び込んで靴を脱ぎ捨て、さかさまになって下の世界の海に飛び込みます。
アダムの対老化クリームの開発が成功して、多くの人の前で発表します。エデンがやってきて、アダムは顔を隠しますが、彼女は気づいて質問をします。
アダムはボブではなく、本名を彼女に打ち明けます。そして逆物質を着込んで、急いでエデンに会いに行きます。
ボブのカードが通らなくなっていて、アダムはゲートを飛び越えてエデンを追いかけます。エデンは自宅で泣きながら、少しずつ思い出します。
警察に追われてるアダムは、ボブの家を訪れます。ボブが逆物質の熱を抑えるジャケットを開発してくれます。
アダムは重力を変えることができると言います。2つの世界の液体を注意深く混ぜて、重力の安定を保つと、球体の液体ができて浮きます。
これは革命的な開発で、アダムは会社に言ってませんでした。また、対老化クリームの原料も言ってません。それはピンク・ミツバチのピンクパウダーで、アダムにしか分かりません。

【結】- アップサイドダウン重力の恋人のあらすじ4

アダムは思い出したエデンに会いに行ってキスをします。警察がやってきて、アダムは建物の上へ上へと逃げます。逆物質をいくつか落とし、ケーブルカーに飛び乗って逃走します。
アダムはエデンと出会った場所で待っています。エデンがやってきて、2人は昔のようにさかさま同士で出会います。お互い抱き合いながらキスをし、反する重力によって宙を浮いています。
ジャケットを着て、アダムとエデンが歩いていると、あの時と同じように追手が来ます。
アダムはジャケットを脱ぎ捨てて、エデンと共に下の世界へと逃げます。銃撃されながらも、宙を浮いている石伝いに逃げていきます。
つないでる鎖を撃たれて、エデンとアダムは落ちかけます。アダムはエデンを救うために手を離すように指示し、下へと落ちていきます。アダムは木がクッションになって助かります。
1人黄昏れてるアダムに、会社の人間が対老化クリームの製造法を教えろと脅してきます。エデンに近づけば起訴するとも言ってきます。
アダムは何でも上の世界のものが勝ち、下の世界のものは負けるのだと諦めます。ただ、決してエデンのことを忘れないと誓います。
その頃、ボブは1人アダムの発明を研究していました。そして成功し、勝利を確信します。
エデンは具合が悪くて落ち込んでいました。アダムがいた会社の0階から届いた花を見て倒れます。そしてボブに助けを求めます。
アダムが下の世界で仕事をしていると、ボブが普通にやってきます。ジャケットを着ずに、アダムが開発した液体を注射したのです。1時間は効果があって、現在も改良中でした。
ボブはアダムに、エデンからのカフェの紙を渡します。また、ボブは切手を売った金で、アダムの父親代わり兼上司のアルバードと共に、対老化クリームの特許を会社よりも先に取得します。
エデンはアダムの双子の子供を妊娠したことで、体質が変わって下の世界に来ることが出来ます。アダムとエデンは喜び、そしてキスをします。
2人の愛は歴史を変えるものとなります。それはまた別の物語です。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ファンタジー溢れる風景が見所で、上下さかさまの世界が特徴的です。幻想的な数々の景色が美しく、空飛ぶパンケーキや浮いている液体が登場します。
また、アダムとエデンがキスしながら浮いてる場面はロマンチックで、うっとりしてしまいます。二人の愛が重力さえも変えてしまうストーリーに、見ている人々の心も愛でいっぱいに変えてくれます。
上の世界と下の世界では、富裕層と貧困層に別れていることから、格差社会を表しているかのように感じます。また、トランスワールド社を描くことで、会社の非情ぶりも表現しています。
最後の終わり方が続編を期待させています。この作品の出来の素晴らしさから、ぜひ見たいと思わせてくれます。

映画の感想を投稿する

映画「アップサイドダウン重力の恋人」の商品はこちら